2017.01.23

映画『沈黙‐サイレンス‐』

Tinnmoku


映画『沈黙‐サイレンス‐』公式サイト


待ち望んでいた映画なので、早目に観に行こうと思っていました。
観る予定で出かけた展覧会の開催日を勘違いしていて、時間ができたので、急遽見ることにしました。
六本木の映画館でしたが・・・私の前の席には外国人のシスター二人、場所柄、他にも外国の方が散見されました。
日本語のみで語られる場面があって、(英文字幕なし)どうなのかな~なんて、余計なことも考えたりして・・・上映時間162分の長編ですが、長さは感じず楽しめましたよ!


蝉しぐれ・・・暗闇・・・silence・・・映画の導入部です。
エンドロールには虫の声が流れて・・・・
(小説の風景(情景)描写に多用されていたのを思い出す)
映画は、ほぼ原作通りに進行します。


江戸初期、幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎で宣教師フェレイラの消息が途絶えた。
「捕らえられたフェレイラが棄教した」という噂も伝えれれていた。

弟子のロドリゴとガルペは、師フェレイラを追い日本に潜入すべく、マカオで支那人の水夫と船を調達した。
その支那人に、日本に帰りたがっているキチジローという日本人がいると紹介される。
酒に溺れ、狡そうな目をしたこの男の手引きによって、マカオから長崎への潜入を企てる。

月の出ない暗闇の中、船は入り江の浅瀬に辿り着いた。
砂浜の窪地に隠れていた、ロドリゴとガルペの前にキチジローに導かれたトモギ村の信者たちが現れる。

二人は、トモギ村民の惨めな日々の生活の惨状を目の当たりにする。

トモギ村の炭小屋に隠された二人は、村民に告悔、洗礼などを行うようになる。

そして、宣教場所を、求めに応じて広げようと・・・手引きはキチジロー。

しかし、トモギ村にも突然、役人が捜査に入る。

ロドリゴとガルペは、宣教が途絶えることを懸念し、別行動をとることに決る。

幕府の取締りは厳しさを増し、拷問にかけられ死んでいく村民を前にロドリゴは苦しむ。

トモギ村を海路逃れ五島を目指すロドリゴの前に、あのキチジローが現れる。
ロドリゴが疑っていた通り、キチジローはロドリゴを売った。

囚われの身となったロドリゴの前に、マカオでも聞いていた最も恐ろれられた男、長崎奉行の 井上筑後守が現れる。
「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。
転びなさいと・・・・
次々と犠牲になる人々・・・・

守るべきは信念か?
虐げられ、惨めな生活の中で死にゆく隠れキリシタンの命か?

ロドリゴの決断は・・・・

フェレイラの消息は・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロドリゴとキチジローの心象風景のやり取りががもう少しきめi細やかだとよかったんだけど・・・
でもいい映画です。

以前から過剰演技が気になっていた役者さん、無難にこなしていて違和感がなかった。

モキチ役の塚本晋也がいいなぁ~

ーーーーーーーーーーー

書いていて気づいたのですが、拙ブログの前回投稿「岩佐又兵衛」と沈黙に登場する人物はほぼ同時代を生きた人々なんだと・・・
歴史は、かくも深く重層的なものなのだと・・・

拙ブログ関連投稿記事
特別公開「新発見!天正遣欧少年使節 伊東マンショの肖像」


朝日新聞デジタル
尊重が恐怖を緩和する スコセッシ監督インタビュー

スコセッシ監督の解釈が象徴的に映し出されているのが、棺の中のロドリゴが十字架を手にする最後のシーンだ。
「すべてはあのシーンに集結する。あのラストをどう描くかを決めるのに28年かかったといっても過言ではない」
~略~
最終的にロドリゴはキリスト教からは切り離されるが、自分の信条、信念は固く持ったままである。映画ではそこをもう少しはっきりと描きたかった。



映画『沈黙-サイレンス-』本予告


原題 Silence
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 KADOKAWA
上映時間 162分
映倫区分 PG12


