« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017.04.30

ウェアラブル活動量計を再度使い始めました。

Up
JAWBONE UP初代機


ウェアラブル活動量計を再度使い始めました。
睡眠にに満足感が得られない状態が長く続いているのが理由です。

解決方法は分かっているのつもりですが・・・
生活習慣を変える動機にしようという魂胆です。
先ず、現状把握・・睡眠状態を定量的に把握しようというわけです。

ということで、JAWBONE UPを再度購入しました。
数年前にJAWBONE UPの初代期を1年間使いました。
当時、Mサイズのオニキス(黒)が品薄で入荷待ちの状態でした。

「1年間使った」というのは・・・1年使ったら壊れたという意味でもあります。
汗による、「モード変更スイッチ」部分のアルミ材の酸化による腐食と理解しています。
この類の製品の寿命は、この程度と思っておいた方がいいと思います。
使用環境は結構過酷ですからね。

数年前、最初に購入した時は12,000円程度と記憶していますが、今回は、2,480円でした。
いずれもAmazonで購入しました。
同じ初代機ですから、どこかの商社の在庫処分でしょう。
Amazonから「お勧め製品」のメールが入って、安かったので即注文!

ちなみにJAWBONE UPの最新機種は第三世代UP3だと思います。
ソフト、ハード、品質面でもバージョンアップしているはずです。
(基本的には、ブルートゥース対応か否かの違いかな〜)
JAWBONE UPのHPはこちら


Up2_2
初代機はイヤフォンジャックで同期します。

活動量計は、数千円から2万円以上のものまで国内外各社の製品があります。

心拍数も記録できる製品が主流で人気のようですが(1〜2万円)・・・活動量計ってどんん物?と興味のある方は、安価なものから入門というのもいいかもしれませんね。


JAWBONE UPのうたい文句は、
「リストバンドとアプリの連動によって睡眠、運動、食事をライブログとして一括管理、自分自身をよく理解して、これまで以上に健康で輝く毎日を。」

ライブログの中身。
睡眠
睡眠時間
深い眠り   浅い眠り
入眠      寝ていた時間
目覚めていた時間  目覚めた回数

運動
歩数  移動距離
活動時間  総消費量
最長活動時間   活動時消費量
最長非活動時間  非活動時消費量

食事
は使わないな~

その他、目覚まし機能、一定時間動かないと促す機能などもあります。

iPhoneのヘルスケアを初め各種アプリとの連携もできます。

まあ、これだけの機能で2,480円は安い!ともいえますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

S

六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝は、
サントリー美術館で開催されています。
会期 2017年3月29日(水)~5月14日(日)
※作品保護のため、会期中展示替をおこないます。

絵巻の名称をタイトルに冠した企画展は、過去に沢山ありました。
長い行列に並んで鑑賞というのも度々です。

さて、この企画展のコメントに、
「今までにない絵巻展をぜひお楽しみください。」とあります。
《絵巻マニア》とでも呼ぶべき愛好者たちに注目し、鑑賞記録などをたどりながら、その熱烈な絵巻享受の様相を探る・・・・ということで、各章のタイトルはそのマニアの方々です。
古文書と素晴らしい、楽しい絵巻で歴史的背景と社会、マニアの置かれた立場を探ります。

展覧会の構成は以下の通りです。
序章 後白河院
後白河院は蓮華王院に設けた宝蔵に多様な宝物を秘蔵していました。
「病草紙断簡 不眠の女」もかつて蓮華王院に収められていた六道絵のうち、病に苦しむ人道の苦悩を表したものと理解されています。
7
《 病草紙断簡 不眠の女》 一幅 平安時代 12世紀
サントリー美術館
(釈文)
山との国、葛木下郡に
片岡という所に女あり。取り立てて
痛むところなけれども、夜になれ
ども、寝いらるることなし、夜もすがら起
きて「何よりも侘しきことなり」とぞ言ひける。

第1章 花園院
伏見院と花園天皇父子の周辺で絵画制作したのが絵所預・高階隆兼です。
平安時代以来の絵画伝統を継承し、さらに昇華させた高階隆兼の様式は、もうひとつつの絵巻黄金期を生み出しました。
2
《春日権現権記絵》 巻九(部分) 高階隆兼 鎌倉時代 延慶2年(1309)頃
宮内庁三の丸尚蔵館
(あらすじ)
東山の寺で説教を聞いた貧しい女は、わが子を南都の興福寺に入れると決意
「出家する子は宝」と、貧しい中、輿を雇い、母親も徒歩で続く
興福寺喜多院の空晴僧都に入門する息子(八歳)
三年後、母危篤の知らせを聞き、病床に駆け付ける少年
出家姿を見たいと願う母の為、剃髪する息子
やがて母は亡くなり、まだ幼い息子はただ泣くばかりだった
死者が一度は行くという閻魔王庁に辿り着く母
すると目の前に高貴な童子(春日大明神)が現れ、閻魔王も拝礼した
童子の宣託により、母親蘇生の命が下される
三日後に蘇生し、春日大明神に救われた次第を語る母
数年後、母は病で亡くなったが、息子は母の弔いに朝夕「法華経」を読誦した

第2章 後崇光院・後花園院 父子
後崇光院の皇子・後花園天皇もまた、絵巻を召し出し鑑賞したり、親子の間で絵巻を貸借していた様子が後崇光院の日記「看聞日記」から見て取れます。
例えば興福寺大乗院で重宝とされていた《玄奘三蔵絵》も、都に運ばれ、後花園天皇の被見の後、父・後崇光院へと貸し出されています。
3
国宝《玄奘三蔵絵》 巻四(部分) 鎌倉時代 14世紀 
藤田美術館 4/24まで展示
(あらすじ)
仏頂骨城で釈迦の頂骨を拝する玄奘
龍窟で礼拝を続けると仏の姿が浮かび上がる
南の山には、釈迦投身の遺跡があった
灯光城の龍窟に向かう
阿波羅龍泉で仏足石を見る
投身飼虎の地へたどり着く


6
《放屁合戦絵巻》 一巻(部分) 室町時代 文安6年(1449)
サントリー美術館

第3章 三条西実隆
室町時代後期を代表する学者公卿・三条西実隆は長期にわたる日記「実隆公記」を残しました。
実隆の絵巻愛好は、古画・名作の鑑賞にとどまりません。当代一流の文化人であった実隆は、詞書の清書や:物語の草稿執筆など多くの絵巻新作に関与し、晩年の《桑実寺縁起絵巻》制作では、チーフプロヂューサーの役割を担っていました。
5
重要文化財《桑実寺縁起絵巻》 土佐光茂画 巻上(部分) 室町時代 天文元年(1532) 
滋賀・桑實寺
(あらすじ)
海上に生えた桑の巨木から実が落ち、桑実山となった
やがてそこに、薬師如来を本尊に祀って建てられたのが桑實寺である
天智天皇の皇女阿閇姫、病床で琵琶湖が光輝く夢を見る
和尚、薬師如来出現の瑞相と告げる
天智天皇、光の射すところに寺を建立
天皇、定恵和尚に命じて法会を営ませる
湖上の奇瑞を拝む人々
湖上より薬師如来が現れる
薬師如来の光明が阿閇姫に届き、姫の病が平癒する


第4章 足利将軍家
第2章と第3章に挙げた公家の絵巻マニアたちと同時代に、時に競い、時に強調しながら熱中した、武家の絵巻愛好の様相をご紹介。


終章 松平定信
古画に関心の深かった定信は「集古十種」の続編とも言われる故実の図譜「古画類聚」の制作にも着手します古画と題しながらも、素材となった作品の大半は150点に近い絵巻です古文化財の調査・整理・分類だけでなく、絵巻の模写・修復・補作事業に尽力する気概は、彼の絵巻愛なくして語れないでしょう。


HPの解説です。
 文学と美術を融合させた「絵巻」は、日本で隆盛をみた芸術様式です。
現代人にとって絵巻といえば、美術館や博物館でガラス越しに出会うことが多いのではないでしょうか。しかし絵巻は本来、鑑賞者が実際に手にとって楽しむものであり、中世以来日本人は、その掌中で展開する絵物語に魅了されつづけてきました。
本展では、後白河院(ごしらかわいん)や花園院(はなぞのいん)、後崇光院(ごすこういん)、三条西実隆(さんじょうにしさねたか)、そして足利歴代将軍など《絵巻マニア》とでも呼ぶべき愛好者たちに注目し、鑑賞記録などをたどりながら、その熱烈な絵巻享受の様相を探ります。
マニアたちの絵巻愛は、鑑賞や蒐集だけにとどまりません。彼らの熱意は同時代の美術を牽引し、新たな潮流を生み出すエネルギーとなりました。有力パトロンでもあった絵巻マニアたちの姿を追うことで、知られざる絵巻制作の実態と背景もご紹介します。
絵巻マニアたちはそれぞれ個性に満ちています。この展覧会では、その列伝をお楽しみいただくとともに、歴代のマニアを俯瞰することで見えてくる、繰り返される絵巻の憧憬と再生の歴史を描き出します。かつて誰かが確かに愛した絵巻の名品が一堂に揃う本展は、絵巻マニアたちの狂おしいほどの情熱を追体験できる貴重な機会となるでしょう。今までにない絵巻展をぜひお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

レッサースローロリス(上野動物園)

廉価カメラで目一杯ズーム して撮っています。(2012年撮影・・廉価カメラしか持っていませんので)
しかも手持ちですので、カメラの揺れ、画像のブレがあります。
予めご容赦の上ご覧ください。


上野動物園で飼育されている「レッサースローロリス」です。
2012年に撮影した動画です。今でも飼育されていると思いますが?
次に行った時にでも確認してこようかと思っています。

可愛いですよね~

このとき使っていたのは、SONYのブロギーというカメラです。
結構使いました。
ブログを意識して企画された機種だと記憶しています。
比較的短期間で廃止機種になった様です。
(捨てないので・・今でも動くかもしれません?)

レッサースローロリスの生息地は、ベトナムからラオスにかけての限られた地域の森林です。

体の大きさは、体長約20cm、体重約200g

えさは、果実や昆虫、小動物をとらえて食べています。動物園では、果物、バッタなどをあたえています。

特徴:スローロリスに比べて半分くらいの大きさです。以前はスローロリスと同じ種と考えられていましたが、最近の研究では別の種とされています。1回の出産で生まれるのはふつう1頭ですが、まれにふたごが生まれます。単独で主に木の上でくらしている夜行性動物で、野生での生態はまだよくわかっていません。戦争による環境破壊の影響で、絶滅が心配されています。
(東京ズ―ネットより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

三の丸尚蔵館 第76回展「名所絵から風景画へ-情景との対話」

Photo

皇居周辺には沢山の美術館があり、時間の余裕があると東御苑に入って散策、三の丸尚蔵館にも入ります。

東御苑の様子→皇居東御苑2017年4月

2006年の3月~9月にかけて三の丸尚蔵館で開催された、第40回展「花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」で「動植綵絵」全30幅が5期に分けて展示されました。
今日の若冲ブームの火付け役になったと記憶しています。

5期に分けて展示したのは、もったいぶって小出しにしたわけではなく、手狭な展示空間もあってのことですね。

ところで、2022年度完成予定で三の丸尚蔵館の増築・改修する基本構想を、宮内庁が発表しています。総床面積は約3倍の約4800平方メートルとなり、皇居の概要や皇室の歴史などを紹介するスペースも新たに設けるそうです。
どの様な展示空間になるのか?楽しみですね。


ということで、
三の丸尚蔵館 第76回展「名所絵から風景画へ-情景との対話」展前期に行ってきました。

開催期間:平成29年3月25日(土)~6月25日(日)    
        前期:3月25日(土)~4月23日(日)
        中期:4月29日(土・祝)~5月21日(日)
        後期:5月27日(土)~6月25日(日)
入館無料 

展示構成は以下の通りです。
1 歌絵、名所絵、やまとのこころ
2 憧憬の地をえがく――和漢の理想郷
3 真景図――実景描写の試み
4 情趣の景――風景画の誕生

軸絵を中心に巻物、屏風絵、油彩画が展示されています。

第76回展「名所絵から風景画へ-情景との対話」出品目録 

前期は、川端玉章、 野口小蘋 、山元春挙 、円山応挙、和田英作、川合玉堂などによる作品13点の展示です。
雨上がりの山間地に虹が出て、何やら作業をする人を小さく配置した玉堂らしい素晴らしい作品がお気に入りでした。
5
雨後 川合玉堂 大正13年(1924) 絹本着色 1幅 95.1×176.0 前期

