2016.03.14

Amazonプライムミュージック

先日、AmazonプライムビデオをChrom Cast経由でTVで鑑賞する件で投稿しました。

今度は、AmazonプライムミュージックをBluetooth接続でミニコンポを鳴らしてみました。
常時使用の5.1chAVアンプに繋ごうと考えたのですが、接続端子が満杯で諦めました。

ということで、何年も使っていなかったミニコンポを引っ張り出してきました。
捨てられない性質の悲しさで、何年か前に流行りの断捨離を思いついたものの、ほとんど進まなかった。

BluetoothワイヤレスオーディオレシーバーはLTB-AVWAR500(ELECOM) を2700円で購入しました。
同社製品には上位機種もありますので、音質を気にされる方は検討要ですね。

使用方法は簡単。
(ワイヤレスオーディオレシーバーセッティング)

◦USBケーブルと、USB ACアダプタを接続する。

◦ワイヤレスオーディオレシーバー本体USBソケットにUSB端子を差し込む。

◦オーディオケーブル端子をワイヤレスオーディオレシーバー本体ソケットに差し込む。


(ミニコンポとの接続)
◦オーディオケーブル端子をミニコンポのAUX INソケットに差し込む。


(Bluetooth接続)
ワイヤレスオーディオレシーバー本体に電源供給すると、ランプが点滅します。
iPhoneの設定でBluetoothをONにするとデバイス(LTB-AVWAR500)を読み込んでくれます。
接続が完了するとランプ点灯に変わります。
これで完了。

(RCA変換ケーブルも含めて、ケーブル類は同梱されています)


昨年Apple Musicの試聴(3か月無料)もしてみましたが、あまり利用しませんでした。
(このときは、試聴契約時点で、3か月後に解約する設定を済ませた)

まあ、課金されると”使わなくっちゃ”と思ってしまうんですね~

鳴らしてみた感想は・・・高級オーディオの音に慣れていない私にとっては十分使える感じ。

AmazonプライムビデオとAmazonプライムミュージック、他の特典も含めて年会費3900円(325円/月)、コスパをどう考えるかですね。

Apple Music等々各社コンテンツの中身との比較によるのでしょうが・・・・どうなんでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.13

ビューンからdマガジンに変えたわけ

dマガジンがTVでCM流してますね。
数年の間利用していたビューンからdマガジンに昨年変えました。
理由はとっても簡単で、読みたい雑誌がビューンになくて、dマガジンにあることを知ったからです。(今頃、気づいたのかよ〜 )
同じ理由で、dマガジンからビューンに変えた方もいるでしょうね。
もう一点、ご存知の通り紙媒体での記事全部が読めるわけではありません。
私が読みたい雑誌の読めるページ数がビューンでは極端に少ないと感じたからです。
但し、ビューンには全部読みというシステムがあり、紙媒体の30%引き程度で購入出来る雑誌もあります。バーゲンセールもあり、過去の東洋経済を100円で買ったりしてました。
もっぱら紙媒体で本を読んできた世代ですから、立ち読み感覚でしか利用していませんが、400円(税別)で寝転んで、100冊以上の雑誌が立ち読み?出来るというのは、一度利用してしまうと、チョット止められないですね。

利用を考えるのであれば、
各社(auなどの他社も含めて)個性がありますから、自分にあったものを選ぶということになりますね!
お試し期間もあるので、実際使ってみて、というのがオススメ。
お試し期間が過ぎると自動的に本契約に移行してしまうので注意して下さいね。

もっぱら、iPadで読んでいます、年齢的にiPhoneだとチョットきついですね。パソコンで読む方法もあるようですが、試してません。端末が何台まで利用出来るかも、各社違うようですので大家族の方は検討要素の一つになるかも知れません。

「そんな事ばかりしてないで、机に本を置いて、椅子に座って、しっかり読みなさい!」
「はい!分かりました」

時間管理が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

謹賀新年 2016

Dsc05288

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり有難うございました。
拙ブログ、なかなか更新できませんが、暇な時にでも覗いてみてください、今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって健やかで幸せな一年になりますように
お祈り申し上げます。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.08.11

