« 宇宙から見たオーロラ展2012 | トップページ | 三代 山田常山―人間国宝、その陶芸と心 »

2012.02.05

日本の美を愛した巨匠たち 近代日本画家名品展―横山大観から平山郁夫まで―

この展覧会は日本橋三越本店 新館7階ギャラリーで1月25日から2月6日まで開催されています。
デパートの展覧会は開催期間が短いですからね、明日までです。

国内屈指の近代日本画の名品を蒐集する吉野石膏株式会社及び公益財団法人吉野石膏美術振興財団。その貴重なコレクションの中より、美の神髄を追い求めた巨匠たちの習作を紹介します。
チラシにこう書いてあります。

正直な話、あまり期待しないで出かけたのですが、これが十分満足させてくれる秀作が並んでいました。
大家の夫々の画家の個性が際立つ作品が展示されていて、これはチョット驚きでした。

一部の画家を除いて、5~8展程度出品されていて見ごたえもありました。
上村松園の「青眉」は良かったですよ。
高山辰夫の静物も素晴らしかった。
御舟の作品も・・・・・

出展作家と展覧会の構成は以下の通りです。(画像はチラシから)
横山大観 上村松園 鏑木清方 小林古径 安田靫彦
前田青邨 奥村土牛 速水御舟 小倉遊亀 伊東深水
上村松篁 岩橋英遠 片岡球子 東山魁夷 杉山 寧
奥田元宋 髙山辰雄 加山又造 平山郁夫 (生誕順)

「再興院展三羽烏」安田靭彦 小林古径 前田青邨

Mitukin00013
「洞窟の頼朝」前田青邨 1958年


「美人画」の確立者 鏑木清方 伊東深水

日本画を革新した天才 速水御舟

院展100才の画家 奥村土牛 小倉遊亀 片岡球子

Mitukin00014
「めでたき富士(西湖の富士)」片岡球子

巨匠 横山大観と女流画家の先駆 上村松園

Mitukin00011
「菊慈童」横山大観 1897年

Mitukin00012
「青眉」上村松園 1934年


「創画会」の功労者 上村松篁

五山と呼ばれた巨匠たち 東山魁夷 杉山 寧 高山辰夫 加山又造 平山郁夫

Mitukin00015
「麗」杉山 寧 1988年


Mitukin00016
「緑の朝」高山辰夫 2003年

Mitukin00017
「微風」加山又造 1994年

Mitukin00018
「月光薬師寺」平山郁夫 2003年

|

« 宇宙から見たオーロラ展2012 | トップページ | 三代 山田常山―人間国宝、その陶芸と心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26694/53910200

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の美を愛した巨匠たち 近代日本画家名品展―横山大観から平山郁夫まで―:

» 日本の美を愛した巨匠たちー近代日本画名品展 @日本橋三越 [Art & Bell by Tora]
 この展覧会のタイトルは、「日本の美を愛した巨匠たちー横山大観より平山郁夫まで」という抑えたものだが、これは「吉野石膏コレクション日本画展」とすべきだったと思う。  ここのコレクションの「印象派とエコール・ド・パリ展」は、以前に見て、感心したことがあるが(記事はこちら)、今回の展覧会はそれに負けず劣らず素晴らしかった。  以下、お気に入りを列挙する。「院展の権威」 ・横山大観の代表作の一つ《菊慈童》(↑左)、迫力のある《龍光萬載》。 「官展の三美人画家」 ・上村松園の絶... [続きを読む]

受信: 2012.02.06 22:13

« 宇宙から見たオーロラ展2012 | トップページ | 三代 山田常山―人間国宝、その陶芸と心 »