3
海辺図 円山応挙 江戸時代中期(18世紀) 紙本淡彩 1幅 23.3×30.0 中期

Photo_2
唐土名勝図屏風 雲谷派 江戸時代中期(17~18世紀) 絹本墨画着色 8曲1双のうち右隻 108.3×367.8 後期

2
北海道忍路高島真景 野村文挙 明治43年(1910) 絹本着色 対幅 各167.6×84.9 後期

4
夾竹桃 山本森之助 大正3年(1914) 油彩・キャンバス 1面 59.4×44.2 後期

HPの解説です。
 四季山水に恵まれたわが国では,古来より風光明媚な名所が和歌の歌枕として詠み込まれ,風雅なイメージが形成されていきました。そして名所を題材にした名所絵や歌絵は人々に親しまれ,様々な変遷を遂げて,現在の私たちが親しむ風景画へと発展してきました。本展では日本人の自然観の形成と深く関わる名所絵から,身近な光景に情緒や景趣を見出そうと試みた風景画まで,近世から近代にかけて描かれた作品を中心に紹介します。
名所絵や歌絵を日本の風景画の原点と考えるなら,鎌倉から室町時代にかけて伝来した中国の山水図は,そこに一石を投じ風景描写の幅を広げたと言えます。日本では見られない懸崖な山容や神仙思想に基づく崇高な山水の姿は絵師や文人たちの心を動かし,見ることのかなわない東洋の風景は憧憬の対象となり,一種の理想郷としてわが国でも描き継がれることとなります。
江戸時代に入ると,交通網が整備され,諸国の遊歴が盛んになったこともあり,これらの概念的な名所絵,山水図とは別に実景描写に基づく真景図が登場します。絵師たちは和歌に詠まれた名所を実際に訪ね,また新たな名勝地と遭遇し,写実的で真に迫った描写を行うようになりました。
そして明治時代以降,新たに流入した西洋画を目にした画家たちは伝統的な名所や有名な景勝地でなくても,自然の明暗や大気そのものが十分に画題となり得ることを知り,新たな風景画を展開していきます。
人の心に映る風景,そしてそれを写す人の心情―その景観は,豊かな人間性が培ってきた文化の奥深さの表象とも言えます。本展をご覧いただき,美しい景色に心を託すことの歓びを再認識していただければ幸いです

東御苑散策の折には是非寄ってみてはいかがでしょうか・・・
月・金曜日は休苑日(休館日)ですよ!

こちらもついでに・・・
国立公文書館
近美から北の丸公園に行く途中にあります。
5/7迄「平成 29 年春の特別展「誕生 日本国憲法」」が開催されています。
生み出された新憲法誕生のあゆみをたどります。

続きを読む "三の丸尚蔵館 第76回展「名所絵から風景画へ-情景との対話」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村

Photo

「日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村」展は、

国立西洋美術館の[新館展示室](常設展示室内)で開催されています。
常設展示室の入場券で観ることができます。

会期 2017年2月10日(金)~5月28日(日)

海岸の村の素朴な生活、大気の湿度まで伝わってくるような色調は、とても新鮮で良い作品ばかりです。
素描も含めて59点の作品が展示されています。
素描は、アンナ・アンカー、P.Sクイヤー、ミカエル・アンカーの作品で構成されていますが・・・画家の実力が伝わてきます。

HPの解説。
 潮風が舞う荒野、白い砂浜、どこまでも広がる空と海。バルト海と北海にはさまれたユトランド半島の最北端に位置するスケーエンは、19世紀のデンマークの人々にとって、自国の中の異郷でした。しかし1870年代から、首都コペンハーゲンで活動していた若い画家たち数人がここを訪れ、その広漠とした自然の光景に惹きつけられます。スケーエンの独特の風土は次第に芸術家たちのあいだで関心を呼び、鉄道の駅も港さえもなかった小さな漁村は、19世紀末から20世紀初めにかけて、北欧の国々から画家や詩人、作曲家などが集まる国際的な芸術家村として知られるようになりました。

スケーエンを制作の拠点とした画家たちは、フランスに発祥してヨーロッパ絵画の新しい潮流となっていた自然主義の考え方に立ち、漁師たちの労働、海辺の風景、素朴な村人たちの生活、芸術家とその家族の日常を題材とした作品を描きました。現実そのものの中から自然と人間の本質にかかわる主題を見出した彼らの作品は、当時のデンマークの美術界に「近代の革新」と呼ばれる転換をもたらし、今日もなおみずみずしい魅力を放っています。

デンマークと日本の外交関係樹立150周年を記念して開催される本展は、スケーエン美術館が所蔵する59点の作品により、デンマークの近代美術を代表するスケーエン派の絵画を紹介します。


展覧会の構成は次の通りです。

漁師たち
ミカエル・アンカーは救助のために嵐の海へ乗り出そうとするスケーエンの漁師たちを当代の英雄として描いた大作により、デンマークの美術界で大きな成功を収めました。他の画家たちは、日常の漁師たちが共同して働く場面を描きました。
4
ミカエル・アンカー《ボートを漕ぎ出す漁師たち》
1881年油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

2
ペーダー・セヴェリン・クロヤー《スケーエンの南海岸の画家たち》
1882年 9月15日油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

風景
1890年代に入ると、鉄道の開通による観光客の急増に伴い海岸の漁師たちの働く場としてだけでなく、人々の憩いの場として描かれるようになります。
Photo_2
ミカエル・アンカー《海辺の散歩》
1896年油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

3
アンナ・アンカー《戸外の説教》
1903年油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

室内
アンナ・アンカーは、スケーエン派の中で唯一の地元出身者です。19世紀には、女性が芸術家として活動するには大きな制約がありましたが、彼女は夫ミカエル・アンカーと対等の立場で絵画制作に取り組み、主として室内の主題を取り上げ家族のとりわけ母の肖像を描きました。
Sukeenn1
アンナ・アンカー《母の肖像》
1913年 油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

6
マリー・クロヤー《縫い物をする女性のいる室内》
制作年不詳油彩、カンヴァス
スケーエン美術館

マリー・クロイヤーとP.Sクイヤー
スケーエン芸術村の中心的存在だったP.Sクイヤーは1889年に当時22歳の画家マリー・トリプケと結婚。
その2年後から毎年夏を彼女と過ごします。
7
ペーダー・セヴェリン・クロヤー《ばら》
1893年 油彩、カンヴァス
スケーエン美術館
©The Art Museums of Skagen

5
ペーダー・セヴェリン・クロヤー《マリー・クロヤーの肖像1889 年、ステインビャーにて》
1889年油彩、カンヴァス
スケーエン美術館


続きを読む "日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―展

Photo

日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―展は、
パナソニック汐留ミュージアムで開催されています。
会期 2017年4月8日(土)~6月25日(日)
(水曜日が定休日ですから注意してくださいね!)

