« メグロアドレス―都会に生きる作家 | トップページ | 茶会への招待 ―三井家の茶道具―併設 初公開―新町三井家の新蔵とう品から »

2012.03.30

究極の鉄道模型展 原鉄道模型博物館開館記念 鉄道開通140周年記念

G000525649

この展覧会は3月27日~4月2日まで横浜そごう8階で開催されています。
短い開催期間で、勿体ないような気もします。

原氏所蔵の世界各地の車両模型6000両の中から約250両を展示しています。
そして、「庭園鉄道」をイメージした巨大なレイアウトで、大迫力の一番ゲージの鉄道模型が走行しています。
一周なんと約55m!引込み線やターンテーブルには、原模型の一番ゲージ車両が展示されています。

何方も、レールを組み立てて、電車を走らせた経験を持っているのではないでしょうか?
今でも、出来ればやってみたいですよね。
この展覧会を、いつまでも観ていたかったのですが、本当は、そごう美術館が目的。
たまたま、エスカレーターに乗っていて、この展覧会開催を知って、8階に直行しました。
時間を気にしながらの鑑賞になってしまいました。
7階=特設会場の「神奈川県立歴史博物館所蔵 鉄道開業140周年記念パネル展」
は見られませんでした。


タイトルにあるように、原鉄道模型博物館が今年(2012年)夏、横浜三井ビル内に開館します。
開館したら、是非じっくり観てみたいと思います。

考えてみれば、制作中断中の私のロボット武蔵くんはいつ完成するんだろうか・・・・・・・手をつけ始めないと。


Dsc01059


大迫力の一番ゲージの鉄道模型が走行。


展示会場のようす。
周りの方々を気にしながらなので・・・カメラをゆっくりまわすことが出来ませんでした。

こちらは神奈川新聞(カナロコ)の動画。
よく出来てます。

|

« メグロアドレス―都会に生きる作家 | トップページ | 茶会への招待 ―三井家の茶道具―併設 初公開―新町三井家の新蔵とう品から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の鉄道模型展 原鉄道模型博物館開館記念 鉄道開通140周年記念:

« メグロアドレス―都会に生きる作家 | トップページ | 茶会への招待 ―三井家の茶道具―併設 初公開―新町三井家の新蔵とう品から »