« 博物館でお花見を 2019 | トップページ | 大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦 »

2019.04.07

春のひととき 薬師池公園 2019年4月

何かと鬱陶しいい世相の日々、5日の「はやぶさ2、小惑星リュウグウでの人口クレーターの生成成功」には、安堵と、これからのミッションにわくわく。

気分が上向いたところで、次の日桜花が残り新緑の始まった薬師池公園に行ってきました。
偶然、花まつりの稚児行列に出合い、池には新しい生命が誕生していました。
花まつり巡行後方の模型の白象には誕生仏が乗っています。
自然の営みと、受け継がれる風習・風俗に癒されるひとときでした。

カイツブリの家族(両親と子供5羽)を見ていると飽きることがありません。
カイツブリが家族で散歩?するなか親鳥は水中にもぐって、子鳥のためにエサ採り、そして口移しに与えます。子鳥は親鳥を真似て潜水しようとしますが、まだまだのようです。

子鳥の食欲のおう盛なこと・・・・・

子鳥の食欲を満たすべく、巣に戻ってかっらもお母さん、お父さんは、餌を採りに出かけては戻り口移しで餌を与え続けます。
動物、自然から学ぶことは多いですね。
5羽の赤ちゃん、天敵に襲われることなくすくすく育って!

スマホで撮った動画です。
この公園には超望遠レンズを装着した多くのアマチュア?カメラマンが集まります。カワセミ狙いのようですが、この時は皆さんカイツブリのエサやり場面を(その表情を)撮ろうと、高速シャッタでバシャバシャ・・・
スマホでは限界がありますね。痛感!

 

|

« 博物館でお花見を 2019 | トップページ | 大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博物館でお花見を 2019 | トップページ | 大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦 »