« 挿絵本の世界展 | トップページ | 「徳川家康の遺愛品展」そして「親鸞展」へ »

2010.04.29

ユトリロ展、そして佐伯祐三展へ

Yutorirosonnpoblog

日曜日の午後、ユトリロ展へ。
もう、ユトリロ展は頻繁に、行われていますね。
人気衰えずというところでしょうか。
そして、佐伯祐三展へ.....これ、結構お勧めコース。

画像は、チラシ、図録からの引用です。

ユトリロ展は、全作品日本初公開ということで行ってきました。
当たり前ですが、サプライズはありませんでした。
生意気なようですが、白の時代の作品以外は、どうも.....の私ですが、晩年の作品にも、ちらほら、「これいいかも」と感じられる作品が見られました。
勿論ユトリロは好きですし、楽しめましたよ。
Yutorirosonnpo2mon


Yutorirosan


Yutorirosonnpo2rapan

モーリス・ユトリロ展-パリを愛した孤独な画家-は、7月4日迄、損保ジャパン東郷青児美術館で開催されています。
「モンマーニュ時代」「白の時代」「色彩の時代」そして晩年の時代の作品へと生涯の画業変遷を辿る様な構成です


そして、佐伯祐三展。
Saekisinblog


こちらは、下落合時代の作品にスポットを当てています。
展示作品の、半分ぐらいは、パリ時代の作品ですが。
割と、このような展覧会が好き。

どうでしょう、佐伯祐三と言えば、ヴラマンクですが、ユトリロの影響もあるのですね。
どちらかといえば、ユトリロよりも佐伯の重厚さが、私の好みです。
佐伯の、生涯作品の中で、下落合時代の作品は「おまけ」みたいな.....気がしないでもなかったのですが。
いやいや、とてもいいですね、再認識。
良い空間でした。

佐伯祐三展-下落合の風景-は、5月9日迄、新宿歴史博物館で開催されています。
新宿の風景を描いた「下落合風景」13点を中心に、パリ時代の代表作を含めた40点の作品と遺品の展示。

下落合での作品
Saekisinsimo2blog


Saekisinsimoblog

Saekisinsimofuneblog


Saekisinsimosirikabe


Saekisinsimoteni2blog

2次パリ時代の作品
Saekisinsimofune0001blo


|

« 挿絵本の世界展 | トップページ | 「徳川家康の遺愛品展」そして「親鸞展」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユトリロ展、そして佐伯祐三展へ:

« 挿絵本の世界展 | トップページ | 「徳川家康の遺愛品展」そして「親鸞展」へ »