2017.04.16

桜、小田原城、御幸の浜 2017年4月

小田原城には何度か行っていますが、平成の大改修完了ということなので、この桜の時期に行ってみようと・・・
11時前に小田原駅に到着。
駅前商店街を通り抜けてお濠沿いの桜並木を歩き、学橋から小田原場内に入りました。

二の丸広場にも桜並木があって、眺めながら通り抜け銅門、馬出門周辺を散策。
常盤木橋を渡って階段を上り常盤木門をくぐると本丸広場にピカピカの天守閣がそびえます。

本丸広場には、売店休憩所があり、桜の下ではビニールシートを敷いて宴会?の人達も居ました。上野ほどではないですが・・・
私も桜の下のベンチに座ってのんびり昼食。

その後、遊園地に下りて・・・ここの桜も見事に咲き誇り、桜越しに見る天守閣は絶景でした。

2
学橋と桜。

1
二の丸広場の桜並木。

3
常盤木橋


1
本丸広場で・・

2
遊園地から天守閣を望む。

小田原城の前身は、室町時代に西相模一帯を支配していた大森氏が、現在の県立小田原高等学校付近の高台(八幡山)に築いた山城でした。城の規模や築城年は明らかになっていませんが、15世紀の中頃に造られたのではないかと考えられています。 15世紀末、伊勢宗瑞(後の北条早雲)が小田原に進出し、以後、北条氏が5代約100年にわたって関東での勢力を拡大していきました。小田原城は、関東支配の中心拠点として整備拡張され、豊臣秀吉の来攻に備え城下を囲む総延長9kmに及ぶ総そうがまえ構の出現に至ってその規模は最大に達しました。 しかし、天正18年(1590)、石垣山一夜城の築城をはじめとする秀吉の小田原攻めにより北条氏は滅亡し、戦国時代が終焉を迎えました。 北条氏滅亡後、徳川家康に従って小田原攻めに参戦した大久保氏が城主となり、城は近世城郭の姿に改修されました。その後、大久保氏の改易にあたり、城は破却されましたが、稲葉氏の入城の際に再整備され、城の姿は一新されました。 貞享3年(1686)に再び大久保氏が城主となり、小田原城は東海道で箱根の関所を控えた関東地方の防御の要として幕末に至りました。 小田原城は、明治3年(1870)に廃城となり、明治5年までに城内の多くの建物は解体されました。後に、小田原・足柄県庁・神奈川県支庁の所在地となり、さらに明治34年には、二の丸に御用邸が建てられました。しかし、大正12年(1923)9月の関東大震災により御用邸のほか石垣もほぼ全壊し、江戸時代の姿は失われてしまいました。 その後、昭和9年(1934)に隅櫓が再建され、昭和35年(1960)5月には廃城以来90年ぶりに市民待望の天守閣が復興されました。続いて昭和46年(1971)3月に常盤木門が、平成9年10月に銅門、平成21年3月には馬出門が完成しました。 小田原城は、昭和13年(1938)8月に二の丸・三の丸の一部が、昭和34年(1959)5月に本丸と二の丸の残り全部が国の史跡に指定されています。


帰るにはまだ早いと思って・・・
御幸の浜に寄り道、もう一度小田原城に行き、夕方小田原駅に戻りました。
御幸の浜には人影もまばら、犬を連れて散歩する老人、小石を拾うアベック、男女4人組の外国人、その他数人という風景。
私も小一時間柔らかい陽射しの下、海を眺めてのんびり過ごしました。
潮騒のリズムは心地いいですね〜 

5
御幸の浜


小田原の桜は、まだ数日は持ちこたえそうです。
4
駅に戻って天守閣を振り返る。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.04.12

東博庭園開放と上野さくら祭り。

東京国立博物館春の庭園開放
2017年3月14日(火)~2017年5月7日(日)
時間10:00~16:00 ※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30まで

金曜日の夕方、上野に寄り道です。
恩賜公園の桜は満開でしたが、トーハクの庭園の桜は盛りを過ぎていました。
喧騒と静寂です。

本館では「博物館でお花見を」が開催されていました。(4/9まで)
こちらは、事前に観ていたので、今回は展示会場をざっと一巡しただけですが、空いていました。

この日(4/7)は、庭園内で何か行事があったのでしょうか、茶室方面は通行禁止になっていて、ほんの一部のみの開放でした。

1
トーハク庭園

2
トーハク庭園

4
トーハク庭園


東博の庭園開放(この日は部分開放)