パナソニック汐留ミュージアムはご存知のとおり住宅関連事業ビル内の四階にありますから、年に一度は建築関連の展覧会が行われています。

今回の展覧会はちょっと変わった趣で、「フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン」という企画です。
展示方法にも工夫が凝らされています。
フランス人ならずとも、個性的な建築物は街中を歩いていると発見することがありますね!

こんな建物もあるんだな~
こんな感想を持ってるんだな~
住んでいる人の感想も面白いな~
・・・沢山教えてもらいました。

Photo
この方々が企画しました。

HPのコメントです。
 今をときめく人気の建築家に家を建ててもらったら、どんな住まいができるのか―日本在住30年のフランス人建築家マニュエル・タルディッツ氏を中心とした4人のフランス人のチームが企画実現した、日本の住宅建築を紹介する展覧会がヨーロッパの各都市を巡回し帰国します。日本列島の豊かな地理と自然環境に加え、対極的な都市の過密などあらゆる条件のもとで、他国に見られない独自の発展をたどってきた住宅建築から、名作約70件を紹介します。

この企画展の構成は次の通りです。
写真は「特別な許可を得て撮影しています」

昨日の家
二次世界大戦直前の1933年に竣工したアントニン・レーモンドによる軽井沢の別荘から、1984年の伊東豊雄の自邸「シルバーハット」まで、日本の近代の建築理論が住宅のなかに凝縮された代表的な作品群14点の展示です。
6

5

ご存知有名建築家の作品が並んでいます。
前川國男邸の模型も展示されています。
国立西洋美術館新館、東京文化会館、新宿紀伊国屋書店にはよく行くので・・・お馴染みです。
江戸東京たてもの園に移築されている自邸を観に行こうと思いながら・・未だ行けてないな~なんて思いながら見てきました。
Img_4381s

Photo_3


今の家
本展の中心となる「今の家」では、若手および実力派の手がけた住宅20選とそこに住む人々の生活に注目します。展示では写真、映像、ドローイング、スケッチ、インタビュー、模型を紹介し、それぞれの作品の魅力を詳しく紹介しています。(HPから)

7

解説パネルには必ず「フランス人建築家のここが驚いた!」という吹き出しのコメントと住み手とのQ&A
が添えられています。
加えてILinkRay(光IDソリューション)スポットライト型が利用できるようになっていました。

私は展覧会場その場で、スマホにソフトをダウンロードして初体験・・・光にスマホをかざすだけで快適アクセスできて使い勝手良好でした。(建築家の経歴やQ&Aが手元のスマホ画面で読めます )
予めダウンロードしておくのがお勧めです。
詳しくは、以下クリックで・・・
事前にアプリを入手! 会場では光にスマホをかざすだけ!

12

11

10

9


Photo_4

東京の家
「東京の家」と題するシリーズを発表しているジェレミ・ステラ氏の現在54点まで制作されている中の36点を展示しています。この街の風景の中に存在する建物という観点でドキュメンタリータッチで捉えた良い作品が並んでいます。
3_2

4

Photo_2
妹島和世 梅林の家 2003年 撮影:ジェレミ・ステラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.16

桜、小田原城、御幸の浜 2017年4月

小田原城には何度か行っていますが、平成の大改修完了ということなので、この桜の時期に行ってみようと・・・
11時前に小田原駅に到着。
駅前商店街を通り抜けてお濠沿いの桜並木を歩き、学橋から小田原場内に入りました。

二の丸広場にも桜並木があって、眺めながら通り抜け銅門、馬出門周辺を散策。
常盤木橋を渡って階段を上り常盤木門をくぐると本丸広場にピカピカの天守閣がそびえます。

本丸広場には、売店休憩所があり、桜の下ではビニールシートを敷いて宴会?の人達も居ました。上野ほどではないですが・・・
私も桜の下のベンチに座ってのんびり昼食。

その後、遊園地に下りて・・・ここの桜も見事に咲き誇り、桜越しに見る天守閣は絶景でした。

2
学橋と桜。

1
二の丸広場の桜並木。

3
常盤木橋


1
本丸広場で・・

2
遊園地から天守閣を望む。

小田原城の前身は、室町時代に西相模一帯を支配していた大森氏が、現在の県立小田原高等学校付近の高台(八幡山)に築いた山城でした。城の規模や築城年は明らかになっていませんが、15世紀の中頃に造られたのではないかと考えられています。 15世紀末、伊勢宗瑞(後の北条早雲)が小田原に進出し、以後、北条氏が5代約100年にわたって関東での勢力を拡大していきました。小田原城は、関東支配の中心拠点として整備拡張され、豊臣秀吉の来攻に備え城下を囲む総延長9kmに及ぶ総そうがまえ構の出現に至ってその規模は最大に達しました。 しかし、天正18年(1590)、石垣山一夜城の築城をはじめとする秀吉の小田原攻めにより北条氏は滅亡し、戦国時代が終焉を迎えました。 北条氏滅亡後、徳川家康に従って小田原攻めに参戦した大久保氏が城主となり、城は近世城郭の姿に改修されました。その後、大久保氏の改易にあたり、城は破却されましたが、稲葉氏の入城の際に再整備され、城の姿は一新されました。 貞享3年(1686)に再び大久保氏が城主となり、小田原城は東海道で箱根の関所を控えた関東地方の防御の要として幕末に至りました。 小田原城は、明治3年(1870)に廃城となり、明治5年までに城内の多くの建物は解体されました。後に、小田原・足柄県庁・神奈川県支庁の所在地となり、さらに明治34年には、二の丸に御用邸が建てられました。しかし、大正12年(1923)9月の関東大震災により御用邸のほか石垣もほぼ全壊し、江戸時代の姿は失われてしまいました。 その後、昭和9年(1934)に隅櫓が再建され、昭和35年(1960)5月には廃城以来90年ぶりに市民待望の天守閣が復興されました。続いて昭和46年(1971)3月に常盤木門が、平成9年10月に銅門、平成21年3月には馬出門が完成しました。 小田原城は、昭和13年(1938)8月に二の丸・三の丸の一部が、昭和34年(1959)5月に本丸と二の丸の残り全部が国の史跡に指定されています。


