2020.11.20

伏見稲荷大社の千本鳥居を歩いてみたのですが・・・2020年11月中旬

東福寺から伏見稲荷大社(⇦沿革・ご祭神などはクリックで確認してください)
まで歩いて行きました。
20分弱だったでしょうか?

帰りの時間がが気になって、お参りもそこそこに、急ぎ足で千本鳥居に突入したのですが・・・
登りの基本ですよね、息が切れしない程度にゆっくり歩みを進める。

案の定途中で息切れ、そして帰りの時間も気になったので引き返すことに・・・残念でした。
伏見稲荷大社の入り口から少し入っただけ?という印象です。

半日ゆっくりハイキング気分で巡るのが良いのかもしれません。


(伏見稲荷大社のHPから)
千本鳥居
「赤い鳥居」といえば、すぐさま人々は「おいなりさん」を連想するほど、赤という色が人々の心情に深く染みとおっています。
元来、稲荷の鳥居は社殿と同じく「稲荷塗」といわれ、朱をもって彩色するのが慣習となっています。
この「あけ」という言葉は、赤・明・茜など、すべてに明るい希望の気持ちをその語感にもち、その色はまた生命・大地・生産の力をもって稲荷大神の“みたま”の働きとする強烈な信仰が宿っています。
崇敬者が祈りと感謝の念を奥社参道に鳥居の奉納をもって表そうとする信仰は、すでに江戸時代に興り今日の名所「千本鳥居」を形作っています。

Map

(以下の画像はクリックで拡大表示になります)
Dsc05114  

Dsc05116

Dsc05117

 Dsc05124

Dsc05122

スマホで撮った動画です。
後半は画面が大きく揺れています。
息も絶え絶えで、撮影どころではなくなったきた?

| | コメント (2)

2020.11.19

紅葉の京都東福寺天通橋 2020年11月中旬

 紅葉の京都東福寺通天橋・開山堂を見学してきました。

蒼天のもと錦秋の庭園は大勢の人で賑わっていました。

以下、パンフレットから・・・
京都を代表する紅葉名所
通天橋
方丈と開山堂を結んで架かる。
ここから眺める渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)の紅葉と新緑は絶景。
黄金色に染まる珍しい三つ葉楓は聖一国師が宋から伝えた唐楓といわれている。


天通橋からつながる開山塔院
開山堂(常楽庵)【重文】
1280年入定の聖一国師を祀る。楼閣そびえる伝衣閣(でんねかく)にある「三国伝来の布袋」蔵は伏見人形のルーツ。
普門院前の庭園は江戸中期の名園。

(以下の画像はクリックで拡大表示になります)
Dsc05058

紅葉越しの通天橋
Dsc0505401   

Dsc05105

Dsc0507201

Dsc05078

Dsc05063

Dsc05100  

Dsc05099

Dsc05090  

Dsc0511101

Dsc05097

東福寺 通天橋の紅葉(スマホ動画です)

| | コメント (2)

2020.11.14

紅葉とカワセミ 2020年11月14日

  午前中の散歩で撮ってきた写真です。
(以下の画像はクリックで拡大表示になります)

今年は紅葉の進み具合、ゆっくりなのかな~
Img_6664-2

イチョウは、散り始めた木とこれから色づく木の混在です。
Img_6612
この写真は先週撮ったもの、左のイチョウは半分ほど落葉していました。

雲ひとつない青空のもと、色づいたモミジの近くの小枝にカワセミがいました。
バズーカレンズ組十数名に交じってスマホ組も参加。
私は、散歩途中にハス田で撮っていたので、この場面はパスしましたが・・・ 
Img_6666-4


ハス田にいたのは雌のカワセミです。
Dsc04503


Dsc04425

Dsc04392

Dsc04456

Dsc04500

 

| | コメント (2)

2020.11.08

公園の木々が色づき始めました、アオサギは日向ぼっこ? 2020年11月

こちらの公園の木々が色づき始めました。
イチョウは散り始めた木もあります。
まだ、少ないですが・・・・
(以下の画像はクリックで拡大表示になります)
2020110801

2020110804

2020110803
 
アオサギは羽を広げて日向ぼっこ?
Dsc04207  
カワセミは木陰にいました。
Dsc04199

 

| | コメント (2)

2020.10.03

キセキレイ、セグロセキレイ(散歩中に出会った野鳥を撮ってみました。2020年9月)

