« 『フジフイルム・フォトコレクション』展 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」 | トップページ | 山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ― »

2017.04.09

「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 

Tato1_2

「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 は、
川崎市岡本太郎美術館で開催されています。
(4/9今日までです)

会期 2017年2月3日(金)~ 4月9日(日)

定期的に開催される若い美術家のコンペ作品展は、なるべく見るようにしています。
今を生きる美術家の置かれた環境、指向、思考は、如何に?
「つまんない作品ばかりだな~」と思うこともあり「この人面白い」なんていう作家もありです。

「岡本太郎現代芸術賞」は面白い作品が比較的集まるコンペ受賞作品展で、毎年楽しみにしています。


スマホで撮りっぱなしの写真です。会場の(作品の)雰囲気が少しでも伝わればと思って・・・


受賞作品は以下の通りです。
Taro2
岡本太郎賞
作家名=山本 直樹/YAMAMOTO Naoki
受賞作品《Miss Ileのみた風景》

Taro3
岡本敏子賞
作家名=井原 宏蕗/IHARA Koro
受賞作品《cycling》

Taro6
特別賞
作家名=あべ ゆか/ABEYUKA.
受賞作品《BE GOD.》

Taro4_2
特別賞
作家名=井上 裕起/INOUE Yuki
受賞作品《salamander[F1]》

Taro5
特別賞
作家名=黒木 重雄/KUROKI Shigeo
受賞作品《One Day》


HPのコメント。

時代を創造する者は誰か!
時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。今年で20回目をむかえる本賞では、499点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、「第20回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。


|

« 『フジフイルム・フォトコレクション』展 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」 | トップページ | 山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26694/65126843

この記事へのトラックバック一覧です: 「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 :

« 『フジフイルム・フォトコレクション』展 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」 | トップページ | 山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ― »