トーハク動画ナビ。

東京国立博物館 庭園と茶室。
TokyoNationalMuseum

HPから。

本館北側の庭園を公開します。由緒ある5棟の茶室が点在する庭園を散策してみませんか。ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラ、ヤエベニヒガン、エドヒガンシダレなど、約10種類の桜が次々と開花する庭園は、1年でもっとも美しい花の園になります。
今年は特別に、例年より長い期間お楽しみいただけます。

3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30までライトアップを実施します。
※ ライトアップ時間(16:00~19:30)中は、本館側のみ立ち入り可能となります。

特別展「茶の湯」の開幕にあわせて、2017年4月11日(火)~5月7日(日)の期間、茶室「転合庵」の内部を外からご覧いただけます(4月15日(土)、30日(日)を除く)。

日程 2017年3月14日(火) ~ 2017年5月7日(日)
時間10:00~16:00 ※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30まで
会場庭園
入口入口は2ヵ所あります。
(1) 本館を正面に見て右側、レストランゆりの木側の入口
(2) 本館を正面に見て左側、平成館との間の入口
料金入館料のみでご覧いただけます。
カフェMOTOYA EXPRESS
桜の美しい庭園を眺めながら、優雅なコーヒーブレイクを。
※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は18:00まで
(ラストオーダーは閉店の15分前)
※庭園開放中止の場合は休み
注意事項お茶室の中に入ることはできません。また、お茶室貸出利用時はお茶室を間近でご覧いただけない場合もございます。
悪天候の時は庭園開放は中止となり、その翌日も庭園の状態により中止する場合があります。
庭園開放中止の場合は、正門の掲示にてお知らせいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

うえの桜まつり

上野公園一帯には約1200本の桜があります。
上野の桜は、かつて寛永寺を創建した天海僧正が吉野山から桜を移植したことから始まります。以来、江戸一番の桜の名所として今日に及びます。

Photo_3
東照宮参道

20171
桜並木


20175
トーハクの本館を遠望。


20172
清水堂

Photo
弁天堂参道

Photo_4
ボート池

20173
桜並木に日が暮れて・・


上野恩賜公園
東照宮参道→桜並木→清水堂→弁天堂参道→ボート池→夕刻の桜並木。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.05

皇居東御苑2017年4月

昨日、国立近代美術館(竹橋)の企画展を観に行ってきました。

午前中は皇居東御苑の桜、午後から国立近代美術館という、この季節での習慣になっているコースで・・・・。

大手門から入り、三の丸尚三館で企画展を観て、本丸、天守台、二の丸庭園と歩いて、平川門から出ました。
そこから国立近代美術館に行きました。
(本丸の芝生に座てコンビニ弁当で昼食、ゴロンと横になって・・休憩。気持ちよかったですよ!)

桜は、今週末が一番の見ごろかもしれませんよ、天気が心配ですが。
(満開の天城吉野ももちそうです)


ミラーレス一眼を持っていきましたので、撮ってきました。
170401
大手門

1704
三の丸尚三館玄関

1704_2
本丸に向かう・・・

01704
本丸(芝生広場)

01704_2
満開の天城吉野

1704_3
天守台

1704_4
二の丸庭園

1704_5
平川門

皇居東御苑

帰り際にチョット千鳥ヶ淵の桜も・・・


皇居東御苑2017年4月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.03

春の東京いい庭キャンペーン

ある公園に行ったら、この様な冊子が置いてありました。

1

春の東京いい庭キャンペーン
キャンペーン期間 平成29年3月18日~4月16日
発行 「公益財団法人東京都公園協会」 平成29年2月

27の庭園が掲載されていますが、そのうち11の庭園には行ったことないな~、なんて。

季節を選んで全踏破しようかと・・・・

新宿御苑、代々木公園などの公園も含めると、都内に憩いの場所は沢山ありますね。

根津美術館、トーハクの庭も載ってます。
美術館の庭って、結構好きでよく歩きます。

日本庭園は、外国人観光客にも人気の様で、こんなところにも・・・・と思うことがあります。

桜の時期には、「さて今年はどこの桜を見に行こうか」と迷うほどですね!

