2020.04.04

「スマホ用ジンバル」で試し撮り その2

今回は、ジンバルにiPhone11を装着し、広角モードで撮影してみました。
撮ったままで、ほとんど編集してませんので、だらだら長く、ちょっと見ずらいかもしれません。

ご容赦願います。

花盛りのぼたん園です。
ぼたん自体はまだ蕾みのままでしたが。

同じ場所で、先日ジンバル+iPhone8で撮っています。
ご興味があればこちら「スマホ用ジンバル」で試し撮りもご覧ください。

菜の花も咲いてきました。

| | コメント (2)

2020.03.27

このごろ・・・2020年3月

新コロナウィルスの世界的蔓延に、罹患者の指数関数的増加に驚く日々・・・
東京も、厳戒体制。

感染してしまうのも困りますが、自分の安易な行動で感染の連鎖に加わってしまうのも申し訳ない、という気持ちが強いです。
ということで、新宿御苑で予定していた花見は中止、美術館・博物館にも今月は一度も行っていません。
購入済みのチケットも無駄になりました。

花盛りの春を迎え、せめてもの息抜きに人の少ない場所を選んで・・・・

展覧会用に購入した双眼鏡をもって出かけてみました。
これが予想外の発見でした。
01_20200327145701

美術館での作品鑑賞向きということで購入した双眼鏡(家電量販店の陳列棚に美術館向きと書いてありました)
以前は(今でも)単眼鏡を使っていたのですが、この双眼鏡・・・明るく、視野が広くて重宝しています。
ちょっとサイズに難ありかな?

美術作品鑑賞用ということで、焦点調整範囲が0.5m~無限遠です。
50cm先の対象物に焦点があうということです。

短焦点距離と視野の広さ、そして明るいレンズ・・・
この双眼鏡で花に焦点を合わせると、花がくっきり浮かび上がります。
おしべ、めしべ?もくっきりと、周囲のボケ具合が絶妙。
驚くほど楽しい世界です。
花の季節の散歩の必需品になりそうです。

池に遊ぶ「かいつぶりの親子」偶然?カワセミを見ることもできました。
倍率が6.5倍なので大満足とは言えませんが、鳥類鑑賞にも、それなりに使えるように思えました。

残念ながら、ネットで見たら、この双眼鏡「メーカー販売終了」になっていました。
通販ではまだ販売しているようですが・・・

仕様
ポロプリズムセンターフォーカス式(連動2軸型)
倍率 6.5倍
対物レンズの有効径 21㎜
実視界 7.5°
1000mでの視界 131m
ひとみ径 3.2㎜
明るさ 10.21
アイレリーフ 15㎜
焦点調整範囲 0.5m~無限遠
眼幅調整範囲 56㎜~74㎜

以下はスマホ(iPhone11)で撮った写真です。
Hana20200301
Hana20200302
Hana20200303
Hana202004
Hana202005
Hana202006

 

| | コメント (2)

2019.12.03

薬師池紅葉ライトアップ 2019年

薬師池公園の紅葉ライトアップに行って来ました。
紅葉ライトアップは、今年初めて行われました。
来年、その以後も行われるのでしょうか?
紅葉祭りは、12月8日まで開催されています。
ライトアップは土日に行われ、12月1日(日)が最終回でした。

青空のもとの紅葉が好きなのですが・・・・
201901_20191203205901

当たり前ですが、夜は寒い、寒かったです。でも一見の価値はありました。
201902_20191203210101

スマホで撮りました。

| | コメント (2)

2019.11.26

大嘗宮一般参観 2019年11月

大嘗宮一般参観に行って来ました。
30日(土)からは乾通り一般公開も始まります。

実施時期
<大嘗宮一般参観>11月21日(木)から12月8日(日)の18日間
<皇居乾通り一般公開>11月30日(土)から12月8日(日)の9日間

二重橋前駅で降りて坂下門に向かいました。
01_20191126054401

持ち物検査です。
02_20191126054801

坂下門
03_20191126055201

坂下門を通過すると直ぐ宮殿に向かう道と、宮内庁庁舎です。
庁舎を通過して左に行くと乾通り、今回は大手門方面に誘導され、さらに
東御苑に向かいます。
04_20191126060701