キャスト

ロドリゴ: アンドリュー・ガーフィールド

ガルペ: アダム・ドライヴァー

フェレイラ: リーアム・ニーソン

通辞: 浅野忠信

キチジロー: 窪塚洋介

モキチ: 塚本晋也

井上筑後守: イッセー尾形

小松菜奈

加瀬亮

笈田ヨシ

キアラン・ハインズ

スタッフ

監督: マーティン・スコセッシ

製作総指揮:
デイル・A・ブラウン
マシュー・J・マレク
マニュ・ガルギ
ケン・カオ
ダン・カオ
ニールス・ジュール
ジャンニ・ヌナリ
レン・ブラヴァトニック
アヴィヴ・ギラディ
ローレンス・ベンダー

脚本:
ジェイ・コックス
マーティン・スコセッシ

音楽:
キム・アレン・クルーゲ
キャスリン・クルーゲ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.08

2014年 第88回 キネマ旬報ベスト・テン第1位 映画鑑賞会と表彰式

A


昨日2月7日に開催された「2014年 第88回 キネマ旬報ベスト・テン第1位 映画鑑賞会と表彰式」に行ってきました。 
今回は文京シビックホール・大ホールでの開催でした。

上映映画

◦文化映画ベスト・テン第1位作品
「鳥の道を越えて」

「祖父が指さした山の向こうには、 失われた鳥猟の世界がありました。 猟後67年を経て、鳥と人間の関係を改めて見つめ直すドキュメンタリー」

カスミ網などの鳥猟は知識としてはありましたが、より深く歴史、地域性、生活とのかかわりが、目から鱗の感。
いい映画だった。



鳥の道を越えてのオフィシャルサイトはこちら

◦外国映画ベスト・テン第1位作品
「ジャージー・ボーイズ」


「犯罪に手を染めるような貧しい地区の出身だったザ・フォー・シーズンズのメンバー、音楽に出会って努力するようになり、彼らの歌は世界中で大ヒット、そして彼らの名曲に秘められたストーリーとは・・・」

アーティストの伝記ものは大好きでよく見ます。
新鮮味はなく平凡な作品ともいえるけど、でも楽しい、懐かしい。
日本でこの類の作品は少ないですね~何故なんだろう?

ジャージー・ボーイズのオフィシャルサイトはこちら


◦日本映画ベスト・テン第1位作品
「そこのみにて光り輝く」

41歳で亡くなった佐藤泰志さんの長編小説が原作で、北海道・函館を舞台に、格差社会の底辺で貧困にあえぐ女性と心に傷を抱える男性が出会い、厳しい現実のなかで愛を求めて生きる姿を描いた物語です。

正直に言って「う~ん」と考えてしまった映画。
印象に残る映画であることは確かだけど。


そこのみにて光り輝くのオフィシャルサイトはこちら


上映後、表彰式が行われました。
Dsc08965


クリント・イーストウッドが来てたらよかったのに・・・


分かったようなことは言えませんね、知らない人が殆どだった。
もっと映画を観ないとね・・・・・

個人賞
◦主演女優賞
安藤サクラ
百円の恋
0.5ミリ

◦主演男優賞
綾野剛
白ゆき姫殺人事件
そこのみにて光輝く

◦助演女優賞
小林聡美
紙の月

◦助演男優賞
池松壮亮
愛の渦
海を感じる時
大人ドロップ
紙の月
バンクーバーの朝日
ぼくたちの家族

◦新人女優賞
門脇麦
愛の渦
シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸
闇金ウシジマくん Part2

◦新人男優賞
東出昌大
アオハライド
寄生獣
クローズEXPLODE
0.5ミリ


アオハライド
寄生獣
クローズEXPLODE
0.5ミリ

◦監督賞
呉美保
そこのみにて光輝く

◦脚本賞
高田亮
そこのみにて光輝く

◦外国映画監督賞
クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.02

映画「幸せのありか」

A_4

この映画は岩波ホールで2014年12月13日(土)~2015年2月13日(金)まで上映されています。
映画幸せのありか」のHP

とある施設の大扉が開く、付き添いの女性に車いすを押されてマテウシュが入ってくる。
正面にはテーブルを挟んで数人の男女が並んで座っている・・・・・・

時は遡って、1980年、幼少のマテウシュと医師と母親
マテウシュは「植物のような状態」と宣言されてしまう。
両親は必至に治療の手立てを得ようと手を尽くすが、あきらめざるを得ない。

