« クロチェッティ展 イタリア文化会館 | トップページ | 浅井忠と関西美術院展 »

2006.09.30

竹内栖鳳と弟子たち

Seiou

先週の日曜日に続いて、行ってきました。
このような短い間隔で、山種美術館に行くのは初めてです。

Sora060930_1
行った日の空です。


矢張り重要文化財指定栖鳳の斑猫でしょうか。
三毛の柔かな表現と、猫独特の憑依したようなルビー色の眼がとても魅力的です。
描くことになった、いきさつもとても興味がありました。
Nekoblog


栖鳳の弟子の中では、上村松園が好きです。
美人画では、最も好きな画家の一人です。
20001blog

30001blog

村上華岳の裸婦図もよかった。久遠の女性を描いたつもりだそうです。

福田平八郎の筍、彩秋の単純化されたフォルムと色調が良い。

栖鳳の絵の中では、
緑池、みみずくもよかった。
Midoriseihoublog_1


Seihoumimizukublog


墨画もよかった。
Sehoisumiblog


以下にHPから、解説文を引用させていただきます。

近代本画の巨匠・竹内栖鳳は、明治・大正・昭和にわたって日本画壇を率い、東の横山大観、西の竹内栖鳳と並び称せられ、昭和12(1937)年に制定された文化勲章の記念すべき第1回を大観と共に受章しています。

明治33(1900)年、35歳の折に渡欧した体験により、栖鳳は京都の伝統的な円山・四条派の画法を基礎に、西洋画の技法と理論を取り入れた斬新な作品を生みだして日本画壇に大きな影響を与えました。また同時に、栖鳳は後進の指導に尽力し、京都市立絵画専門学校や私塾において多くの逸材を育てました。その教育の目指すところは、各々の個性を引き出すことにありました。このような教育を受けた弟子の中から優れた画家が多数輩出されたことは、栖鳳が教育者としても一流であった証拠といえるでしょう。

本展では当館所蔵の栖鳳作品を中心に、その門下の上村松園、西村五雲、西山翠嶂、橋本関雪、土田麦僊、村上華岳、小野竹喬等の作品を出品致します。愛好家の皆様からご要望の多い重要文化財《班猫》も特別に展示いたしますので、この機会に、これらの巨匠の日本画の魅力を再発見していただければと考えております。

|

« クロチェッティ展 イタリア文化会館 | トップページ | 浅井忠と関西美術院展 »

コメント

キリルさん、コメント、TBを頂きありがとうございます。

山種美術館は展示替え事にほとんど行っています。

すぐ近くのイタリア文化会館にも寄ることにしています。

次の企画では、どのような絵画を観ることができるのか、楽しみですね。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: キリルさんへ | 2006.10.11 12:45

TBなぜか2つもすみません。削除お願いします。
山種美術館は交通量の少ない休日にでかけると、周辺環境もよくて、いい気分になれるので気に入ってます。

投稿: キリル | 2006.10.10 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹内栖鳳と弟子たち:

» 竹内栖鳳とその弟子たち [ぶらぶらりぃ]
8月に買った「ぐるっとパス」 の利用期限がいよいよ来週に迫りました。 なのに、使ったのは結局たった2枚・・・それも企画割引のみ・・・ 「いかん!これでは、2000円分の元がとれん!!」 そこで、手っ取り早く元をとるため(笑)、企画展が... [続きを読む]

受信: 2006.10.09 07:31

» 「竹内栖鳳と弟子たち」をみる [アトリエ・リュス]
山種美術館で開催中の「竹内栖鳳と弟子たち―重要文化財「班猫」登場―」(9月30日−11月19日)をみに行ってきました。 山種美術館には8月26日に続いて2度目です。「ぐるっとパス2006」で入場。    竹内栖鳳のことはあまり知りませんでしたが、作品の多くが好きになりました。自然の風景と生き物を愛した作家なのですね。 《緑池》(1927頃)は池に蛙が浮いているだけのシンプルな作品ですが、趣きのある美しさがあります。《風かおる》(1937)も構成に無駄がありません。《南楼晴霽》(1... [続きを読む]

受信: 2006.10.09 22:16

» 「竹内栖鳳と弟子たち展」 [弐代目・青い日記帳]
山種美術館で開催中の 「竹内栖鳳と弟子たち―重要文化財《班猫》登場―」に行って来ました。 山種さんチラシ作って! 今日は酔っ払っているのでいつも以上に画像中心に。 「東の横山大観、西の竹内栖鳳と並び称せられ」ていたほどの画家さんだとは つゆ知らず、ただかみさんが「猫の絵が観たい」というので出かけてきました。 これが重要文化財に指定されている竹内栖鳳の「班猫」↓ 旅先の沼津でたまたま見かけたこの猫に一目惚れした栖鳳は かなり無理言って頼み込み京都へ連れて帰りこの絵を描い... [続きを読む]

受信: 2006.10.28 09:55

« クロチェッティ展 イタリア文化会館 | トップページ | 浅井忠と関西美術院展 »