坂を上ると、展望が開けて大嘗宮が遠望できます。
05_20191126061001

06_20191126062901 

14_20191126093601

07_20191126063701
正面⑫南神門 

正面奥⑨殿外小忌幄舎(女子皇族が参列された建物)

左右の建物⑰⑱風俗歌國栖古風幄(楽師が歌を奏した建物)

奥に僅かに見える屋根右①悠紀殿②主基殿

08_20191126071101
殿外小忌幄舎と廊下で繋がる左右にある建物⑦⑧小忌幄舎(男子皇族が参列された建物)

南神門のある正面を通過して膳屋を右折して・・
15_20191126094201
左から㉒斎庫②主基殿⑭楽舎⑯庭積帳殿⑲衛門幄㉑庭燎舎⑪膳屋
鳥居のある所は小忌幄舎でしょうか?

更に進んで・・・
11_20191126091601
最も右側に㉒斎庫(新穀を保管した建物)があります。

左③廻立殿(大嘗宮の儀に先立ち天皇皇后両陛下がお召替えどをなった建物)

奥に見える屋根の建物①悠紀殿(悠紀殿供饌の儀において、天皇陛下が、神饌(新穀をもって調製された御食(みけ)・御酒など)をお供えになり、ご礼拝のうえ御告文をお奏しになり、自らもお召し上がりになった建物)

その右②主基殿(主基殿供饌の儀において、天皇陛下が、神饌をお供えになり、ご礼拝のうえ御告文をお奏しになり、自らもお召し上がりになった建物)

12_20191126092301
廻立殿(皮付きの丸太が使われています)

13_20191126093201
主基殿(右の建物は楽舎?) 

配布される大嘗宮解説パンフレットを頂いて、解説と見比べながらじっくり鑑賞がお勧めです。混んでいなければの話ですが・・・


撮ってきた動画です。

 

こちらはテレビ放送から・・・

「大嘗祭」陛下このあと秘儀へ 明け方まで安寧祈念(19/11/14)
ANNnewsCH

 

| | コメント (4)

2019.10.05

北海道東部2泊3日の旅(2019年9月)まとめ

バスの走行距離にして約1000㎞、15か所超の観光地を巡る大忙しの旅でした。
北海道らしい景色・・・
直線道路、花畑、草原、そこに現れる動物(タンチョウ、牛、馬、キツネ、鹿)と生活。
網走の海岸、知床の海岸、知床連山、オシンコシンの滝、湖(知床一湖、摩周湖)国後島。
人気の博物館網走監獄、旭山動物園。
曇天の日が多かったのですが、雨が降り続くということもなく、天気はまあまあの3日間でした。
風が強い日(波が荒い日)があって知床半島クルーズが中止になったのは残念でした。
食事も美味しく頂きました。

3日間の行程です。
002_20191005040601
1日目 2日目 3日目


以下、既投稿記事を日付順にまとめてみました。 

北海道東部観光初日 富良野・ファーム富田  美瑛・青い池 (2019年9月)

北海道東部観光初日 美瑛・四季彩の丘 旭山動物園 2019年9月

北海道東部観光2日目 メルヘンの丘 博物館網走監獄 網走の海岸 2019年9月

北海道東部観光2日目  オシンコシンの滝 道の駅うとろ・シリエトク 知床一湖 知床ナイトサファリ 2019年9月

北海道東部観光3日目(最終日)知床峠 開陽台 摩周湖 塘路駅から釧路駅(ノロッコ号) 釧路湿原・北斗展望台

 

| | コメント (0)

北海道東部観光3日目(最終日)知床峠 開陽台 摩周湖 塘路駅から釧路駅(ノロッコ号) 釧路湿原・北斗展望台

北海道北部観光3日目の日程
知床ウトロ温泉のホテル🚌知床峠🚌開陽台🚌摩周湖🚌塘路駅🚋(釧路湿原を電車ノロッコ号で)釧路駅🚌釧路湿原・北斗展望台🚌とかち帯広空港✈羽田空港
3004_20191004202601

ホテルを出てバスは、斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上知床峠に向かいました。途中で山の間から「国後島」を遠望することができました。幸運でした。
曇天・強風の知床峠園地からは国後島を見ることはできませんでした。羅臼岳には雲がかかっていました。
トイレ休憩程度の滞在で、 強風もあって早々にバスに戻りました。
003_20191004135701