兄・弟・姉を含めた6人家族、両親は愛情を込めてマテウシュてを育てる。
マテウシュはお父さんが大好きだ、天文学者、修理工・・・・いろんな人間に見えてくる。
しかし、お父さんは早くして亡くなってしまう。
「大丈夫だ」といつも優しく言ってくれた。
「男が怒ると時はテーブルを拳で叩くんだ」とたちの手をつかんで教えてくれた。

思春期を迎えたマテウシュ、隣のアパートの 可愛い女の子 はお好みだ・・・・窓越しにじっと見つめて・・・
やがて、二人は連れ立って遊びに出掛けたり、話し込んだりと、楽しい時間を過ごす。
しかし、その女の子は家庭の事情を抱えた 母と共に引っ越してしまう。

時は経ち、兄は結婚、弟は船員とになり、老いた母とマテウシュの生活。
家族が集まるとマテウシュの将来が話し合われるようになる
「誰が彼の面倒を見るの?」

結局、マテウシュは人里離れた専門施設に預けられ、一週間に一度母が訪れるという生活が始まる。
思いに任せぬ鬱屈した生活の中、看護師の胸のランク付けぐらいが楽しみ・・・
ボランティアとの恋もあるが、ちょっとワケありで・・・

そんな施設での生活の中、マテウシュに大きな転機が訪れる・・・・・


大感動と言うほどの話では無いし、よくあるパターンの進行ですが、役者が素晴らしい、不思議に泣けて困った。
マテウシュを演じた ダヴィッド・オグロドニック の名演に感動したのかもしれない。

そんなに多く見ているわけではないのですが、ポーランド映画は役者が気になる、イイナ〜
エンドロールで役者と本人のツーショットが流れる。


Chce sie zyc
製作年 2013年
制作国 ポーランド
配給 アルシネテラン
上映時間 107分

監督
マチェイ・ピェプシツァ
脚本
マチェイ・ピェプシツァ
音楽
バルトシュ・ハイデツキ

キャスト
ダヴィッド・オグロドニック ーマテウシュ
ドロタ・コラク ーマテウシュの母
アルカディウシュ・ヤクビク ーマテウッシュの父
カミル・トカチ ーマテウシュ(少年時代)
カタジナ・ザヴァツカ ーマグダ
アンナ・ネフレベツカ ーヨーラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.21

映画『大いなる沈黙へ』 グランド・シャルトルーズ修道院

A


この映画は、神保町の岩波ホールで8月22日まで開催されています。
明日迄なのですが、10時30分の当日券販売開始前に、 かなり長い行列が出来ます。
前売り券を持っている方も、早めに行かないと隅っこの席になります。

2006年初上映でDVDも販売されている様ですが、今夏、待ちに待った日本上映です。

ドイツ人監督、フィリップ・グレーニングは1984年に撮影を申し込み、ひたすら返答を待ちましたが、16年後のある日、突然、扉が開かれました。

映画化する時の修道院の要求(条件)は、音楽なし、ナレーションなし、照明なしです。
3時間近い上映時間、淡々と修道士の生活、修道院を取り巻く自然が映し出されます。
自然光のみで撮影された映像は、絵画の様です。
修道士の間で会話できるのは、週1日のいっ時、あとはひたすら祈るという厳しい戒律の中で生きる修道士の顔が大写しに何度か登場します。
映画は、様々な生き方を教えてくれます。

公式サイト

予告編

0002a


0003a


0004a


0005a


0006a


0007a


0008a


0009a


0010a


0011a


0012a


0013a


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.01.11

映画 ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人

Photo


東京都写真美術館でお正月2~4日まで3日間上映していたとき見てきました。

痛快!
天晴れ!
そんな感じの映画でした。
続編も見たい!!


ふたりだからできた、誰もやったことのないこと

郵便局員と図書館司書の夫婦が集めた現代アートが世界屈指のコレクションに!!