昨日(日曜日)帰宅の途中に代々木公園に行ってみましたが(行こうとしましたが)明治神宮から代々木公園に向かう歩道は人の渋滞で動きません。
諦めて帰宅しました!
近頃休日の渋谷・原宿の雑踏は異常レベルです。

私が渋谷区立中央図書館に通っていたころは、夜の竹下通りなんて、さみしくなるほど人通り無かったんですけどね~

外国人観光客も、銀座、六本木より渋谷、原宿、新宿に興味ありなのでしょうか?
明治神宮なんて日によっては半分程度は外国人ですね。

遠方にいかなくても、気軽に公園でのんびりもお勧めです。
混んでないといいのですが・・・
実は、近所の公園が一番だったり・・・


2


3


4


5


6


7


8


9


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.01

散策中に見かけた草花(2017年3月)

梅の花は、ほぼ散りましたが、木瓜の花は満開、椿も咲いています。
桜の季節になりました。
そして、様々な草花の開花です。
(以下の写真はスマホで撮りました)


3311
はねず(朱華(庭梅))
にわうめのことと言うのが有力な説。はねず色とは薄いオレンジ色のことと言われる。


3112
コブシ(辛夷)の木


311
コブシ(辛夷)の花


331_3
しでこぶし(四手辛夷)の花


331_2
タンポポ(蒲公英)


331
みつまた(三叉)


331_4
シロバナタンポポ(白花蒲公英)
葉は野菜、花は天ぷらとして食用にできる。また、タンポポの根は、母乳の出をよくする効果がある。
(日本在来種)


331_5
エノコログサ(狗尾草)
俗称(ネコジャラシ)


331_6
じんちょうげ(沈丁花 )


331_7
カタクリ(片栗)


331_8
ナノハナ(菜の花)
摘み立ては美味!


331_9
すずらん (鈴蘭)とはなにら(花韮)


331_14
すずらん (鈴蘭)
有毒植物ですね。


331_10
ヒイラギ(柊・疼木・柊木)
葉のとげとげに触れると痛い!


331_11
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)


331_12
たんちょうそう(丹頂草 )
だと思うのですが?


331_13
てっぽうずいせん(鉄砲水仙)


331_15
りきゅうばい(利休梅)
何故この名が?
茶花としてよく利用されることから・・・らしいです。
(当初、一休梅と記してしまいました、訂正しました。)


331_2
おうばい(黄梅)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.03.02

散策中に見かけた草花(2017年2月)

早咲きの梅は散り、遅咲きの梅が満開です。
気分的には、春の予感ですね!

2月は風の強い日が多いんですね・・・・、伊豆大島の椿祭りに、行った日は強風の中での見物でした。
伊豆大島日帰りツアーに参加してきました。

曽我梅林の梅まつりに行った日はポカポカ陽気でした。
曽我梅林に行ってきました。(2017年)


2月も街や公園を歩きながら、咲いている花を見つけては、スマホで撮りました。

201702
アタミカンザクラ(熱海寒桜)


20170301
ハナニラ(花韮)
セイヨウアマナ(西洋甘菜)


20140304
ツバキ(椿)


20170302
サンシュユ(山茱萸)


201703
ベニバナトキワマンサク


201704
ボケ(木瓜)


201705
アセビ(馬酔木)


201706
スイセン(水仙)


201707
カンザキアヤメ(寒咲菖蒲)

続きを読む "散策中に見かけた草花(2017年2月)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.18

伊豆大島日帰りツアーに参加してきました。

東海汽船(株)企画実施の大島日帰りツアーに参加してきました。

ツアー参加日は強風・高波が予報されていて、高速ジェット船は欠航かな~と、不安に思って、前日に情報収集。
すると、こんなサイト(伊豆大島 気象と交通)があり、そのサイト予想は欠航。

ただ、当日午前の港区の風速は、それほど強くないという予報だったので、とりあえず行くしかないと・・・・
ちなみに、当日の午前6時から高速ジェット船就航可否は電話で確認できるそうですが、このような日は繋がりにくいようですよ。

7時半までに竹芝桟橋集合ということなので・・・・浜松町駅に7時着、竹芝桟橋に向かいました。(徒歩7分)