バスは羅臼から国道335号を走り中標津町の開陽台に向かいます。街中、海岸、草原を走りタンチョウのつがいにも遭遇しました。
001_20191004140301




開陽台
「地球が丸く見える」というキャッチフレーズの中標津町のランドマーク「開陽台」
標高270mの台地から360度の眺望です。
納沙布岬→野付半島→国後島→知床連山→中標津市街→納沙布岬(に戻る)という動画を撮ってみました。
相変わらずの曇天・強風で、素晴らしい眺めとはなりませんでした。
強風のためか、皆さん室内のカフェに行列、お目当ては「はちみつソフト」です。
私も真似っこ。
001_20191004113901




摩周湖(川上郡弟子屈町)
風もおさまって、摩周湖の、青墨の色面のようにひたすら静かな水面は素晴らしい景色でした。
時々現れるリスを追いかける人もいたりして。
摩周湖は約7000年前の巨大噴火でできたカルデラ湖です。約211mという深さで、しかも水底が急激に深くなっていて、透明度も高い。そのため青以外の色の反射が少なくなり、「摩周ブルー」と呼ばれる絶景が見られます。湖に接する河川がないことから、外部から 有機物の流入がほとんどありません。
01_20191004113401





ノロッコ号 
塘路駅から釧路駅まで50分程度、釧路湿原をノロッコ号で走ります。
車内放送の解説付きです。「広々とした湿原を走る」というイメージではなかった!少々残念。
001_20191004114301



 

釧路湿原・北斗展望台
展望台のすぐ下に大木が並んでいて知床湿原眺望は残念ながら・・・です。
一様写真に撮って・・・バスはすぐに、とかち帯広空港に向かいました。
01_20191004053401

02_20191004053501


苦手な飛行機で、とかち帯広空港から東京へ。
盛沢山の観光地を巡る忙しい三日間でしたが、楽しい日々でした。

| | コメント (2)

2019.10.01

北海道東部観光2日目  オシンコシンの滝 道の駅うとろ・シリエトク 知床一湖 知床ナイトサファリ 2019年9月

北海道東部観光2日目の日程
この日は海が荒れていて、知床半島クルーズが中止になり残念でした。予定を変更して、鮭の遡上見学、知床世界遺産センターの見学が追加されました。

温泉旅館🚌メルヘンの丘🚌博物館網走監獄🚌網走海鮮問屋(昼食)🚌オシンコシンの滝🚌知床(知床半島クルーズ🚢(この日は海が荒れていて中止))🚌道の駅うとろ・シリエトク🚌知床一湖🚌知床・ウトロ温泉のホテル🚌夕食後、知床ナイトサファリ🚌ホテル帰着
203

網走の海鮮問屋で昼食後、オシンコシンの滝に向かいました。

オシンコシンの滝に向かう途中、6㎞の直進道路(入口)



オシンコシンの滝 
駐車場から階段を昇ってすぐのところにあります。
途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。
季節によって、北海道ならではの滝が楽しめそうです。
001_20191001032901




オシンコシンの滝見学を終えて次の目的地「道の駅うとろ・シリエトク」に向かう海岸沿いに虹が現れました、海岸沿いの鮮やかな虹、その景色にに観光バス内は大はしゃぎでした。



道の駅うとろ・シリエトク
—HPから—
国道334号線沿いにある「道の駅うとろ・シリエトク」は世界自然遺産『知床』の玄関口に位置し、漁師の番屋風の建物になっています。知床観光の拠点施設としており、常に生きた情報を提供する観光案内所、地元の特産品を数多く揃う売店、知床の旬の味を提供するレストランがあります。

この日の夜「ナイトサファリ」参加予定なので、夜、吞むものがないと不安なので「酒とつまみ」を購入。トイレ休憩の目的もありました。


知床一湖(知床五湖
ツアー参加者が2班に別れて、ガイドさんの説明を聞きながら、一湖につながる木道を往復しました。正面に知床連山が聳え、背後にはオホーツク海が遠望出来ます。知床五湖の中で、高架木道を歩くのは一湖のみ。熊よけの電気柵(微電流)が張られているそうです。ここでも虹が見られました。広々とした平原にそびえる知床連山、湧水で出来た鏡面のような一湖、絵になる光景です。虹のおまけ付き!
001_20191001032401

