« 観てきた展覧会備忘録(4/20〜4/26) | トップページ | 神田祭2015 »

2015.05.08

観てきた展覧会備忘録(4/27~5/3)

美術館などのHPは随時更新されますので予めご理解ください。
タイトルをクリックするとHPにジャンプします。


⚪︎特別展「鳥獣戯画-京都 高山寺の至宝-」

S
4/28〜6/7
東京国立博物館(上野)
初日に行ってきました。
混雑必至ですからね!
10時間過ぎ到着、展覧会場(平成館)入館待ち数分。入場後、甲巻待ち40分、甲乙丙丁巻は待ち時間なしでした。鳥獣戯画以外の作品も見どころ満載ですので、出たり入ったりしながら、丸一日居ました。修復前の鳥獣戯画はサントリー美術館オープン記念展でも見ましたが・・・修復完了後ということで見に行かないわけにはいきません。後期展示は、混み具合を見て行くか否か決めます。甲巻のカエル・ウサギ・サルが擬人化されて戯れるその楽しさは格別です。日本最古の漫画とも称される。

⚪︎琳派400年記念 京都・細見美術館 琳派のきらめき-宗達・光琳・抱一・雪佳-

S_2
4/29〜5/11
日本橋高島屋(日本橋)
琳派誕生(宗達・光悦)、花咲く琳派(光琳・乾山)、江戸琳派(抱一・連なる絵師)、京琳派ルネサンス(神坂雪佳)という流れで展示されていて琳派の全貌を概観出来る展覧会です。細見美術館の所蔵作品展は度々行われてきましたし、琳派展も多いので、既視作品もありますが、琳派好きにとってはたまらない展覧会ですね。知らなかった絵師の作品もあり楽しめました。


⚪︎スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」

S_3
4/29〜6/14
ポーラ ミュージアム アネックス(銀座)
イギリス・ロンドンを拠点におとぎ話や民話をテーマにブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻)という独自のスタイルで表現するアーティスト、Su Blackwell(スー・ブラックウェル)の展覧会「Dwelling -すみか- 」を開催します。(HPから)
制作過程のビデオも放映されていますので、参考になります。薄暗い空間の中、個別のボックスに収められた作品を巡回するという展示方法も良いです。
観に行った日は会場内で撮影中。
帰り際に、「ズムサタですけどインタビューに・・・」と声をかけられたのですが・・・恥ずかしいので、お断りしました。


⚪︎ベスト・オブ・ザ・ベスト

S_4
1/31〜5/17
一部展示替えで、青木繁の<海の幸>も登場するので再訪して来ました。建物そのものの新築による閉館(5/17)間近の為混んでました、もう一度行けるかな〜
数年休館後の開館が今から楽しみです。


⚪︎藤本壮介展 未来の未来

S_5
4/17〜6/13
ギャラリー間(乃木坂)
住宅から公共建築まで100を越えるプロジェクトに挑んできた藤本氏は、常に人と空間のあり方、都市とのつながりを意識しながら試行錯誤を繰り返し、「House N」、「Tokyo Apartment」といった住宅から「武蔵野美術大学美術館・図書館」、「Serpentine Gallery Pavilion 2013」等々、新しい空間の創出にチャレンジし、自身の思考を着実に具現化してきました。(HPから)
膨大な数の模型が展示されています。藤本氏が生み出してきた空間の変遷と次の時代へ向けた建築の未来象を示しています。建築家の発想の源は楽しい。


|

« 観てきた展覧会備忘録(4/20〜4/26) | トップページ | 神田祭2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観てきた展覧会備忘録(4/27~5/3):

« 観てきた展覧会備忘録(4/20〜4/26) | トップページ | 神田祭2015 »