帰るにはまだ早いと思って・・・
御幸の浜に寄り道、もう一度小田原城に行き、夕方小田原駅に戻りました。
御幸の浜には人影もまばら、犬を連れて散歩する老人、小石を拾うアベック、男女4人組の外国人、その他数人という風景。
私も小一時間柔らかい陽射しの下、海を眺めてのんびり過ごしました。
潮騒のリズムは心地いいですね〜 

5
御幸の浜


小田原の桜は、まだ数日は持ちこたえそうです。
4
駅に戻って天守閣を振り返る。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.04.14

47都道府県の子供たちへのものづくり 47こども道具展

Photo_7

47こども道具展は、
渋谷ヒカリエ8階d47 MUSEUMで開催されています。

会 期 2017年4月 6日(木) - 2017年6月11日(日)
時 間 11:00〜20:00(最終入場19:30)
料 金 入場無料

渋谷ヒカリエ8階へは、時間調整で(失礼)行くことが多いのですが、何時も、とてもいい企画展示があり、楽しませてくれます。
特にd47 MUSEUMはお勧めです。
各県の(各地の)こだわりの製品が購入できるのも魅力ですね!

今回は、メーカーこだわりの「子供の道具」です。
子供たち自身が使う器、おもちゃ、衣服、家具などを47都道府県から集め、展示・販売しています。

HPのコメント。

47都道府県の子供たちへのものづくり

d47 MUSEUMでは「クラフトビール」「グッドデザイン賞」「アクセサリー」など、毎回様々なテーマで、47の日本の個性を47台の常設展示台を使い紹介してきました。第18回の企画展となる今回のテーマは「子供の道具」です。子供たち自身が使う器、おもちゃ、衣服、家具などを47都道府県から集め、展示・販売します。
日本のものづくりの再発見や、「生活工芸」への注目が集まる今、日本各地にある技術やデザインの力が「子供たち」にどう向き合おうとしているのかを見たいと思い企画しました。曲げ木の伝統技術を活かしてつくられる木製バイクや、地場産業の繊維業が発展して生まれたセミオーダーの子供服など、その土地らしい技術から生まれる「子供の道具」のデザインや発想から、現代日本の「優しさ」を感じてみたいと思います。
また、私たち大人が「子供用品」と「産地」の結びつきを見い出すことで、自分が使う道具に故郷があるという幸せを感じ、いつか親子で産地を旅するきっかけにつながれば幸いです。

d47 MUSEUM ディレクター黒江美穂

3

1

2

Photo
山口
おこちゃまエプロン
岩川旗店
海の町の旗店がつくる
「おめでたい」エプロン

Photo_2
大分
竹のはさみ
中村さとみ
竹細工の技術でつくる
驚きをくれる竹のはさみ

Photo_3
富山
ジャポニカフレンド
ショウワノート
老舗学習帳メーカーの
友達のようなノート

Photo_4
青森
おやさいクレヨン
青森で採れた野菜でつくる
口に入れても安心なクレヨン

Photo_5
群馬
森のカスタネット
カスタネット工房富澤健一
森の再生と一緒に歩む
復活した無垢のカスタネット

Photo_6
高知
くじらナイフ
冨士源刃物制作所
土佐刃物の新しい形
初めての本物の刃物

続きを読む "47都道府県の子供たちへのものづくり 47こども道具展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.12

東博庭園開放と上野さくら祭り。

東京国立博物館春の庭園開放
2017年3月14日(火)~2017年5月7日(日)
時間10:00~16:00 ※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30まで

金曜日の夕方、上野に寄り道です。
恩賜公園の桜は満開でしたが、トーハクの庭園の桜は盛りを過ぎていました。
喧騒と静寂です。

本館では「博物館でお花見を」が開催されていました。(4/9まで)
こちらは、事前に観ていたので、今回は展示会場をざっと一巡しただけですが、空いていました。

この日(4/7)は、庭園内で何か行事があったのでしょうか、茶室方面は通行禁止になっていて、ほんの一部のみの開放でした。

1
トーハク庭園

2
トーハク庭園

4
トーハク庭園


東博の庭園開放(この日は部分開放)

トーハク動画ナビ。

東京国立博物館 庭園と茶室。
TokyoNationalMuseum

HPから。

本館北側の庭園を公開します。由緒ある5棟の茶室が点在する庭園を散策してみませんか。ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラ、ヤエベニヒガン、エドヒガンシダレなど、約10種類の桜が次々と開花する庭園は、1年でもっとも美しい花の園になります。
今年は特別に、例年より長い期間お楽しみいただけます。

3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30までライトアップを実施します。
※ ライトアップ時間(16:00~19:30)中は、本館側のみ立ち入り可能となります。

特別展「茶の湯」の開幕にあわせて、2017年4月11日(火)~5月7日(日)の期間、茶室「転合庵」の内部を外からご覧いただけます(4月15日(土)、30日(日)を除く)。

日程 2017年3月14日(火) ~ 2017年5月7日(日)
時間10:00~16:00 ※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は19:30まで
会場庭園
入口入口は2ヵ所あります。
(1) 本館を正面に見て右側、レストランゆりの木側の入口
(2) 本館を正面に見て左側、平成館との間の入口
料金入館料のみでご覧いただけます。
カフェMOTOYA EXPRESS
桜の美しい庭園を眺めながら、優雅なコーヒーブレイクを。
※3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は18:00まで
(ラストオーダーは閉店の15分前)
※庭園開放中止の場合は休み
注意事項お茶室の中に入ることはできません。また、お茶室貸出利用時はお茶室を間近でご覧いただけない場合もございます。
悪天候の時は庭園開放は中止となり、その翌日も庭園の状態により中止する場合があります。
庭園開放中止の場合は、正門の掲示にてお知らせいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

うえの桜まつり

上野公園一帯には約1200本の桜があります。
上野の桜は、かつて寛永寺を創建した天海僧正が吉野山から桜を移植したことから始まります。以来、江戸一番の桜の名所として今日に及びます。

Photo_3
東照宮参道

20171
桜並木


20175
トーハクの本館を遠望。


20172
清水堂

Photo
弁天堂参道

Photo_4
ボート池

20173
桜並木に日が暮れて・・


上野恩賜公園
東照宮参道→桜並木→清水堂→弁天堂参道→ボート池→夕刻の桜並木。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.10

山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ―

Photo

山種コレクション名品選Ⅳ
日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ―は、
山種美術館で開催されています。

会期 2017年2月16日(木)~4月16日(日)

山種美術館が千鳥ヶ淵にあったころから通っているので、一度は見たことのある作品が、展示されているのですが、理解が深まるという意味で通うのもいいかもと・・・

千鳥ヶ淵にあったころは、この時期「桜、サクラ、さくら」でしたっけ、特集展示でしたよね。
近所のイタリア会館にもついでに?寄ってみたものですが・・・今のイタリア開館の展示はどうなっているのでしょうか?勿論千鳥ヶ淵の桜見物も。

開館50周年記念特別展ということですが、昨年から今年にかけて、何周年記念展って多いな~という気がしますが、どうなのでしょう?