マンハッタンの1LD質素なアパートに暮らすヴォーゲル夫妻は、慎ましい生活を送りなが40年の歳月を費やして4000点の現代アートを集めた。美術展巡りの日々を送り、熱心にアーティストと語り、自分の家に収納できるサイズの作品を買える値段でという約束事の下に。そしてその膨大で貴重なコレクションは国立美術館に寄贈されることになる。

監督 佐々木芽生
出演 クリスト&ジャンヌ=クロード
    リチャード・タトル
    チャック・クロース

製作年 2008年
       アメリカ
上映時間 87分
配給 クレストインターナショナル

「ハーブ&ドロシー 」予告編

続編の「ハーブ&ドロシー 50×50」(原題)を製作中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.19

映画(DVD)八日目の蝉

1008608_01

久しぶりで映画の話。
この前の土曜日は一日中しのつく雨。
たまには家で映画(DVD)と思って……展覧会から早めに引き返して。
永作博美 (野々宮希和子役) 小池栄子 (千草役)が良い。


製作年 2011年
配給 松竹
上映時間: 2時間27分

出演
井上真央 (恵理菜)
永作博美 (野々宮希和子)
小池栄子 (千草)
森口瑤子 (秋山恵津子)
田中哲司 (秋山丈博)
市川実和子 (エステル)
平田満 (沢田雄三)
劇団ひとり (岸田)
余貴美子 (エンゼル)
田中泯 (滝)
風吹ジュン (沢田昌江)

スタッフ
監督 成島出
脚本 奥寺佐渡子
原作 角田光代
製作総指揮 佐藤直樹
企画 石田雄治
関根真吾
製作 有重陽一
吉田直子
池田史嗣
武石宏登
ゼネラルプロデューサー 野田助嗣
撮影 藤澤順一
美術 松本知恵
音楽 安川午朗
安川午朗
主題曲/主題歌 中島美嘉
録音 藤本賢一
照明 金沢正夫
編集 三條知生


小説を読んでから見た方は、映画の出だしに戸惑うかもしれません。
小説は、ほぼ時系列で物語が進行しますが、映画は過去と現在を交錯させながらというシナリオです。
小説では、稀和子の心理描写の比重が大きいのですが、映画は、薫と稀和子を同じ重さで捉えているようです。
小説のエンディングがとても良くて、映画のエンディングが近付くに従って期待と緊張でしたが、全く違うエンディング。映画の流れからして仕方ないのかなと思ったりしました。
NHKでもドラマ化され(数回に分けて放送)私も録画して観たのですが、これはチョット...という事で途中で見なくなりました。この映画は、昨年度の映画賞を総なめしそうで、なかなかよく出来ていると思いました。
ただし、エンジェルと写真店の滝にはげんなり。ちなみに、写真店は小説に登場しましたっけ?
エンゼルハウスに紛れ込むまでの、立ち退きを迫られる偏屈な老婦人の家での生活はカットされていますよね。

以下は小説の概説です。(昨年、拙blogで取り上げたときのもの)
 

ドアノブをつかむ。氷を握ったように冷たい。その冷たさが、もう後戻りできないと告げているみたいに思えた。
 平日の午前八時十分ころから二十分ほど、この部屋のドアは鍵がかけられていないことを稀和子は知っていた。なかに赤ん坊を残したまま、誰もいなくなることを知っていた。ついさっき、出かける妻と夫を稀和子は自動販売機の陰から見送った。冷たいドアノブを、稀和子は迷うことなくまわした。
以上は、0章の冒頭部分です。
この小説は0章、1章、2章で構成されています。

赤ん坊は不実な男の妻の子供。
不倫の末、身ごもった稀和子は生むことを許されず、おろしてしまったのだ。
誘拐した子供には薫と名付けた。
赤ん坊を連れた稀和子の逃亡生活が始まります。
先ずは、学生時代の親友の家で、それから関西まで逃げて、そこで立ち退きを迫られる偏屈な老婦人の家に身を隠し、そして、社会から隔絶した集団エンジェルホームに紛れ込んで......さらにエンジェルホームで知り合った久美の小豆島の実家で......
その都度、発覚を恐れて、その場を逃れ逃走を続けます。
そして、久美の実家のある、その島からの逃走を試みて、稀和子とようやく物心のついた薫は、辿りついた連絡船の乗り場で、引き離されることになります。

