« 柴田トヨさんの言葉 | トップページ | 芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展 »

2011.03.29

中島潔展

久しぶりに出かけた日曜日の銀座、歩行者天国も中止のようでした。

京都清水寺成就院襖絵奉納記念
風の画家40年の軌跡 中島潔展を観に松屋銀座に行ってきました。
この展覧会は、3月28日で終了しています。

 中島潔の絵には、命が風のように流れている。喜びも悲しみも、光も影も、夢と幻もすべて溶け込んで優しくせつなく懐かしい独特の世界を確立......そこには、画家になりたいという中島潔をただ一人応援してくれた母の癌による早世、二ヶ月後の父の再婚.....反発して、故郷を離れほぼ独学での絵画修業。そんな人生における、母への思慕、父への思い、故郷の風景が描がき込まれています。
絵の中に登場するキャラクターのうめ吉は母の名前に由来します。
 今回の展覧会のタイトルにもある清水寺成就院襖絵は自ら申し出て、五年の歳月をかけて2010年に完成しました。NHKクローズアップ現代で放映されたのを私も見ました。

自身癌の手術全快を経て、過去への拘りを乗り越えて「空」を書きます。
「空を染める夕焼け雲には、明日の希望の予感があります。あらたな私の始まりです」と述べています。


以下展示構成の概要です。
清水寺成就院襖絵
襖絵『かぐや姫』
襖絵『風の故郷』
初夏「にわか雨」
夏「ひまわり」
秋「紅葉」
冬「雪の音」
襖絵『大漁』
Nakazimakiyosi0001tairyou


風の画家中島潔 四十年の軌跡
童夢
Nakazimakiyosi0001doumu
夏の色


風の女(ひと)
Nakazimakiyosi0001kazenohito
白梅


金子みすゞ の世界
Kaneko
お花だったら


日本の四季
Nakazimakiyosi0001nihonnosiki
花別れ


童謡・故郷の詩(うた)
Nakazimakiyosi0001touryannse
通りゃんせ

画像は、チラシからです。

Nakazimakiyosi

チラシ表

|

« 柴田トヨさんの言葉 | トップページ | 芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島潔展:

« 柴田トヨさんの言葉 | トップページ | 芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展 »