2016.10.10

横濱ジャズプロムナード2016

2016

横濱ジャズプロムナード2016は、
2016年10月8-9日の2日間で行われました。


今年は、天候に恵まれず、初日の屋外街角コンサートは中止。
2日目も、一部の会場では中止になりました。
毎年行っていますが、はじめてのような気がします。

初日は、行くのを諦めていたのですが、午後になて雨があがったので出かけました。
会場到着が2時過ぎでしたので、ランドマークプラザの「 サカタのタネ ガーデンスクエア」(名称が変わりましたよね?ここ2回 は公演なしでしたよね・・・)でプロの演奏を2ステージ見て、聴いて、
合間にクイーンズサークル会場チラ見・・・それで帰ってきました。

2日目
私はいつも横浜駅から歩いて行くので・・・
この日は欲張って、そごう美術館で開催されていた「エッシャー展」(10日まで開催)に寄り道してから会場に向かいました。

チョット疲れ気味だったので、「みなとみらいホールのみ」で、のんびり一日と計画しましたが・・・

最初のステージは、みなとみらいホールで「4ドラマーズ」
4人のドラマーが勢揃いしての演奏も楽しかったし、ピアノの田中信正、トランペットの類家心平の演奏も素晴らしかった。

4


類家心平のトランペットがいいな~と思って、
ランドマークホールの 「Natural Born Killer BAND」の公演に移動 。

Img_20161010_0002n

今度はエレキトランペットで熱演、エフェクターを通した様々な効果音は刺激的だった!
KANKAWAのモーグ・シンセサイザーの発する音も強烈!
1時間超ぶっ通しの演奏でしたが、演奏が始まって間もなく退場する観客が目立ったのも、このステージの特徴かな~、好き嫌い両極かもしれません。
フュージョンというカテゴリーに分類されていたけれど?

引続き、高木理代子トリオのステージ
こちらは立ち見ありの満員。
写真をみて・・の方も多かったのでは?
高木理代子の飽きさせない選曲でのピアノ演奏は楽しかったですよ。

Photo

最後は、みなとみらいホールに戻って「前田憲男&T.N. Swing Big Band」の公演。
水谷八重子(vo)、桜井まり(voと司会)、佐藤洋祐(as) がゲスト。

Photo_2
「桜井まり」と「佐藤洋祐」がランドマークプラザの「サカタのタネガーデンスクエア」(無料会場)に出演していて、とても楽しい雰囲気だったこと、そして「前田憲男」「水谷八重子」この二人は久しぶりだな~ということで・・・

前田憲男さんは、プロのビッグバンドが日本だけでなく世界で、どんどん消滅していくことを嘆いていました。
「これだけ入ってくれれば採算に合うな~」なんて・・・

.
佐藤洋祐(as)の演奏は一曲のみ。
この大ホールより、すぐ前で聴くことのできる無料公演の方が良かった。

水谷八重子はやはり役者、表現力が秀逸、楽しい!


ということで、天気は残念でしたが・・・楽しみました。
屋外で聴く、アマチュアのビッグバンドって楽しくて、楽しみにしているのですが、来年はどうなるでしょうか?


 

横濱ジャズプロムナード2016スナップ(デジカメで撮影しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.16

第15回新宿トラッドジャズフェスティバル

練馬区立美術館のシスレー展最終日に滑り込み、観終わって新宿に戻り小一時間見て、聴いて来ました。
末広亭周辺の路地数カ所で演奏していました。周りの飲み屋も満杯、多分ジャズクラブも・・・
飲み屋の二階から窓越しに見ている人もいました。パリの事件の事もありチョット複雑な気持ちでしたか・・・
みんなノリが良くて、新宿らしくて面白かったですよ!