時は移って、実の両親の元に戻った恵理菜(薫)は既に19歳の学生、親元を離れ、アルバイト生活。
すると、そこにエンジェルホ-ムで面倒を見てくれた、お姉さん的存在だった千草が現れる。
千草は、自分が育ったエンジェルホームの取材をしている。
実は、恵理菜(薫)は、妻子ある男と......そして妊娠する。
あの、稀和子と私は同じことを......

一時期、エンジェルホームで育った、恵理菜と千草は、恵理菜(薫)と稀和子が最後に過ごしたあの島小豆島を目指す。
そして、あの連絡船乗り場で.......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.09

映画(DVD)『100,000年後の安全』

Img_100000_flyer_2

昨年話題となった映画でNHK(BS1)でも何度か放送されているようですが、DVDを借りてきで見てみました。
ちなみに来週3月12日深夜13日0時から再放送予定のようです。

北欧のフィンランドが、放射性廃棄物の最終処分場として建設している「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」の意味)を取材し、まつわる人々へのインタビューを交えながら映画は進行してきます。
その施設は、太古の岩盤層を深さ500mまで掘り下げ、そこに、放射性廃棄物を収めて、満パンになる約100年後に、入口を厚いセメントで蓋をして完全封鎖させるという計画。

廃棄物が出す放射線が地球の生物にとって完全に無害安全なレベルに下がるまでには100,000年という人類の歴史にも匹敵する歳月が必要という考え方から、その膨大な年月のスパンで安全性をどのように確保していくのか、確保していけるのか?戦争、自然環境の変化、人類の進化(退化?)そして、人類消滅後まで議論は尽きない。

オンカロ副社長
オンカロ管理部長
核燃料廃棄物管理会社研究員
核燃料廃棄物管理会社科学編集者
フィンランド原子力安全局医療部長
廃棄物管理協議委員新学部教授
他の人々が出演しています。


チャプターは以下の通り。
1、オープニング
2、放射性廃棄物
3、中間貯蔵
4、恒久不変な解決方法
5、人間の侵入
6、未来への警告
7、法律
8、エンディング

(2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/英語/カラー/16:9/ビデオ)
監督・脚本:マイケル・マドセン
脚本:イェスパー・バーグマン
撮影:ヘイキ・ファーム
編集:ダニエル・デンシック
出演:T・アイカス、C・R・ブロケンハイム、M・イェンセン、B・ルンドクヴィスト、W・パイレ、E・ロウコラ、S・サヴォリンネ、T・セッパラ、P・ヴィキベリ
配給・宣伝:アップリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.05

映画(DVD) わたしを離さないで

D113708571
製作年度: 2010年
上映時間: 105分

キャスト(役名)
キャリー・マリガン (Kathy)
アンドリュー・ガーフィールド (Tommy)
キーラ・ナイトレイ (Ruth)
シャーロット・ランプリング (Miss Emily)

スタッフ
監督 マーク・ロマネク
製作総指揮 アレックス・ガーランド
カズオ・イシグロ
テッサ・ロス
製作 アンドリュー・マクドナルド
アロン・ライヒ
脚本 アレックス・ガーランド
原作 カズオ・イシグロ
撮影 アダム・キンメル
音楽 レイチェル・ポートマン

カズオ・イシグロの名著を底本として映画化されています。
完全なコピーではありませんが、見事にカズオ・イシグロの問うている根源的ものを映画化しています。映画を見てから本を読んでも良いのかもしれないと思いました、いや矢張り本からの方うが良いかな~
是非、本も映画も。
キャシー役のキャリー・マリガン がとても良い、勿論ルース役のキーラ・ナイトレイも。

ラストシーンは忘れられませんね。
ルースは夕日に照らされ地平線を見ながら・・・・・
私は自分に問う、私達と私達が救った人々に違いが?
皆”終了”する。
”生”を理解することなく
命は尽きるのだ。