今回は、「山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 」で、
以下の展示構成になっています。
(今回も撮影可の作品が2点ありました。撮ろうと思いましたが作品前面ガラスへの会場風景の映り込みが激しく断念しました)
展示作品は全て山種美術館所蔵品です。

第 1 章 近代の東京画壇
岡倉天心によって1898(明治31)年に創設された在野の美術団体・日本美術院は、紆余曲折を経ながらも現在まで続き、小林古径、安田靫彦、奥村土牛、平山郁夫など、数々の著名な画家を輩出しています。(HPから)

(合計24名の画家の作品が展示されています)
橋本 雅邦 、野口 小蘋、 渡辺 省亭、 小堀 鞆音、 横山 大観、 荒木 十畝、 下村 観山、 西郷 孤月、 川合 玉堂、 菱田 春草、 鏑木 清方、 今村 紫紅、 松岡 映丘 、 小林 古径 、 石井 林響 、川端 龍子、 小茂田 青樹 、 速水 御舟、落合 朗風、中村 岳陵 、荻生 天泉 、吉村 忠夫 、川﨑 小虎

2
小堀 鞆音 1864-1931 那須宗隆射扇図 1890(明治 23)年 絹本・彩色

4
菱田 春草 1874-1911
月四題のうち秋 (明治 42-43)年頃絹本・墨画淡彩


5
荒木 十畝 1872-1944
四季花鳥のうち春(華陰鳥語)
1917(大正 6)年 絹本・彩色

1
安田 靫彦 1884-1978 出陣の舞 1970(昭和 45)年 紙本・彩色

第 2 章 戦後の東京画壇
一方、1907(明治40)年、初の官営の美術展覧会として始まった文展は、日本画の近代化の上で重要な役割を担い、帝展、戦後の日展へと継承され、川合玉堂、東山魁夷、杉山寧、髙山辰雄など多くの画家が活躍する舞台となっています。(HPから」)

(合計16名の画家の作品が展示されています)
山口 蓬春 、 伊東 深水、橋本 明治、 東山 魁夷、 杉山 寧、 奥田 元宋、 髙山 辰雄、 安田 靫彦、 前田 青邨 、 奥村 土牛、 小倉 遊亀、 片岡 球子、 守屋 多々志、 横山 操、 加山 又造、 平山 郁夫


3
東山 魁夷 1908-1999
春静 1968(昭和 43)年 紙本・彩色


Photo_2
奥村 土牛 1889-1990
鳴門 1959(昭和 34)年 紙本・彩色


HPの解説。

開館50周年記念特別展の最後を飾る本展では、前回展の「京都編」に続き、「東京編」として東京画壇の日本画家の作品をご紹介します。

激しい近代化の波が押しよせた明治時代、画家たちは新しい日本画のあり方を求めて模索していました。 東京美術学校の岡倉天心による指導のもと、横山大観、下村観山、菱田春草らが古典研究を重視しながらも、時代にふさわしい画題や表現を追求していきました。天心によって1898(明治31)年に創設された在野の美術団体・日本美術院は、紆余曲折を経ながらも現在まで続き、小林古径、安田靫彦、奥村土牛、平山郁夫など、数々の著名な画家を輩出しています。一方、1907(明治40)年、初の官営の美術展覧会として始まった文展は、日本画の近代化の上で重要な役割を担い、帝展、戦後の日展へと継承され、川合玉堂、東山魁夷、杉山寧、髙山辰雄など多くの画家が活躍する舞台となっています。本展では、院展と日展の日本画家の作品を中心に、東京画壇の歴史に名を刻む主要な作品を一堂に展示いたします。

当館の創立者で初代館長の山崎種二は、戦前・戦後を通して同時代の画家たちを支援し、直接交流しながらそのコレクションを築いていきました。開館のきっかけは、大観の「世の中のためになることをやったらどうか」という言葉であり、また周年などの節目の年に、画家たちが種二の依頼で揮毫した作品が当館コレクションに加わるなど、50年の歩みの中には、画家たちとの交流の軌跡が残されています。美術の教科書に登場するような名品の数々と、当館創立者・山﨑種二と画家とのエピソードを交えながら紹介し、近代から現代にいたる東京画壇の歩みをご覧いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 

Tato1_2

「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 は、
川崎市岡本太郎美術館で開催されています。
(4/9今日までです)

会期 2017年2月3日(金)~ 4月9日(日)

定期的に開催される若い美術家のコンペ作品展は、なるべく見るようにしています。
今を生きる美術家の置かれた環境、指向、思考は、如何に?
「つまんない作品ばかりだな~」と思うこともあり「この人面白い」なんていう作家もありです。

「岡本太郎現代芸術賞」は面白い作品が比較的集まるコンペ受賞作品展で、毎年楽しみにしています。


スマホで撮りっぱなしの写真です。会場の(作品の)雰囲気が少しでも伝わればと思って・・・


受賞作品は以下の通りです。
Taro2
岡本太郎賞
作家名=山本 直樹/YAMAMOTO Naoki
受賞作品《Miss Ileのみた風景》

Taro3
岡本敏子賞
作家名=井原 宏蕗/IHARA Koro
受賞作品《cycling》

Taro6
特別賞
作家名=あべ ゆか/ABEYUKA.
受賞作品《BE GOD.》

Taro4_2
特別賞
作家名=井上 裕起/INOUE Yuki
受賞作品《salamander[F1]》

Taro5
特別賞
作家名=黒木 重雄/KUROKI Shigeo
受賞作品《One Day》


HPのコメント。

時代を創造する者は誰か!
時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。今年で20回目をむかえる本賞では、499点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、「第20回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.08

『フジフイルム・フォトコレクション』展 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」

Photo


FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展
『フジフイルム・フォトコレクション』展
日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」は、
フジフィルム スクエアで開催されています。

会期 2017年3月24日(金)~ 2017年4月12日(水)

日本写真史を概観できるとても良い企画展です。
「これ見たことある!」という写真が何点もあるはずです、そしてお馴染みの写真家の写真も・・・

六本木に行ったら、東京ミッドタウンに用事があったら、是非・・・お勧めですよ!

