« マルク・シャガールの銅版画「死せる魂」展 | トップページ | 湘南マラソン2007見学 »

2007.03.17

異邦人(エトランジェ)たちのパリ1900-2005

Ponnpiblog

この展覧会の日程も折り返し点になってきました。
いい頃かなと思って行って来ました。
混雑もなく鑑賞することが出来ました。
冷たい風が吹く先週の日曜日のことです。

会場後半に展示されている、現代作品の数々は、私には感情移入出来ない作品のほうが多かったと思います。

今回は、女性を描いた良い絵画に出会えました。

キスリングが描く女性像は大好きです。
この展覧会にも出展されていました。


Kisublog
若いポーランド女性

私は、この時代のピカソの絵画が好きです。

Pikablog
パブロ・ピカソ座せる女性

この色調、構図.........なんとも。

Donblog
キース・ヴァン・ドンゲン スペインのショール


前日、町田国際版画美術館でマルク・シャガールの単色摺り銅版画の展覧会に行って来ました。
異邦人のパリ、この展覧会で見つけた、彼の自画像がとても気に入りました。

Syagablog


エッフェル塔の新郎新婦はシャガールの典型的な作品ですね。
パッと眼に入る、印象に残る絵画ですね。

Ponnpi2sya


そうそう、この展覧会ではいい写真の作品群が見られました。こちらも注目です。
Ponnpi2s


乃木坂の駅から直接美術館と言うのは、時間がない時はいいのですが、何か味気ない感じがします。
わくわくしながら、早足で美術館に向かう、あのひと時が大好きです。


|

« マルク・シャガールの銅版画「死せる魂」展 | トップページ | 湘南マラソン2007見学 »

コメント

ゆきさん、コメントを頂きありがとうございます。

>私は「狼テーブル」を見て思わず笑ってしまいました

同感です。現代アートは自分の感覚で楽しむのが一番ですよね。

最近、無線LANの状態が良くなくて、投稿が途絶えがちです。

今週、いよいよ、ダビンチ展に行ってきます。

今から、わくわくです。

投稿: ゆきさんへ | 2007.03.22 08:26

観に行きました 本当に良かったです
少しは混んでいましたが あのダリ展に比べると
待ち時間も全くなく天国のようです^^

私は「狼テーブル」を見て思わず笑ってしまいました
写真も気に入った作品がたくさんありました
深く感動すると言うより
子どもに返って楽しめる展覧会だったと思います
とっても幸せでした

投稿: ゆき | 2007.03.22 02:20

elmaさん、コメントを頂きありがとうございます。

>makoさんの好みが、だいたい分かりました。

私の好みは、ころころと変わりますのであしからず。

いい作品に、出会えるとうれしくなりますよね。

投稿: elmaさんへ | 2007.03.19 12:30

ゆきさん、コメントを頂きありがとうございます。

>明日「異邦人たちのパリ」に行く予定です。

観に行かれましたか?

行かれたのであれば、ご感想は如何でしょうか。

混雑せず、十分楽しまれたのであればいいのですが......。

投稿: ゆきさんへ | 2007.03.19 12:26

おはようございます。

「キース・ヴァン・ドンゲン スペインのショール」は、私もいいなと思いました。

makoさんの好みが、だいたい分かりました。

投稿: elma | 2007.03.18 09:55

いつも読ませてもらっています。
行こうと思ってる展覧会について、混み具合まで詳しく分かって助かってます。明日「異邦人たちのパリ」に行く予定です。いつも写真は素通りしてるんですが、この写真 素敵ですね。明日は足を止めて見てみようと思います。また遊びに来させてください。

投稿: ゆき | 2007.03.17 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異邦人(エトランジェ)たちのパリ1900-2005:

» 自己紹介 [自己紹介]
自己紹介で第一印象が決まるので結構大切ですよ [続きを読む]

受信: 2007.03.17 11:38

« マルク・シャガールの銅版画「死せる魂」展 | トップページ | 湘南マラソン2007見学 »