« 横山華山展 | トップページ | 「箱根仙石原のすすき」を見に行って来ました。2018年10月 »

2018.10.20

中国書画精華-名品の魅力-(後期展示)

中国書画精華-名品の魅力-(後期展示)に行ってきました。

東京国立博物館東洋館 8室

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)


国宝、重要文化財の作品がずらり展示されているのですが・・・空いているんですよね~
一級品をゆっくり堪能できる展覧会です。
(書に興味をお持ちの方にもおすすめ!)

「足利義満、豊臣秀吉、西本願寺、酒井家などの所蔵を経ました」なんて言う解説を読んじゃうと・・・思わず「ウーム」ですよね。

以下に展示作品の一部をご紹介します。

001

002
重文  六祖截竹図(りくそせっちくず)  梁楷筆 紙本墨画 南宋時代 13世紀
梁楷は南宋時代の宮廷画家、簡素で早々とした「減筆体」の水墨人物画が、後世に影響を与えました。本図は禅僧・慧能(638~713)が竹を切る一瞬をとらえています。足利義満・豊臣秀吉・西本願寺・酒井家などの所蔵を経ました。(キャプションを引用)

003
重文 二祖調心図軸 伝石恪筆 中国 南宋時代・13世紀

004
重文 二祖調心図軸 伝石恪筆 中国 南宋時代・13世紀

005
李白吟行図
重文 李白吟行図軸 梁楷筆 中国 南宋時代・13世紀
詩を口ずさみながら夕闇を歩む李白を描いています。

006
国宝 寒山拾得図軸 1幅 因陀羅筆 中国 元時代・14世紀
因陀羅は,本図の款記によれば,法名を壬梵因といい,ベン梁(開封)の大光教禅寺に住し大師号を授けられた高僧である。(キャプションから)

008
重文 離合山水図軸 2幅 杜貫道賛 中国 明時代・14世紀

009_2
重文 五龍図巻(部分) 伝陳容筆 中国 南宋時代・13世紀

010
重文 五龍図巻(部分) 伝陳容筆 中国 南宋時代・13世紀

一部の作品を除いて撮影可ですす。(条件あり)
(スマホで撮りました。トリミングしている写真もあります)


|

« 横山華山展 | トップページ | 「箱根仙石原のすすき」を見に行って来ました。2018年10月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26694/67291893

この記事へのトラックバック一覧です: 中国書画精華-名品の魅力-(後期展示):

« 横山華山展 | トップページ | 「箱根仙石原のすすき」を見に行って来ました。2018年10月 »