竹芝桟橋に到着すると、
受付窓口にはすでに行列ができていて・・・・
1

ツアー企画担当者が繰り返し説明をしていました。
「岡田港発午後の高速ジェット船は全便欠航になりました。お帰りは、14時30分発の大型客船に変更します。竹芝桟橋着19時の予定になります」
「また、出港しても天候状態の変化によっては引き返すこともあります」
「キャンセルされれる場合ツアー料金全額を返金いたします」

まあ~離島の旅は、色々ある、過去に経験済み。
「高速ジェット船と大型客船の船旅を一日で楽しむことができる」というのも、いいのでは・・・と。

船内滞在6時間半、大島観光4時間(バス移動、昼食込み)という旅に!


竹芝桟橋を高速ジェット船で出発→(久里浜経由)→大島着(岡田港)

観光バス乗車→大島公園(国際優秀椿園)→(バス移動)
三原山頂口→(バス移動)→温泉ホテルで昼食→(バス移動)
椿花ガーデン(国際優秀椿園)→(バス移動)

岡田港→大型客船サルビア号で出港竹芝桟橋着
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2
竹芝桟橋から見る朝のレインボーブリッジ。

3
8:10 乗船・・・久里浜経由、大島岡田港に向けて出港。


4


6
朝の湾内は穏やか・・・・やがて風が強くなり、波も高くなって、揺れを感じるようになります。

7
10:10 大島岡田港到着。
キャンセルされた方もいたようで、予約の状況満席のはずの船内には、空席もありました。

8
乗客の下船を終えて・・・・

9
10:30 観光ツアー出発 本日のツアー仲間です。


10:50 大島公園(国際優秀つばき園)着
12


11
椿の開花状況は、これからという感じで蕾が多かった。
11:35発

11:50 三原山頂口駐車場着
14
展望台に向かう人々が霧の中に消えていく・・・・!

13


16
展望台から望むも、残念。


17
駐車場に戻ると霧が晴れていて、波浮港が遠望できました。
12:10発

12:20 温泉ホテル着(昼食)
Img_30941
美味しかったですよ。
13:00発

13:15 椿花ガーデン(国際優秀つばき園)着
24
大島公園に比べて、開花が進んでいました。
品種の違いでしょうか?

Photo
花が落ちて・・・
13:50発

14:00 岡田港着(島内観光終了)
22
お土産店 ここでスタンプラリー抽選会実施。
私が、くじ引き箱に手を入れた時点で、係の女性の右手がすでに残念賞のポストカードに触れている素早さ!

14:30 岡田湾出港
20
大型客船さるびあ丸

21
人数少な目?


19:05頃 竹芝桟橋着
19
戻ってきた~

18
竹芝桟橋着岸。


心配した帰りの4時間半(航行時間)も、お酒ちびちび、写真撮ったりで飽きませんでした。

友人に誘われて参加した、
このツアーのコスパの高さにびっくり!
帰りにパンフレットを見て納得。

「伊豆大島船舶旅客運賃補助金対象パンフレット」と書いてありました。

伊豆大島へ遊びに行こう!
HPから

東京都では、災害からの本格的な復興に向け、多くの方に伊豆大島を訪れていただくことを目的として、通常料金よりも割安な「伊豆大島・復興応援ツアー」を民間旅行事業者と連携して提供しております。ご旅行の際に、ぜひご活用ください。

基本一人旅の私ですが、気の置けない友人、仲間と行くツアーも楽しいなと、実感した一日でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.05

曽我梅林に行ってきました。(2017年)

第47回小田原梅まつり開催初日の曽我梅林に行ってきました。

会期 2017年2月4日(土)~3月5日(日)

今年は、開花が早いようですね!
2月いっぱいまでは、もたないかもしれませんよ。

新松田の駅を出ると、車道を挟んで真向かいにJR御殿場線の松田駅があります。
御殿場線は、ほぼ1時間に一本のダイヤですから、時刻表で、予め調べておく必要がありますよ。
(下曽我駅に行くバスの便もありますが・・・)

40分程度時間の余裕(次の国府津行電車の発車時刻まで)ができたので、「まつだ桜まつり」会場にとんぼ返りで行きました。(さくら祭り開催期間2/11~3/12)
祭り開催前ですが、見ごろになっていましたよ!