以下、本の紹介で投稿した時の拙文を再度(映画のストーリー展開はチョット違います)

私の名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人を十一年以上やってます。
この小説の冒頭部分です。
寄宿施設ヘールシャムで生まれ育った、親友トミー、ルースの介護人も努めたキャシーは、あと八か月、今年の終わりまでは勤めてくれと言われている。

物語は、遡って生まれ育ったヘールシャムでの生活が、親友キャシー、トミー、ルースを中心に丹念な筆致で回想されていきます。
保護官といわれる教師、図画工作に熱心な教育、定期的に訪れる謎めいたマダム、展示会の存在?そして作品がマダムに選ばれる喜び。淡々と描かれていくヘールシャムの生活に謎めいた挿話が埋め込まれていきます。

そんな中、ルーシー先生は、決意を込めて言います。
「あなた方は、教わっているようで実は教わっていません。それが問題です。形ばかり教わっていても、誰一人、本当に理解しているとは思えません。そういう現状をよしとしておられる方も一部いるようですが、わたしはいやです。あなた方には見苦しい人生を送ってほしくありません。そのためにも、正しく知っておいてほしい。
ーー中略ーー
あなた方は一つの目的のためにこの世に生み出されていて、将来は決定済みです。ですから、無益な空想はもうやめなかればなりません。間もなくヘールシャムを出ていき、遠からず、最初の提供を準備する日が来るでしょう。それを覚えておいてください。みっともない人生にしないため、自分が何者で、先に何が待っているかを知っておいてください」
そして、ルーシー先生はへルーシャムを去っていきます。

やがて、十八歳になると仲間たちはヘールシャムを出ていくことになります。
いよいよ提供者としての彼らの生活が始まります。
トミーをめぐるキャシーーとルースの恋心と終了と言う言葉の意味の冷徹と猶予申請とは・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画(DVD) わたしを離さないで

D113708571
製作年度: 2010年
上映時間: 105分

キャスト(役名)
キャリー・マリガン (Kathy)
アンドリュー・ガーフィールド (Tommy)
キーラ・ナイトレイ (Ruth)
シャーロット・ランプリング (Miss Emily)

スタッフ
監督 マーク・ロマネク
製作総指揮 アレックス・ガーランド
カズオ・イシグロ
テッサ・ロス
製作 アンドリュー・マクドナルド
アロン・ライヒ
脚本 アレックス・ガーランド
原作 カズオ・イシグロ
撮影 アダム・キンメル
音楽 レイチェル・ポートマン

カズオ・イシグロの名著を底本として映画化されています。
完全なコピーではありませんが、見事にカズオ・イシグロの問うている根源的ものを映画化しています。映画を見てから本を読んでも良いのかもしれないと思いました、いや矢張り本からの方うが良いかな~
是非、本も映画も。
キャシー役のキャリー・マリガン がとても良い、勿論ルース役のキーラ・ナイトレイも。

ラストシーンは忘れられませんね。
ルースは夕日に照らされ地平線を見ながら・・・・・
私は自分に問う、私達と私達が救った人々に違いが?
皆”終了”する。
”生”を理解することなく
命は尽きるのだ。

以下、本の紹介で投稿した時の拙文を再度(映画のストーリー展開はチョット違います)

私の名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人を十一年以上やってます。
この小説の冒頭部分です。
寄宿施設ヘールシャムで生まれ育った、親友トミー、ルースの介護人も努めたキャシーは、あと八か月、今年の終わりまでは勤めてくれと言われている。

物語は、遡って生まれ育ったヘールシャムでの生活が、親友キャシー、トミー、ルースを中心に丹念な筆致で回想されていきます。
保護官といわれる教師、図画工作に熱心な教育、定期的に訪れる謎めいたマダム、展示会の存在?そして作品がマダムに選ばれる喜び。淡々と描かれていくヘールシャムの生活に謎めいた挿話が埋め込まれていきます。

