« 古伊賀 破格の焼き物  | トップページ | 11月花散歩 2023 »

2023.11.27

特別展「やまと絵-受け継がれる王朝の美-」

20231101_20231120184101

特別展「やまと絵-受け継がれる王朝の美-」

会期 2023年10月11日(水)~12月3日(日)

東京国立博物館 平成館 特別展示室


日本美術の教科書」と呼ぶに相応しい作品の数々!
その通りの展覧会だと思いました。
トーハクの特別展ならではの充実度です。
国宝、重文が並びます。

4期にわたって展示替えがあります。
長尺の絵巻きなどは、順次展示替えが行われますので、一度にすべては観ることはできません。

この絵巻きは、あの展覧会で総覧できた、などと思いだしながら見てきました。

(画像はクリックで拡大表示になります)

Img_20231127_0002Img_20231127_0003
Img_20231127_0005Img_20231127_0004

展覧会の構成は次の通りです。
序章 伝統と革新―やまと絵の変遷―
20231101_20231127150801
国宝 日月四季山水図屏風 室町時代・15世紀 大阪・金剛寺蔵

第1章 やまと絵の成立―平安時代―
第1節 やまと絵の成立と王朝文芸
第2節 王朝貴族の美意識
20231102_20231127151701
国宝 和漢朗詠集 巻下(太田切)部分 平安時代11世紀 東京・静嘉堂文庫美術館蔵
第3節 四大絵巻と院政期の絵巻
20231103_20231127152301
国宝 源氏物語絵巻 夕霧(五島美術館蔵)部分 平安時代・12世紀 東京・五島美術館蔵


2章 やまと絵の新様―鎌倉時代―
第1節 写実と理想のかたち
20231107_20231127164901
国宝 伝源頼朝像 鎌倉時代・13世紀 京都・神護寺像 (11/5までの展示)
第2節 王朝追慕の美術
第3節 鎌倉絵巻の多様な展開
 
3章 やまと絵の成熟―南北朝・室町時代―
第1節 あきらめのかたち
第2節 南北朝・室町時代の文芸と美術
20231106_20231127163701
重文 百鬼夜行絵巻 伝土佐光信筆 室町時代・16世紀 京都・真珠庵像
第3節 和漢の混交と融合
 
4章 宮廷絵所の系譜

終章 やまと絵と四季―受け継がれる王朝の美―
20231104_20231127154301
重文 浜松図屏風(左隻)室町時代・15~16世紀 東京国立博物館蔵
20231105_20231127154401
重文 浜松図屏風(右隻)室町時代・15~16世紀 東京国立博物館蔵


同時期に本館で開催されている、特集展示も重量感のある展示内容です、こちらも是非。
Img_20231127_0001
近世のやまと絵-王朝美の伝統と継承-
本館 7室・8室・特別2室 :2023年9月5日(火) ~ 12月3日(日)
仏画のなかのやまと絵山水
本館 3室 :2023年9月20日(水)~12月3日(日)

トーハクに一日いるつもりでお出かけがおすすめです。


―HPの解説ー
平安時代前期に成立したやまと絵は、以後さまざまな変化を遂げながら連綿と描き継がれてきました。優美、繊細といったイメージで語られることの多いやまと絵ですが、それぞれの時代の最先端のモードを貪欲に取り込み、人びとを驚かせ続けてきた、極めて開明的で野心的な主題でもありました。伝統の継承、そして革新。常に新たな創造を志向する美的な営みこそが、やまと絵の本質と言うことができるでしょう。 本展は千年を超す歳月のなか、王朝美の精華を受け継ぎながらも、常に革新的であり続けてきたやまと絵を、特に平安時代から室町時代の優品を精選し、ご紹介するものです。これら「日本美術の教科書」と呼ぶに相応しい豪華な作品の数々により、やまと絵の壮大、かつ華麗な歴史を総覧し、振り返ります。

|

« 古伊賀 破格の焼き物  | トップページ | 11月花散歩 2023 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古伊賀 破格の焼き物  | トップページ | 11月花散歩 2023 »