13
富士山は午前中に撮った方がいいですね。
ポスター写真みたいで味気ない気もしますが?
この写真はスマホで撮りました。

昨年の「まつだ桜まつり」の様子はこちらで。
拙ブログ記事の度々の紹介で恐縮です。

頭の中に入れておいた、御殿場線国府津行きの発車時刻5分前にJR松田駅に戻って、下曽我駅に向かいました。

下曽我駅に着いて、まずは、梅の里センターに行って、「曽我の里散策マップ」を頂きました。
(過去に何度も訪れている曽我梅林ですが、このところご無沙汰だったので )

この日は「曽我の里散策マップ」の逆の道順を辿りました。
梅の里センター→曽我梅林原会場→曽我梅林別所会場→法蓮寺(曽我兄弟の母、満江御前の墓)→見晴台→一本松→六本松跡→城前寺→雄山荘跡→宗我神社→瑞雲寺→下曽我駅

写真を撮りながら、ゆっくり歩いて3時間程度の行程でした。

満開の梅の木の下で「のんびり酒を飲みながら」・・この光景は羨ましかった。
「ハイキングか?酒か?」どちらを選びますか?です。

梅の花と、歴史、文学散歩という楽しみ方もありですね。


以下の動画と画像は、ミラーレス一眼で撮りました。

1
曽我梅林別所会場の撮影ポイントで・・・

2


10
売店の人だかり。(土曜日だから?)
食べ物、飲み物を買う人々の行列ができます。
予め持って行った方がいいかも、ですよ。


3
枝垂桜は、2~3分咲きでした。


4
曽我兄弟の母 満江御前の墓。


12_2
ハイキングコースからの眺望。


5
ハイキングコースで・・・


6
城前寺境内の曽我兄弟記念碑。


7
雄山荘跡地(建物は2009年焼失)
雄山荘は昭和初期に会社社長の別荘として建てられました。
太宰治の愛人であった太田静子が戦時中にこの別荘に疎開し、静子がこの別荘で過ごした日々の日記が斜陽の元になった。太宰は1947年2月に雄山荘に来訪し滞在したそうです。

斜陽を読み返したくなりますよね、静子を訪ねる場面が、確か描かれたいたような?
高校生の時に読んだ本なので・・・・


8
宗我神社


9
瑞雲寺
境内の桜は4~5分咲きでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.01

散策中に見かけた草花(2017年1月)

地元の梅の花も咲きはじめました。
春の予感ですね・・・
咲いているのに気が付いた花々をスマホで撮りました。

近場では、熱海の梅園が満開に近づいているようですし、
松田町の桜もそろそろ咲き始めたようです。

熱海の梅園に前回行ったときは、花の満開時期を逃して残念な思いをしました。

「風のない快晴、ぽかぽか陽気、満開」
こんな環境に巡り合うことは、まず無いように思っているのですが・・・・

かつて毎年行っていた、曽我別所の梅も気がかりです。

いっそのこと、全箇所行ってこようかと・・・無理かな~

伊豆の河津桜も・・・・・


Photo
ロウバイ

Photo_2
紅梅(八重寒梅)

Photo_3
白梅

Photo_4
福寿草
福と長寿をもたらすことが名の由来です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.11.21

紅葉の薬師池公園2016

秋の青空のもと紅葉、黄葉に彩られた公園でのんびり散歩・・・楽しいです。
銀杏の葉は半ば散っていますが、紅葉は12月始め頃までは楽しめそうです。
(もつかな〜)

カワセミ狙いのバズーカ集団(超望遠カメラ)と、にわかカメラマン(私も含めて)が写真撮りまくりです。
「私は、写真なんか撮らないわ、この景色をのんびり楽しみたいから」という方も・・
分かります!


薬師池公園は、1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定。さらに、2007年に「日本の歴史公園100選」に選定された公園です。


数カ所に分けて広い駐車場がありますが、好天の休日には空き待ちの車列が出来る日もあります。
平日は空いている、と思います。
平日は無料ですが、
土・日・公休日は有料です。(1時間30分までは無料)
町田駅からのバスの便もありますが、30分前後かかるようです。
詳細は町田市のHPでご確認下さい。


16

15


14


13


12

10


9


8


7


6


4


3


2

デジカメで撮った動画です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