« モダンパラダイス・東京近代美術館 | トップページ | ひとこと060908 »

2006.09.06

明日への神話 川崎市立岡本太郎美術館

Okamoto3blog

とても暑い日曜日の午後、緑の多い生田緑地内にある川崎市立岡本太郎美術館に行きました。

緑を求めて、山道を登っていったのですが、これが悪かった。
美術館に到着したときは、びっしょり汗をかいていました。
失敗です。
Ikuta

明日への神話の汐留での公開を見られなかったので、せめてもと思い、原画を見に行きました。
やはり壁画修復完成品を見たかった。
岡本太郎の色使い、造形 は見ているとポジティブな気持ちになります。
Asunoshinwaallblog
原水爆を扱った代表三作品の中の一作です。
解説に「絶望を乗り越え、世界を切り開いた、人間の逞しい生命を描いた」とありました。


燃える人は、現在東京近代美術館で公開展示されています。
Moeruhito

もうひとつの作品瞬間は、現在行方がわからず、美術館でも探しているようです。


10月3日まで開催されていますので、陽気がよくなったら、散策目的でお弁当を持って、カメラを持って、一日ゆっくり楽しんではいかがでしょうか。

丸木美術館の存続の危機が伝えられています。気になりますね。

|

« モダンパラダイス・東京近代美術館 | トップページ | ひとこと060908 »

コメント

elmaさん、コメントを頂きありがとうございます。

見た瞬間が勝負ですよね。私は、色調の圧倒的な鮮やかさに感心しています。

あとは、解説に助けられて鑑賞します。

彼の一連の作品には、遊び心を刺激されて、とても楽しくなります。

投稿: elmaさんへ | 2006.09.08 12:37

こんにちは!

 「明日への神話」は話題を呼びましたね。再現されてよかったと思います。岡本太郎のメッセージ性、創造性、表現力などは、すばらしいと思うのですが、こちらは、理解力がいまいちで、難しい壁画だと思ってしまっています。いつも叫んでいる人ってイメージをもっていました。何かを叫んでいると、故人になってしまっても、「魂」は後世の人に伝わるのでしょうね。さすが、かの子の息子だと思います。

PS:トップの写真、かわいいですね。
丸木美術館にも行ってみたいです。

投稿: elma | 2006.09.07 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日への神話 川崎市立岡本太郎美術館:

« モダンパラダイス・東京近代美術館 | トップページ | ひとこと060908 »