« 映画(DVD) シャネル&ストランビスキー | トップページ | 酒井抱一生誕250年琳派芸術 第2部転生する美の世界 »

2011.02.23

包む-日本の伝統パッケージ展

懐古趣味ではありませんが、矢張り忘れてはいけない、そんな気持ちで見てきました。
庶民の美意識は、無限に美しい作品を作り出してきたんですね。
私にとって新たな発見、収穫になりました。
3DハイビジョンTVでの作品紹介もあります、これがまた良い。
3DTVはじめて欲しいと思いました.....どうしよう?

目黒区美術館が収蔵する、岡秀行氏旧蔵・日本の伝統パッケージ〈包む〉コレクションの展覧会です。
目黒近辺に出かけたら是非観に行ってください。

私の拙文より、会場に書かれたいた文章をそのまま記します。

笹の緑、竹の艶やかさ、紙よりも薄く削った経木の木目などの美しさは、自然の与えてくれたものではあるが「自然」そのままではない。

それぞれのマテリアルの持味を的確にとらえ、それをできる限り損なわない様に利用していること、ここらあたりに日本人独特の生活態度が表れているのではあるまいか。

これほど美しく、これほど心を動かすものが、かつては日常生活にあふれていたのは驚くべきことである。

何世代にもわたる無名の人々が磨きあげてきたきた美意識がある。 


Tutumu0001ohineri


Tutumu0001mame


Tutumu0001sake


Tutumu0001sasa


Tutumu0001tamago


Tutumu

画像は、チラシからです。

Dsc00208

目黒区美術館で4月3日まで開催されています。

|

« 映画(DVD) シャネル&ストランビスキー | トップページ | 酒井抱一生誕250年琳派芸術 第2部転生する美の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 包む-日本の伝統パッケージ展:

» 「包む - 日本の伝統パッケージ展」 目黒区美術館 [はろるど・わーど]
目黒区美術館(目黒区目黒2-4-36) 「包む - 日本の伝統パッケージ展」 2/10-4/3 古くから日本人が大切にしてきた「包み」の文化を再確認します。目黒区美術館で開催中の「包む 日本の伝統パッケージ展」へと行って来ました。 何かと簡易包装が推奨されるせいか、最...... [続きを読む]

受信: 2011.03.09 01:38

« 映画(DVD) シャネル&ストランビスキー | トップページ | 酒井抱一生誕250年琳派芸術 第2部転生する美の世界 »