うるさいくらいの「セミの声」が静まり「小鳥のさえずり」が少しづつ聞こえるようになってきました。

私の散歩道で沢山の(多種類の)小鳥を見つけることはできないと思いますが・・・

9月末に、
キセキレイとセグロセキレイを撮ることができました。
(画像クリックで拡大表示になります)
Dsc03851
Dsc03852 Dsc03855キセキレイは、セキレイの仲間で、胸から腹にかけての部分が黄色いのでキセキレイの名があります。
全長20cm。細身で尾の長い鳥。九州以北のほぼ全国で繁殖しています。渓流・河原・水田辺りに生息します。
「チチツチチツ」と鳴きながら大きな波形を描いて飛びます。

オスは喉が黒くなるので、この個体はメスですね。

 


セグロセキレイは、
じっとして居てくれないので撮るのが大変でした。
Dsc03909

虫を捕まえて啄んでいます。
(以下の画像はトリミングしてます) 001_20201003032301
01_20201002182901  セグロセキレイは全長21cm、全体が白黒模様のセキレイの仲間で頭から背と胸が黒色です。
北海道から九州までの河川や池沼畔などに棲息しています。
「ジジッ ジジッ」という鳴き声で上下に揺れて飛びます。
近年、日本では急速に分布を拡げているハクセキレイとの縄張り争いで、個体数が減少する傾向にあるそうです。
日本特産種でもあります。

メスは背中が灰黒色なので、この個体はオスかな?

 

 

| | コメント (2)

2020.09.24

ダリア園に行ってきました。 2020年9月

 今年も町田ダリア園に行ってきました。

開園期間 7月1日~11月3日

薬師池公園から歩いていきました。
ちょっとしたハイキング気分で15分程度歩いてです。


家族で、友達で、一人ベンチでのんびり、写真撮影を目的に・・・
それぞれの楽しみ方で皆さん過ごしていました。

天気のいい日に好きな本を持って、花を愛で、本を読んで、居眠りして、というのもお勧めです。

園内は大輪ゾーン・中輪ゾーンに分けて500品種4,000株が植栽されています。
(画像クリックで拡大表示になります)
Photo_20200924161301

それぞれのダリアの花に名前が付けられていて、うなずいたり、首を傾げたりです。
(画像クリックで拡大表示になります)
フェルメール Dsc03687_20200924154101  
優萌
Dsc03821

親愛
Dsc03811

縁結び
Dsc03828  
彩蝶
Dsc03840

白蝶
Dsc03770

新星
Dsc03751


Dsc03753

ホンカ
Dsc03705

キティー
Dsc03748

愛ちゃん
Dsc03685  
夢の人
Dsc03740

雪こんこん
Dsc03719  

 星夜
Dsc03714

秋祭り
Dsc03680

夢舞台
Dsc0379301

ダリアの花を鑑賞後は、花菜(花園)で花を買ったり、木花(休憩所)でソフトクリームを食べたりで皆さん楽しんでいました。

ちょっとお勉強、ダリアの咲き方。
Img_20200924_0002

 

| | コメント (2)

2020.09.07

カワセミを4K動画で撮ってみました。 2020年8月

4Kモニターを持っていないので、いつも、カメラの記録方式設定をMP4にして撮影、
編集後1920×1080(フルHD)でファイルに落とし込んでいました。

使用中のパソコンのディスプレイが1920×1080にしているので・・・

このカメラで4K動画を撮ると、どれだけクリアな画質が得られるのだろうか?
との思いつきで、
カワセミを、
記録方式XASVCS4K設定で撮ってみました。

SONY α6300+SEL70350
望遠端 超解像ズーム2×

三脚は持ち歩かないので、カメラを棒杭に乗せて安定を図りました。 

4Kで見るには設定(歯車のマーク)をクリックして2160p4Kにチェックを入れます。

 

日本の鳥百科(サントリーの愛鳥活動)より
全長17cm。くちばしは体の割りに長い、魚取りにすぐれた鳥です。日本では全国にすんでいます。巣は土崖に横穴を掘ってつくります。池、川など淡水域の水辺で餌をとるのが普通ですが、離島などでは海岸で餌をさがすものも少なくありません。渓流や池沼などを見下ろす木の枝に静かにとまっていて、水中の獲物をとったり、水面をかすめて一直線に速く飛んだりしています。羽色が鮮やかで、翡翠(ひすい)のような体色から、飛ぶ宝石ともいわれ、その美しさは古代から注目されていました。また、昨今、現代人にもこれほど人気のある鳥も少ないでしょう。形態の美しさもさることながら、昭和40年以降の自然環境破壊で「ほろびゆく自然のシンボル」として扱われているためでしょうか。最近は都心でもすっかり回復しましたが、東京に清流が戻ったことにはなりません。清流にすんでいたメダカ・オイカワのかわりに、汚水にも強いフナやモツゴが増えてきたように、カワセミは自分たちの生活を変えて新・カワセミとしての存在をアピールしているのかも知れません。 

 

| | コメント (2)

2020.09.01

JR上野駅公園口移設で西洋美術館が駅前美術館に・・?