出展作家(作品の撮影年順)
フェリーチェ・ベアト 上野彦馬 下岡蓮杖 内田九一 日下部金兵衛
小川一真 鹿島清兵衛 福原信三 塩谷定好 桑原甲子雄
安井仲治 福原路草 田淵行男 濱谷浩 岡田紅陽
影山光洋 林忠彦 杵島隆 植田正治 木村伊兵衛
渡辺義雄 岩宮武二 大竹省二 大辻清司 田沼武能
鋤田正義 長野重一 石元泰博 川田喜久治 細江英公
緑川洋一 芳賀日出男 富山治夫 白簱史朗 高梨豊
立木義浩 桑原史成 坂田栄一郎 篠山紀信 土門拳
広田尚敬 小川隆之 久保田博二 土田ヒロミ 荒木経惟
沢渡朔 十文字美信 鈴木清 東松照明 森山大道
北井一夫 田村彰英 奈良原一高 森永純 有田泰而
木之下晃 原直久 江成常夫 倉田精二 杉山守
秋山亮二 操上和美 須田一政 南川三治郎 石内都
牛腸茂雄 深瀬昌久 前田真三 中村征夫 山崎博
北島敬三 水越武 入江泰吉 大西みつぐ 島尾伸三
普後均 ハービー・山口 伊藤義彦 山沢栄子 清家冨夫
長倉洋海 築地仁 水谷章人 宮本隆司 広川泰士
伊奈英次 上田義彦 竹内敏信 三好耕三 星野道夫
今道子 柴田敏雄 田中光常 齋藤亮一 潮田登久子
瀬戸正人 野町和嘉 秋山庄太郎 佐藤時啓 白岡順
鬼海弘雄

展覧会の構成は以下の通りです。
1、写真術の渡来 幕末~明治
  はじまり
  写真師たちの活躍
  アナチュア写真家の誕生
1
フェリーチェ・ベアト 「長崎、中島川」 1865年頃

2
日下部金兵衛 「舞子の浜の人力車」 1880年

2、芸術写真の興隆 大正~昭和戦前
  芸術写真の興隆
  近代的写真表現の登場
3
塩谷定好 「破船」 1929年

4
植田正治 「パパとママと子供たち」 1949年

3、報道写真と新たな表現の台頭 戦後唐1960年代
  リアリズム写真と新しい世代の台頭
5
林忠彦 「太宰治」 1946年

6
影山光洋 「手作り小麦の収穫祝いの食卓」 1946年6月29日

7
木村伊兵衛 「秋田おばこ 秋田 大曲」 1953年

8
富山治夫 「過密」《現代語感》より 1964年

4、新しい展開 1970年代前後
9
森山大道 「三沢の犬」 1971年

10
前田真三 「麦秋鮮烈」 1977年

11
荒木経惟 「センチメンタルな旅」 1977年

5、世紀末の展開 1980年~2000年
12
野町和嘉 「ライラトルカドルの礼拝 メッカ」 1995年

13
今道子 「タコ+メロン」 1989年 


HPの解説。

 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2017年3月24日(金)から4月12日(水)まで、FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展 『フジフイルム・フォトコレクション』展 ― 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」を開催いたします。
 本写真展は、2014年の富士フイルム株式会社(創立時は富士写真フイルム株式会社)創立80周年を記念し、「写真文化を守る」ことを基本理念として、幕末・明治から現代に至る、日本を代表する写真作家101人の記録的価値の高い最高作品を収集したものです。
 日本の写真史と写真界の発展の軌跡をご覧いただける本コレクションは、2014年にフジフイルム スクエア(東京)・富士フイルムフォトサロン大阪で展示の後、昨年末までに公立美術館を中心に7か所で巡回展示を行い、写真関係者のみならず美術や芸術に精通する方々からも高い評価をいただきました。
これらが評価され、公益社団法人企業メセナ協議会より「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT2015」 「同2016」の認定をいただきました。
 写真に造詣の深い方はもちろん、初めて写真史に触れる若い皆様にも、この機会に世界でも稀有な「写真文化」を築き上げた日本の写真の精髄を、最高の銀塩プリント作品でご堪能頂ければ幸いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

皇居東御苑2017年4月

昨日、国立近代美術館(竹橋)の企画展を観に行ってきました。

午前中は皇居東御苑の桜、午後から国立近代美術館という、この季節での習慣になっているコースで・・・・。

大手門から入り、三の丸尚三館で企画展を観て、本丸、天守台、二の丸庭園と歩いて、平川門から出ました。
そこから国立近代美術館に行きました。
(本丸の芝生に座てコンビニ弁当で昼食、ゴロンと横になって・・休憩。気持ちよかったですよ!)

桜は、今週末が一番の見ごろかもしれませんよ、天気が心配ですが。
(満開の天城吉野ももちそうです)


ミラーレス一眼を持っていきましたので、撮ってきました。
170401
大手門

1704
三の丸尚三館玄関

1704_2
本丸に向かう・・・

01704
本丸(芝生広場)

01704_2
満開の天城吉野

1704_3
天守台

1704_4
二の丸庭園

1704_5
平川門

皇居東御苑

帰り際にチョット千鳥ヶ淵の桜も・・・


皇居東御苑2017年4月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.04

ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクションMEMENTO MORI

『ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション「MEMENTO MORI」』は、
銀座 シャネル・ネクサス・ホールで開催されています。

会期 2017年3月14日(火)~4月9日(日)
時間:12:00~20:00
料金:無料


展覧会場にはパンフォーカスで、シャープなフォルムと陰影にこだわりを持った作品が並んでいます。
3_2
『Watermelon with Knife』 1985 Gelatin Silver Print ©Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

展示会場は3つに分けられています。
WHITE GALLERY 1で生活の周辺で興味を引いた・・・インスピレーションを得た様な作品が展示されていて、WHITE GALLERY 2、BLACK GALLERY へと徐々に刺激的な作品に移行して行きます。
壁の色が、白、白、黒・・・そんな展示方法をとっています。

GALLERY 2に展示されている、人体の部分写真は、肌のキメ、産毛まで分かるように照明、ピントに拘っています。
メイプルソープの表現方法のひとつの特徴ですね。

一番奥のBLACK GALLERY には、
花の写真、レザーコスチュームを身につけた男(ちょっと怪しげ?)、そして男性ヌード写真。
男性器が写った写真が数点あるので、会場入り口にその旨注意書きがあります。
嫌悪感を持つ方はGALLERY 2まで観て引き返すのも良いかもしれませんが、花の写真も観ないと、メイプルソープ作品の全体像の半分しか見ないで帰ることになりますよね!