002_20191001033301




知床ナイトサファリ
夕食後、ホテルをバスで出発。知床一湖の駐車場までの往復。途中から、ゆっくり走るバスの室内灯を消して、動物を探します。(1時間30分)左右で3個づつ配られた懐中電灯で暗闇を照らすのですが、なかなか現れません。途中、鹿とキツネに遭遇、ガイドさんが探してみてくださいと言う熊、フクロウは、見つけることはできませんでした。暗闇に熊の輪郭を見つけるのは難しいのかな〜なんて思いました。

| | コメント (2)

2019.09.30

北海道東部観光2日目 メルヘンの丘 博物館網走監獄 網走の海岸 2019年9月

北海道東部観光2日目の日程
この日は海が荒れていて、知床半島クルーズが中止になり残念でした。予定を変更して、鮭の遡上見学、知床世界遺産センターの見学が追加されました。

温泉旅館🚌メルヘンの丘🚌博物館網走監獄🚌網走海鮮問屋(昼食)🚌オシンコシンの滝🚌知床(知床半島クルーズ🚢(この日は海が荒れていて中止))🚌道の駅うとろ・シリエトク🚌知床一湖🚌知床・ウトロ温泉のホテル🚌夕食後、知床ナイトサファリ🚌ホテル帰着
203

メルヘンの丘
メルヘンの丘は、北見・網走間を結ぶ国道39号沿いに位置しています。
路側帯にバスを止めて、15分間の撮影タイム。バイク旅の方も盛んに撮影していました。
黒澤明監督作品「夢」のロケ地だそうです。
201
206

01_20190927174901

205

バスはメルヘンから監獄へ直行します。 

博物館網走監獄
—HPから—
博物館網走監獄とは
博物館網走監獄は、明治以来、網走市と深く関わりを持っていた網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館です。網走国定公園の景勝天都山網走湖側に位置し、敷地面積は約東京ドーム3.5個分に相当します。ユニバーサルミュージアムを指標に、日々施設充実を目標に地域に根ざした活動を進めています。

あまり興味はなかったのですが、実際見学してみるとなかなか面白く、勉強にもなりました。
01_20190929000201


05_20190928235901
正門


03_20190928064801
旧網走監獄庁舎
06_20190929000501
放射状 舎房入口

小説・テレビになった脱獄事件(Y・S事件)
04_20190928065401
旧網走監獄 舎房内部 上に脱獄するY・Sがいます。

07_20190929001001
教誨堂内部

歴史館メイン展示は、中央道路の開削をテーマにした映像展示です。
02_20190928063801
—HPのから—
網走刑務所は最初「網走囚徒外役所」と呼ばれ中央道路開削工事のため明治23年1200人もの囚人が送り込まれました。
道無き道を進む囚人の旅は険しい地形と熊との戦いだったと言います。道央とオホーツク沿岸を結ぶ道路の開削工事が、千人を超える囚人により昼夜兼行で強行されました。逃亡を防ぐため囚人は二人ずつ鉄の鎖でつながれながら(連鎖という)の重労働でした。工事現場が山中深く移動するにつれ食料運搬がうまく行かなくなり栄養失調やケガなどで死亡者が続出困難を極める難工です。 あまりの苦痛に耐え切れず逃亡を企てて看守に抵抗しようとした者は、その場で斬り殺されたのです。たとえ首尾よく逃げられたとしても食料もなにもない山の中のこと、結局、戻って来るしかありませんでした。
死んだ囚人たちは、現場に埋葬され目印に鎖を墓標のそばに置いたと言い伝えられ、そこで誰言うともなしに囚人たちの墓を「鎖塚」と呼ぶようになりました。昭和30年頃から郷土史を研究する人々や住民を中心にこれらの遺骨を発掘する作業が熱心に進められ今では追悼碑やお墓が建てられるまでになりました。千人の従事者から看守も含め、二百人以上の犠牲者を出したというのです。北海道での囚人労働は炭鉱や硫黄採取などでも行われ、そのつど多数の犠牲者を出していました。特にここは犠牲者が多く、囚人道路と呼ばれています。「囚人は果たして二重の刑罰を科されるべきか」と、国会で追及されるに及びついに明治27年廃止されたのです。

