« 長谷川潔展 | トップページ | 江ノ島060401 »

2006.03.27

「桜 さくら サクラ」山種美術館

Sakurablog


先週になりますが、千鳥が淵の桜開花状況の観察も兼ねて、山種美術館に行ってきました。
展覧会「桜 さくら サクラ」を見るのが目的です。
千鳥が淵の桜は、ぼちぼちの状態でしたが。山種の展示会場は、桜満開でした。

以下に、パンフレットから、ほんの一部をご紹介します。

Sakura1kokei1
小林古径「桜花」
色調の鮮やかさは、さすが古径。


Sakura2kokei2_1
小林古径「清姫 入相桜」
盆栽のような桜。これも良い。


Sakura3taiaknn1
横山大観「春朝」
「夜桜」が有名ですが、この作品の方が好きかもしれません。
「夜桜」は会期中に期間限定で、特別公開されます。


Sakura5isida
石田武「吉野」
桜色と緑の対比が鮮やかですね。


Sakura4hayami1
速水御舟「春の宵」
御舟らしさがよく現れた作品。墨絵のような夜桜。


Sakura4hayami2_1
速水御舟「夜桜」
微妙な色調は印刷物ではうまく表現できませんが、渋い色調がとても良い。


その他、上村松園、松篁親子の作品も秀逸でした。

今週末は、千鳥が淵の桜も満開と思います。あわせて鑑賞されるのも一興かと思います。

|

« 長谷川潔展 | トップページ | 江ノ島060401 »

コメント

こんばんは
TBありがとうございます。

こんな風に季節感が感じられる展覧会もいいですよね。
毎年でも行きたくなります。

投稿: lysander | 2006.04.23 01:40

makoさん、こんばんは。
コメントとTBをありがとうございます。

さすがに山種の看板展覧会(?)と言うこともあってか、
素晴らしい名品ばかりでしたよね。
中でも春の宵は本当に絶品でした。
まさに仰る通り墨絵のような味わいで…。
色がなくとも美しい桜の作品でした。

投稿: はろるど | 2006.04.03 20:32

うしろの正面さん、コメントを頂き有難うございます。
山種美術館へは展示換え毎にほとんど行っています。外れのない?美術館です。
長谷川潔展も素晴らしい展覧会でいたよ。幸せな休日を過ごせました。
ところで、ぐるっとパス2006が4月1日から始まります。山種美術館、東京写真美術館、ブリジストン美術館等々入場できます。使えそうですよ。

投稿: うしろの正面さんへ | 2006.04.01 03:21

先日千鳥が淵へ行った時、「おー、いい展覧会やってるな」と思いつつ、素通りしてしまいました。
やっぱり、観れば良かった。こんないい展覧会だったんですね。
速水御舟「春の宵」、いいですね。
気品が溢れています。
夜、ひとりで歩いていて、思いがけなく満開の桜に会ったような心地がします。

投稿: うしろの正面 | 2006.03.31 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「桜 さくら サクラ」山種美術館:

» 桜さくらサクラ・2006(山種美術館) [PUYAN'S BLOG ~日々の軌跡~]
 千鳥ヶ淵で桜鑑賞のついでに山種美術館で開催されている「桜さくらサクラ・2006」を観てきました。桜をテーマとした作品が展示されているということであの美しさをどのように表現しているのかじっくりと鑑賞させていただきました。面白い趣旨の展示会ですね。  日本画の作家の方々が桜をテーマとして描いているのも桜に対する特別な思いがあるのでしょうね。日本人は桜に対する美意識が独特だといいますし。西洋化してきた現代人はどうなんでしょう?その独特な感性を自分が持っているのかはよくわからないけど日本人らしくありたい... [続きを読む]

受信: 2006.04.03 22:47

» 桜さくらサクラ・2006(山種美術館) [徒然と(美術と本と映画好き...)]
お濠のお花が、見頃です... といってもそれは山種美術館、昨年に引き続き桜の展覧会に行って きました。同じような作品でも並べ方が違えば受ける印象も違う。 そういう意味で、とても面白い展覧会でした。 今年の展示で気になった作品をあげます。 ・『明星花陣』狩野常信 玄宗皇帝と楊貴妃の、花に蝶をとまらす遊びを描いた様子。宮仕え の下女たちが、枝を振り回しながら喧嘩したりさぼったり...とても 人間くさくて面白いと�... [続きを読む]

受信: 2006.04.23 01:39

« 長谷川潔展 | トップページ | 江ノ島060401 »