スマホで撮りました。
Img_7348s


Img_7357s


Img_7358s


Img_7360s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.13

横濱ジャズ・プロムナード2014

2014aa


今年は、11、12日の開催でした。
台風が心配でしたが、降らずに済みました。

今年は、ランドマーク・プラザ会場が物産展の会場になっていて、演奏会場になってりませんでしたね。
この場所、毎年人気でしたよね。

ドッグイヤーガーデンも長椅子が設置されてなくて、皆さん階段に座っての観賞、出演者も少なめでした。
横濱ジャズ・プロムナードも変わりつつあるのかな~なんて思いました。

土曜日は、街頭会場を巡り、夕方横浜駅に戻り、そごう美術館で「中澤弘光展」を見て帰宅。
日曜日は、関内ホール、みなとみらいホールで12時~20時まで頑張りました。

出演者も聴衆も高年齢者が多くて・・・・、ジャズ事情の現状ですね。

ということで、高齢者(失礼)のステージばかり見て、聴いてきました。

豊田チカはいい、声に張りと艶があって、上手くて・・・おすすめですよ。(大橋巨泉さんの娘さん、と言っても若くはないですが(失礼))

聴いてきたプログラム

2014ba


2014ca


街角ライブ
Dsc05823a

Dsc05828a


Dsc05848a


Dsc05862a


Dsc05877a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.14

横浜ジャズプロムナード2013

2013

このイベントは10月12~13日の2日間開催されていました。
昨日で終了しています。


今年はホールコンサートを聴いて回ろうと決めていて・・・・・こもりっぱなしで疲れました。
途中退出も含めて9公演、疲れて当然ですかね?

個々の演奏に対する感想は記しません、全般的には楽しめたのですが、チョット聴くに堪えないものもあって、と言う感想。
矢張り人気を保ってきたベテランミュージシャンは話も含めて観客の歓心を呼ぶ壺を心得ていますね。

それにしても、この観客の年齢層は、どうなんでしょう、ますます高齢化してきているような気がします。
先々が心配、同じことの繰り返し?では駄目なのかもしれませんね?
まあ、このイベントの開催趣旨によるのかもしれませんが?
私が見て、聴いてきた公演の感想ですから、他に革新的な公演があったのかもしれませんが。

このイベント、アマチュアの街頭演奏風景って楽しいですよね、今年は見られなかった(聴けなかった)のですが、天気のいい日に散歩がてら立ち寄るっていうのも良いですね。

今年はホールに籠りっぱなしだったので、写真も動画も撮りませんdした。
一様機材はもっていったのですが。

以下、聴いてきた公演です(順不同)

20130001


201300051

201300052


20130007


201300053


20130004_2


20130006_2


20130008


20130009


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.30

紫陽花1206

撮影日は、花菖蒲撮影日と同じです。
宝石のように煌びやかな花も、チョットくたびれちゃった花も、清楚な佇まいの花も、それぞれですね。
華やか過ぎる花には嫉妬したりして……。


Imgp3626


Imgp3709


Imgp3722


Imgp3743


Imgp3758


Imgp3763


Imgp3770

Imgp3845


Imgp3857


Imgp3865

Imgp3883

Imgp3949


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.06

ダヤニータ・シン展

Sin

この展覧会は10月22日~12月18日まで銀座8丁目の資生堂ギャラリーで開催されています。

数週間前になりますが、いつものコース、パナソニック電工汐留ミュージアム、資生堂ギャラリー、ブリジストン美術館のコースで巡ってきました。風邪をひいていてチョットきつかったのですが、歩きです。

欧米を中心に活躍しているインド出身の女性写真家ダヤニータ・シンの日本初の個展です。

彼女が撮影したドキュメンタリーとしての写真を、イメージの断片としてとらえ、彼女なりに選択した、その一枚一枚の写真を組み合わせることによって物語を紡ぎだす、そんな手法による作品「House of Love」(愛の家)

(愛の家)はタージマハルのことですが、ここではそれぞれさまざまな意味―昼と夜、愛と幻想、愛着と孤立を巡る真実と嘘ーをあらわす反復するモチーフとして登場しています(パンフレットの解説より)
1110_img_04

そして未発表の作品「Adventures of Potographer」(ある写真家の冒険)が展示されています。
こちらは、パンフレットに詳しい解説がありますので、読みながら鑑賞です。
多数の写真集もテーブルに並べて展示されています。

Sinfu


Sin0001syo


踊り場には「SENT A LETTER」(手紙を出した)が展示されています。

彼女は言っています。
イメージを鑑賞者に押し付けるわけではなく、作品を見る人たいがたちがそれぞれに個人的な解釈をしてもらうことによって写真に広がりをもたせたいと思っています。

見た瞬間違和感なく、直感的にイメージが膨らむ、そんな作品は良いですよね、ひかえ目な照明の落ち着いた室内で、ゆっくり鑑賞できますよ。銀座に出かけたら、寄ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.27

