« ピーター・ドイグ展 | トップページ | サントリー美術館 リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 »

2020.10.03

キセキレイ、セグロセキレイ(散歩中に出会った野鳥を撮ってみました。2020年9月)

うるさいくらいの「セミの声」が静まり「小鳥のさえずり」が少しづつ聞こえるようになってきました。

私の散歩道で沢山の(多種類の)小鳥を見つけることはできないと思いますが・・・

9月末に、
キセキレイとセグロセキレイを撮ることができました。
(画像クリックで拡大表示になります)
Dsc03851
Dsc03852 Dsc03855キセキレイは、セキレイの仲間で、胸から腹にかけての部分が黄色いのでキセキレイの名があります。
全長20cm。細身で尾の長い鳥。九州以北のほぼ全国で繁殖しています。渓流・河原・水田辺りに生息します。
「チチツチチツ」と鳴きながら大きな波形を描いて飛びます。

オスは喉が黒くなるので、この個体はメスですね。

 


セグロセキレイは、
じっとして居てくれないので撮るのが大変でした。
Dsc03909

虫を捕まえて啄んでいます。
(以下の画像はトリミングしてます) 001_20201003032301
01_20201002182901  セグロセキレイは全長21cm、全体が白黒模様のセキレイの仲間で頭から背と胸が黒色です。
北海道から九州までの河川や池沼畔などに棲息しています。
「ジジッ ジジッ」という鳴き声で上下に揺れて飛びます。
近年、日本では急速に分布を拡げているハクセキレイとの縄張り争いで、個体数が減少する傾向にあるそうです。
日本特産種でもあります。

メスは背中が灰黒色なので、この個体はオスかな?

 

 

|

« ピーター・ドイグ展 | トップページ | サントリー美術館 リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 »

コメント

同じ場所を散歩しているので、そんなに多くの野鳥には出会えませんが、野鳥を探しながら、季節の花を愛でながらの散歩は癒しのひと時です。
カワセミには毎日のように出逢います。

投稿: 岩城さんへ | 2020.10.03 22:06

色々と珍しい野鳥が撮影できますね。ベストショット素晴らしいですね。

投稿: 岩城 | 2020.10.03 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピーター・ドイグ展 | トップページ | サントリー美術館 リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 »