博物館で撮った写真の纏めです。



私たちを乗せた観光バスはその囚人道路を走り抜ける(走り抜けた)のでした。

そして、昼食をとる海産問屋に向けて網走の海岸を・・美しい知床連山の稜線を遠望しながら観光バスが走ります。
昼食後、海岸に降りてみました。オホーツク海のくっきりとした水平線、美しい雲、知床連山・・北海道らしい風景です。
01_20190929185601

001_20190929185801

| | コメント (0)

2019.09.25

北海道東部観光初日 美瑛・四季彩の丘 旭山動物園 2019年9月

北海道東部観光初日の日程です。
羽田空港新千歳空港🚌富良野・ファーム富田🚌美瑛・青い池🚌美瑛・四季彩の丘🚌旭山動物園🚌温泉ホテル
103

美瑛・四季彩の丘
—HPのから—
わたしたちについて
広い。広い。大地に広がる観光の丘。
美瑛といえば丘。その美しい景色は自然そのものではありません。
さまざまな野菜や穀物、お花など、人の営みがあるからこそ、
このパッチワーク柄の景色になるのです。
「四季彩の丘」は広大な畑をはじめ、北海道らしい体験、ペンションがそろった
美瑛を象徴するエンターテイメント・ガーデンです。

美瑛エリアで最も規模が大きく総面積約15万平方メートルの広さです。
カート、バギーやトラクターバス「ノロッコ号」で巡ることもできます。
アルパカ牧場もあります。

01_20190924102401

02_20190924102401

03_20190924102401

04_20190924102501

02_20190924102501



旭川動物園
動物園の規模としては、それほどではありません。
短い滞在でしたが「行動展示で有名な動物園」というキャッチコピーは納得です。
動物との距離感も良いですね。

例えばホッキョクグマ、こんな感じで写真に収めることができました。
01_20190924172101

金網のすぐそこにアムールヒョウが、動画の中では振り向いてくれています。
02_20190924172801

なんとも恐ろしい体つきののカバさん。目が可愛い!
03_20190924173501

ペンギンの散歩が有名だと思うのですが・・・?
04_20190924174101

キタキツネは就寝中(展示ケースのガラスがくもっていたので・・)
05_20190924175101

| | コメント (0)

2019.09.24

北海道東部観光初日 富良野・ファーム富田  美瑛・青い池 (2019年9月)

北海道東部観光初日の日程です。
羽田空港新千歳空港🚌富良野・ファーム富田🚌美瑛・青い池🚌美瑛・四季彩の丘🚌旭山動物園🚌温泉ホテル
103

ファーム富田は、ラベンダー畑で有名です。総面積20万㎡の広大な敷地に12の花畑があります。
年間100万人が訪れるそうです。

今回は、ラベンダーの紫一色に染まる風景は見ることはできませんでした。(7月上旬から下旬に限られた風景だそうです)
ラベンダーはグリーンハウスに僅かながら咲いていました。
05_20190923133701

でも、ケイトウ、サルビア、マリーゴールドなどを整然とと並べたお花畑は美しかった。
売店のメロンも美味でした。
01_20190923133201

02_20190923133301

03_20190923133301

04_20190923133901

 

ファーム富田から美瑛・青い池に向かって移動中に牛ちゃんです。 
離乳牛を預かって育てる施設と記憶していますが?定かではありません。

 

美瑛・青い池
「神秘の池」と聞くと、山道を、林の中を暫く歩いて突然「青い池」が現れるという情景を思い浮かべてしまいますが・・・
実際は駐車場でバスを降りると直ぐ遊歩道、直ぐ「青い池」です。

「立ち枯れたカラマツと青い水面」その景色は美しいことに違いはありません。
晴天、雲り空、春夏秋冬、朝、昼、黄昏時でその表情は微妙に変化するのでしょうね。
11月になるとライトアップが行われるそうです。
青くなる理由、池の由来などは、ここには記さないことにします。

01_20190923154501

02_20190923154601

03_20190923154701

04_20190923154701

| | コメント (0)

より以前の記事一覧