柳宗悦展 没後50年・日本民芸館開館75周年-暮らしへの眼差し-

Yanagi

この展覧会は、松屋銀座で9月26日まで開催されていました。(既に終了しています)
この後各地を巡回します。

この日曜日にパナソニック電工汐留ミュージアム(濱田庄司展 )→同じく汐留のアド・ミュージアム東京→銀座資生堂ギャラり―(辰野登恵子の個展)→松屋銀座(柳宗悦展)→日本橋高島屋(大塚勉展)と歩いて巡ってきました。チョト頑張ってみました。
民芸運動の推進者柳宗悦と濱田庄司の展覧会を一日で見られるのは嬉しいかぎりでした。歩いて行ける距離ですし・・・・・・

展示会の構成は以下の通りです。
1、プロローグ
2、白樺派の時代
3、白樺派の眼
4、柳宗悦の心
5、柳宗悦から宗理へ

「素朴な器にこそ驚くべき美が宿る」と語った柳宗悦は、無名の職人による誠実な手仕事を「民芸」と名付け沖縄から北海道まで全国各地を巡り、陶磁器・染色・金工紙などさまざまな分野のなかから、魅力的な品々を収集しました。その思い、美の本質を求めつずけ、多数の著書も著し、この展覧会にもその言葉(キャプション)が展示されています。「健康な美」「正常の美」「知識ではなく直感で見る」これらの言葉は、この展示作品を見て納得です。
汐留の濱田庄司展にも食卓の再現展示などがありましたが、こちらにも応接間の再現があります。身の回りの品々も含め生活に於ける美意識の体現その質の高さにあらためて感心してしまいました。(チラシ解説の一部を引用しました)

Yanagitubo
染付草花文壺(朝鮮半島 18世紀)

Yanagimokujiki
木喰仏 地蔵菩薩像(江戸時代 1801年)

Yanagi_0001kago
鷹匠餌入(畿内 19世紀)

Yanagi_0001jyou
鉄錠前(秋田 20世紀)

Yanagi_0001isyou
切伏衣裳(樺太アイヌ 19世紀)

Yanagi_0001mojie
文字絵《義》(朝鮮半島 19世紀)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2010

今年はショパンですね。
三月には、前売りが始まります。

ということで、昨年私は....。

私は過去に毎年、電話とネットで数件のコンサートチケットを買っていたのですが。
昨年は、PCトラブル、相変わらずの繋がらない電話(これは毎年)に業を煮やし、会員枠のチケット入手を諦めました。

日数が経過し、一般枠で購入しようと初日、チケットセンターへ、開店一時間前に出動。
既に、かなりの行列。

予め、店員が、申込書を配布してくれた。
そして、目的のコンサートを数枚に記入。

そして、いよいよ受付。

「一回につき1つのコンサートの申し込みを受け付け、複数のコンサートを申し込む方は、その都度列に並びなおしてください」とのこと

受付で目的のコンサート^はことごとく売り切れ。


結局主目的のコンサートはとれず。
仕方なく、その他のコンサートを4件、苦労して取得。

私自身、この祭典、初回開催時の意気込みはなくなっていた。

そして、開催日が迫ったある日、たまたま寄った新宿のチケットセンターで、前夜祭の.....私はその場でチケットを購入、東京フォーラムへ、ホールAでの開催でしたが、結構楽しめました。


今年は、準備万端整えて....。

でも、ぶらっと出かけて、街頭コンサートを聴いて、当日券があったら入場してみるというのも良いかもしれませんね。

上手く行っても余っているのは、多分ホールAのチケットでしょうけど。

以上、先週末からの体調不良完全復調せず、薬代わりのアルコールの力を借りての投稿、乱文ご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

横浜ジャズプロムナード2009(2日目)

Zyazupuro2009blg

12時から21時までコンサートを聴くというのも体力が要りますね。
最近、感じます。
齢ですかね。

続きを読む "横浜ジャズプロムナード2009(2日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.10

横浜ジャズプロムナード2009

Okopro1
今年も参戦です。
10月10日、11日の開催です。
今日、私は街頭ライブで楽しみました。
これも楽しい。
明日は、ホールでの演奏に集中です。

続きを読む "横浜ジャズプロムナード2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)