投稿サボってます。

暑い日がつづいていますね。
雑用でバタバタしてしていますが、展覧会には少しずつ出向いています。
飲酒する機会も多く投稿がしばらく滞っています。
こういう状況になると心配メールをいただくことがありますので・・・・・・一様、状況報告です。
すぐにでも再開するようにしたいのですが、どうなりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.07

松の内も今日まで

地域によって松の内の定義も異なるようですが、東京はは今日までですよね。
今年のお正月は如何お過ごしでしたか?
お正月に出かけた時のスナップ写真です。
所謂イチデジ、ミラーレス、iPhoneのカメラ機能何れかで撮影した写真です。
普段、あまりカメラを持ち歩く事もなくなりました(iPhoneで間に合う事もあって)
違いが分かりますか?
素人は、何で撮っても同じようなものですね・・・。

Img_1067


Img_1064


Imgp6191


Dsc00262


Dsc00291


Dsc00345


Dsc00370


Dsc00377


Dsc00381


Dsc00382


Dsc00384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.31

リーリーとシンシンに再会 201205 

この日の主目的は東京藝術大学美術館で開催中の「高橋由一展」鑑賞、そして出来れば、ボストン美術館展(3回目)、欲張ってパンダとの再会ということで。

まずは、トーハクにパスポートで入場、案の定、ボストン美術館展は入場待ち40分。.
Img_0319


ということで....先に「高橋由一展」を観ようと東京藝術大学美術館に行きました。
Takahasiyuiti0001
この展覧会の感想は後日投稿予定。
この言葉、最近使いすぎ?

続いて上野動物園へ.....そして、パンダと再会。
動物好きの私としては、園内をぐるぐる見て回って長々と閉園まで居座ってしまいました。
結局、トーハクには戻らずボストン美術館展は見ませんでした。
ボストン美術館展は、これから最終日(6月10日)まで入場待ち、大混雑覚悟で行かないと駄目みたいですよ。


リーリー(オス)

シンシン(メス)

「かわいー」という圧倒的な声に交じって「怠け者のおっさんみたいー」という声も聞こえてきましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.05.22

金環日蝕20120521

私の住んでいる地域のスポット天気予報が曇り時々雨、降水確率40%でしたので、「これはだめだ」と観念して、全く準備をしていませんでした。

でも、21日が近付くに従って気持ちがそわそわ....やっぱり多少なりとも準備をしておこうと、前の日に以前から目をつけていた、観測眼鏡が付録についている雑誌数冊を目当てに大小の本屋5店を、まわいりましたが、売り切れ。

ハンズに観測グッヅが並んでいたのを思いだして行ってみると、立て看板に、「日蝕観測用品は完売しました」と、あらためて騒ぎを実感した次第。

やっとのことで、ヨドバシカメラで売っていた観測眼鏡を購入。
この店でも、観測眼鏡を持った人がレジに行列でした。(私と同類)

さて当日の朝、案の定、空には一面の雲そして雨がぽつぽつ降ってきた。
矢張り駄目か~

でもでも、もしかしてもしかして、我が家から車で、とある公園の広い大きな駐車場へ移動。
車のフロントガラスに相変わらず、雨粒が、駄目か~

勿論カメラを持って。
ところが、減光フィルターが無くなっていることに気づく。
もう、昨日買った観測眼鏡越しに撮影するしかないと....


待つことしばし、いよいよ日蝕開始時間が近付くと雲に切れ目が!!

この雲がかえってよかった、雲が減光フィルターの代りをしてくれました。

イチデジ入門機に望遠ズームを装着しての撮影、さらに雲間だけでの撮影ですので、この程度の写真ですが、撮れただけで満足でした。

Imgp3307_3

Imgp3356
観測眼鏡越しの画像です、ピント合わせが大変でした。

Imgp3443_2

Imgp3526a
幸運だったと言って良いのでしょう、金環日蝕を見ることができました、撮影もできたし。

Imgp3575

Imgp3581_2


Imgp3611
こちらも、観測眼鏡越しの画像、薄雲がかかってたのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.02.27