そんな中、ルーシー先生は、決意を込めて言います。
「あなた方は、教わっているようで実は教わっていません。それが問題です。形ばかり教わっていても、誰一人、本当に理解しているとは思えません。そういう現状をよしとしておられる方も一部いるようですが、わたしはいやです。あなた方には見苦しい人生を送ってほしくありません。そのためにも、正しく知っておいてほしい。
ーー中略ーー
あなた方は一つの目的のためにこの世に生み出されていて、将来は決定済みです。ですから、無益な空想はもうやめなかればなりません。間もなくヘールシャムを出ていき、遠からず、最初の提供を準備する日が来るでしょう。それを覚えておいてください。みっともない人生にしないため、自分が何者で、先に何が待っているかを知っておいてください」
そして、ルーシー先生はへルーシャムを去っていきます。

やがて、十八歳になると仲間たちはヘールシャムを出ていくことになります。
いよいよ提供者としての彼らの生活が始まります。
トミーをめぐるキャシーーとルースの恋心と終了と言う言葉の意味の冷徹と猶予申請とは・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画(DVD) わたしを離さないで

D113708571
製作年度: 2010年
上映時間: 105分

キャスト(役名)
キャリー・マリガン (Kathy)
アンドリュー・ガーフィールド (Tommy)
キーラ・ナイトレイ (Ruth)
シャーロット・ランプリング (Miss Emily)

スタッフ
監督 マーク・ロマネク
製作総指揮 アレックス・ガーランド
カズオ・イシグロ
テッサ・ロス
製作 アンドリュー・マクドナルド
アロン・ライヒ
脚本 アレックス・ガーランド
原作 カズオ・イシグロ
撮影 アダム・キンメル
音楽 レイチェル・ポートマン

カズオ・イシグロの名著を底本として映画化されています。
完全なコピーではありませんが、見事にカズオ・イシグロの問うている根源的ものを映画化しています。映画を見てから本を読んでも良いのかもしれないと思いました、いや矢張り本からの方うが良いかな~
是非、本も映画も。
キャシー役のキャリー・マリガン がとても良い、勿論ルース役のキーラ・ナイトレイも。

ラストシーンは忘れられませんね。
ルースは夕日に照らされ地平線を見ながら・・・・・
私は自分に問う、私達と私達が救った人々に違いが?
皆”終了”する。
”生”を理解することなく
命は尽きるのだ。

以下、本の紹介で投稿した時の拙文を再度(映画のストーリー展開はチョット違います)

私の名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人を十一年以上やってます。
この小説の冒頭部分です。
寄宿施設ヘールシャムで生まれ育った、親友トミー、ルースの介護人も努めたキャシーは、あと八か月、今年の終わりまでは勤めてくれと言われている。

物語は、遡って生まれ育ったヘールシャムでの生活が、親友キャシー、トミー、ルースを中心に丹念な筆致で回想されていきます。
保護官といわれる教師、図画工作に熱心な教育、定期的に訪れる謎めいたマダム、展示会の存在?そして作品がマダムに選ばれる喜び。淡々と描かれていくヘールシャムの生活に謎めいた挿話が埋め込まれていきます。

そんな中、ルーシー先生は、決意を込めて言います。
「あなた方は、教わっているようで実は教わっていません。それが問題です。形ばかり教わっていても、誰一人、本当に理解しているとは思えません。そういう現状をよしとしておられる方も一部いるようですが、わたしはいやです。あなた方には見苦しい人生を送ってほしくありません。そのためにも、正しく知っておいてほしい。
ーー中略ーー
あなた方は一つの目的のためにこの世に生み出されていて、将来は決定済みです。ですから、無益な空想はもうやめなかればなりません。間もなくヘールシャムを出ていき、遠からず、最初の提供を準備する日が来るでしょう。それを覚えておいてください。みっともない人生にしないため、自分が何者で、先に何が待っているかを知っておいてください」
そして、ルーシー先生はへルーシャムを去っていきます。

やがて、十八歳になると仲間たちはヘールシャムを出ていくことになります。
いよいよ提供者としての彼らの生活が始まります。
トミーをめぐるキャシーーとルースの恋心と終了と言う言葉の意味の冷徹と猶予申請とは・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