JR上野駅公園口が100m移設されました。

移設前は、改札を出てから東京文化会館前の横断歩道で信号待ちし、
横断歩道を渡って右側へ・・というルートでした。

移設されたことによって、
改札を出て真っ直ぐ進むとすぐ右に西洋美術館が見えてきます。

改札口が東京文化会館側から公園案内所、西洋美術館側に移設されたということですね。
002_s
01_20200830070701
旧公園口

02_20200830070801
新公園口駅舎

車道はロータリーになり横断歩道が無くなりました。信号待ちなしです。
Photo_20200830065601

整備が進めれれてきた恩賜公園の最終段階なのでしょうか?

まだ工事は進行中で駅前は雑然としてますが・・・
動線・景色がスッキリして、とても良いことだと思いました。

JR上野駅公園口~国立西洋美術館

| | コメント (0)

2020.08.29

カワセミを動画撮影してみました。 2020年8月

蓮池で、カワセミを動画撮影してみました。

SONY α6300+SEⅬ70350で撮りました。
望遠端、超解像ズーム2×
手持ち撮影です。(三脚を持ち歩かないので)
橋の欄干?にカメラを置いて(手持ちで)撮りましたが、画面が揺れてます。

ピントも甘かったです。

試行錯誤の余地大ありです。
残暑厳しい折、次の挑戦は10月以降になりそうです。

動画設定
記録方式 XAVC S 4K
記録設定 24p60M  ビットレート約60Mbps

セミの鳴き声がうるさい?かもしれません。ご覧の際は、ボリューム調整をお願いします。

| | コメント (2)

2020.08.11

散歩中に出会った野鳥・昆虫を撮ってみました。  2020年8月

散歩中に撮った鳥、昆虫です。 
クリックすると拡大表示になります。

カワセミ
Dsc02654
獲物発見?
Dsc02699
捕食 
Dsc02783
蓮の蕾で・・・

スズメ(トリミングしてます)
スズメも可愛いですね。
20200801_20200811165701
―サントリー愛鳥活動 日本の鳥百科より―
全長14.5cm。短くて太めで、草の種子を食べるくちばしをしている。日本中に分布していて、市街地、住宅地などにいる他、人家のある集落には生息しています。留鳥で渡りはしないと考えられていますが、新潟県から岡山県、愛知県、関東地方などへ移動するものはいます。人間にとっていちばん身近な、そのくせいちばん人間にいじめられてきたのが、スズメです。ヒトが鳥に近づくためには、野鳥の原点ともいえるスズメの警戒心をなくすことですが、スズメはまだ、ヒトを見ると逃げます。でもこれは日本のことで、ロンドンのハイド・パークやパリのモンマルトルなどでは、人を見ると近づいてきます。人はいつもポケットにパン屑やエサを持って与えています。日本のスズメがこうなるのはいつのことでしょう。
ドイツには、スズメに関するこんなエピソードがあります。 プロシアのフリードリヒ大王はサクランボが大好きでしたが、この実がスズメに食われるので、スズメ駆除の命令を出しました。しかしその結果、スズメがいなくなったかわりに害虫が大発生し、サクランボの樹までがやられてしまいました。大王は自らの非を悟り、鳥類の保護にあたり、害虫の駆除につとめたといいます。
/ いそがしや 昼飯頃の 親雀 正岡子規 /

猛暑の中で鴨の家族も木陰に避難でしょうか?
Dsc03220

オニヤンマ
Dsc03217
―ピクシブ百科事典から―
トンボ目・オニヤンマ亜科に属する大型の昆虫。
全長11cm前後・後翅長5~6cmと、現生する日本最大のトンボの種でもある。

黒い体に胸部には八の字、胴体には横に黄色い縞模様が入っている。
複眼は鮮やかな翡翠色をしているが、生命反応がなくなると黒く濁ってしまう。また頭部正面の中央で、わずかだが左右の複眼が接触している。

食性はおおよそのトンボと同じく肉食性。
その飛行速度は時速70kmと、日本昆虫界では最速、トンボの種としてもギンヤンマの最高時速100kmに比肩し得る速力を誇る。
顎も非常に強力で、人間の皮膚をも食いちぎれるほど強靭なため、捕獲の際には注意が必要。
またオオスズメバチやシオヤアブなど、昆虫界の名立たる殺し屋をも捕食する獰猛さも持ち合わせており、互いに“食うか食われる”という熾烈なライバル関係にある

| | コメント (2)

より以前の記事一覧