東京マラソン2012スナップ

今年もエントリー出来なかったので、応援・観戦です。
家を出るのが遅くなってしまい、新宿も銀座も先頭ランナー通過に間に合いそうもないので、浅草へ直行です。

これがまた、10時40分位に到着したものですから、間に合いませんでした。
曇天でしたが無風でランナーにとっては良い条件かなあー。


女性の先頭グル―ップ?ですかねえ―


集団で・・・これでも結構速いランナー。

Imgp8830


Imgp8931


Imgp9084


Imgp9202

Imgp9180


Imgp9210


Imgp9220


Imgp9248

Imgp9256

こちらにもあります。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.02

新年のご挨拶

Imgp8552

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

皆さまにとって素晴らしい一年になりますように。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.30

2011年の展覧会を振り返って。

今年は、本当に多難な一年でした。震災後暫くは美術館に行くのが憚れました。中止、延期になった展覧会もありました。そんな一年でしたが以下に記憶に残る展覧会を選んでみました。

思いつくままにリストアップしてみました。

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影 展

アルプスの画家 セガンティー二 -光と山-

モダン・アート,アメリカン展-珠玉のフィリップス・コレクション-

川合玉堂展-描かれた日本の原風景-

版画でつくる 驚異の部屋にようこそ!展

生誕100年記念 瑛九展

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌

イケムラレイコ うつりゆくもの

木を植えた男 フレデリック・バック展

犬塚勉展 -純粋なる静寂-

メルシャン軽井沢美術館 薔薇と光のフランス人画家アンリ・ル・シダネル 小さな幸せ

北斎とリヴィエール 三十六景の競演

究極の身体、完全なる美 大英博物館 古代ギリシャ展

没後100年 青木繁展―よみがえる神話と芸術

礒江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの鬼才

ホキ美術館 開館記念第2弾 静物と風景画展

魅惑のモダニスト 蕗谷虹児

パウル・クレー おわらないアトリエ

香り かぐわしき名宝展
 
画家たちの二十歳の原点

20世紀フランス絵画の挑戦 アンフォルメルとは何か?

五百羅漢 増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師狩野一信」展

レンブラント 光の探求 闇の誘惑

駒井哲郎1920-1976  心の造形物語

生誕100年 岡本太郎展

白洲正子-神と仏、自然への祈り-

フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展

シュルレアリスム展-パリ、ポンピドゥセンター所蔵品作品による- 

運慶展

モネとジヴェルニーの画家たち 展

「日本画」の前衛 1938-1949展

まだ、漏れているような気もしますが・・・・
さらに、絞り込んでみましたが・・・・

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影
Goya0002tira
国立西洋美術館で10月22日から2012年1月29日まで開催。

川合玉堂展-描かれた日本の原風景-
Kawaigyoku_2
神奈川県立近代美術館葉山で10月22日から11月23日まで開催。


版画でつくる 驚異の部屋にようこそ!展
Kyoui
町田市立国際版画美術館で10月8日~11月23日まで開催。

生誕100年記念 瑛九展
Eq
埼玉県立近代美術館とうらわ美術館の共催で、9月10日~11月6日まで開催。

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌展
Houitu0001tira
千葉市立美術館で10月10日から11月13日まで開催。

木を植えた男 フレデリック・バック展
Kiwouetatira
東京都現代美術館で7月2日から10月3日まで開催。

メルシャン軽井沢美術館 薔薇と光のフランス人画家アンリ・ル・シダネル 小さな幸せ展
Sidaneru
メルシャン軽井沢美術館最期の展覧会。7月23日から11月6日まで開催。

北斎とリヴィエール 三十六景の競演展
Rivieru0001tira
ニューオータニ美術館で9月3日から10月10日まで開催。


没後100年 青木繁展―よみがえる神話と芸術
Aoki
ブリジストン美術館で7月17日から9月4日まで開催。

写楽展
Syarai0002
東京国立博物館で4月5日から5月15日まで開催。


画家たちの二十歳の原点
Hatati0001
平塚市美術館で4月16日から6月12日まで開催。

五百羅漢 増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師狩野一信」展
500rakanntirasi
江戸東京博物館で7月3日まで開催。(震災で延期になったんですよね)

白洲正子-神と仏、自然への祈り-
Sirasutira
世田谷美術館で3月19日から5月18日まで開催


今年は写実絵画の展覧会も人気でしたよね。
礒江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの鬼才
犬塚勉展 -純粋なる静寂-
ホキ美術館 開館記念第2弾 静物と風景画展

| | コメント (4) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