2012年8月渋谷西武で展覧会ロバート・メイプルソープ FLOWERS 写真展が開催されました。
場所柄、展示しにくい作品もあったのでしょう、ほぼ全て花の写真だったように記憶しています。
今回の写真展はメイプルソープの作品を網羅的に理解するいい機会になったと思いました。

本展の企画・構成にあたったのは、メイプルソープの作品コレクターで、この企画展の展示作品の所有者でもある
建築家のピーター マリーノ です。
シャネル銀座ビルの設計も手掛けました。

タイトルの「MEMENTO MORI」は「死すべき運命を芸術的あるいは象徴的に思い起こさせようと、しばしば視覚的に表現されるラテン語のフレーズ」だそうです。
メイプルソープは、42歳の時にエイズで亡くなっています。
(経歴に関しては、本展HP等を参照してください)

ピーター マリーノ による解説動画。

CHANEL NEXUS HALL MEMENTO MORI Robert Mapplethorpe Photo Exhibition from the Peter Marino Collection
CHANEL NEXUS HALL

次回の展覧会は「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」です。
「日本の写真家は海外で評判が高い」という話を耳にしますが・・・荒木経惟の情感あふれる写真はいいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.03

春の東京いい庭キャンペーン

ある公園に行ったら、この様な冊子が置いてありました。

1

春の東京いい庭キャンペーン
キャンペーン期間 平成29年3月18日~4月16日
発行 「公益財団法人東京都公園協会」 平成29年2月

27の庭園が掲載されていますが、そのうち11の庭園には行ったことないな~、なんて。

季節を選んで全踏破しようかと・・・・

新宿御苑、代々木公園などの公園も含めると、都内に憩いの場所は沢山ありますね。

根津美術館、トーハクの庭も載ってます。
美術館の庭って、結構好きでよく歩きます。

日本庭園は、外国人観光客にも人気の様で、こんなところにも・・・・と思うことがあります。

桜の時期には、「さて今年はどこの桜を見に行こうか」と迷うほどですね!

昨日(日曜日)帰宅の途中に代々木公園に行ってみましたが(行こうとしましたが)明治神宮から代々木公園に向かう歩道は人の渋滞で動きません。
諦めて帰宅しました!
近頃休日の渋谷・原宿の雑踏は異常レベルです。

私が渋谷区立中央図書館に通っていたころは、夜の竹下通りなんて、さみしくなるほど人通り無かったんですけどね~

外国人観光客も、銀座、六本木より渋谷、原宿、新宿に興味ありなのでしょうか?
明治神宮なんて日によっては半分程度は外国人ですね。

遠方にいかなくても、気軽に公園でのんびりもお勧めです。
混んでないといいのですが・・・
実は、近所の公園が一番だったり・・・


2


3


4


5


6


7


8


9


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.02

観てきた展覧会備忘録 2017年3月

国立新美術館開館10周年草間彌生 わが永遠の魂
会期 2017年2月22日(水)~5月22日(月)
国立新美術館


国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業
ミュシャ展
会期 2017年3月8日(水)~6月5日(月)
国立新美術館


「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展
会期 2017年2月23日(木)~4月16日(日)
Bunkamura ザ・ミュージアム


シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才
会期 2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
国立西洋美術館


「江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-」展
会期 2017年2月18日(土)~2017年4月9日(日)
江戸東京博物館


吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア
会期 2017年3月11日(土)~4月9日(日)
町田市立国際版画美術館


開館50周年記念特別展
山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編
―大観、春草から土牛、魁夷へ―
会期 2017年2月16日(木)~4月16日(日)
山種美術館


N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅
会期 2017年2月 4日(土)~6月11日(日)
森美術館


都美セレクション 新鋭美術家 2017 (会期終了)
会期 2017年2月19日(日)~3月15日(水)
東京都美術館

VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち (会期終了)
会期 2017年3月11日 (土) 〜 3月30日 (木)
上野の森美術館


損保FACE展 2017 (会期終了) 
ジャパン日本興亜美術賞展
会期 2017年2月25日(土)~3月30日(木)
損保ジャパン日本興亜美術


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.01

散策中に見かけた草花(2017年3月)

梅の花は、ほぼ散りましたが、木瓜の花は満開、椿も咲いています。
桜の季節になりました。
そして、様々な草花の開花です。
(以下の写真はスマホで撮りました)


3311
はねず(朱華(庭梅))
にわうめのことと言うのが有力な説。はねず色とは薄いオレンジ色のことと言われる。


3112
コブシ(辛夷)の木


311
コブシ(辛夷)の花


331_3
しでこぶし(四手辛夷)の花


331_2
タンポポ(蒲公英)


331
みつまた(三叉)


331_4
シロバナタンポポ(白花蒲公英)
葉は野菜、花は天ぷらとして食用にできる。また、タンポポの根は、母乳の出をよくする効果がある。
(日本在来種)


331_5
エノコログサ(狗尾草)
俗称(ネコジャラシ)


331_6
じんちょうげ(沈丁花 )


331_7
カタクリ(片栗)


331_8
ナノハナ(菜の花)
摘み立ては美味!


331_9
すずらん (鈴蘭)とはなにら(花韮)


331_14
すずらん (鈴蘭)
有毒植物ですね。


331_10
ヒイラギ(柊・疼木・柊木)
葉のとげとげに触れると痛い!


331_11
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)


331_12
たんちょうそう(丹頂草 )
だと思うのですが?


331_13
てっぽうずいせん(鉄砲水仙)


331_15
りきゅうばい(利休梅)
何故この名が?
茶花としてよく利用されることから・・・らしいです。
(当初、一休梅と記してしまいました、訂正しました。)


331_2
おうばい(黄梅)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »