« MOTコレクション特集展示 生誕100年 サム・フランシス | トップページ | 2023年 第18回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展 »

2024.01.27

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

Img_20240125_0005_20240127084101

豊嶋康子
発生法──天地左右の裏表

会期 2023年12月9日(土)~2024年3月10日(日)

東京都現代美術館


(画像はクリックで拡大表示になります)
20240101320240102_20240125161501
20240101_20240125160901202401012


一度拝見すると印象に残る豊嶋康子作品。
今回の大規模展、興味津々で出かけました。

大量な展示作品に、消化できずにいますが・・・
撮ってきた写真をまとめてみました。(会場内撮影可でした)



豊嶋康子(1967-)は、1990年より30年以上にわたって、私たちを取り巻くさまざまな制度や価値観、約束事に対して「私」の視点から独自の仕方で対峙し続けてきた作家です。物や道具の仕組み、学校教育、経済活動から日常の様々な行為まで、私たちに避けがたく内面化、自動化されてきた思考や行為の枠組みやルールを、自身の感じる違和感や関心を梃(てこ)として独自の仕方で読み替え、捉え返すことで、人の思考の型の形成、社会と自己の成り立ちの在り様を問うてきました。(HPから)

本展は、こうした豊嶋の制作の全貌を、初期作品から新作までおよそ500点を一堂に集め検証する初めての試みです。あまたある世の決まりごとに「私」を交差させる豊嶋の作品は、システムと不可分の存在であり続ける私たちに、多くの示唆を与えてくれます。「天地」や「左右」はどのようにして決まるのでしょうか?あるいは裏と表をひっくり返すことは?(HPから)

|

« MOTコレクション特集展示 生誕100年 サム・フランシス | トップページ | 2023年 第18回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MOTコレクション特集展示 生誕100年 サム・フランシス | トップページ | 2023年 第18回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展 »