« 浮世絵 美人画の19世紀 | トップページ | 岩合光昭写真展 IWAGO'S WORLD »

2010.03.15

森村泰昌 なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術

Moriyasublog

端的に言って、面白い。
私が、森村泰昌の企画展に出かける理由です。
これって、重要だと思います。

5月9日迄、東京都写真美術館で開催されています。

何年か前の横浜美術館から、パワーアップ....。
まあ、この辺は人それぞれですよね。
私と世代のそう変わらない氏の作品は、感覚が共鳴しますね。 

毛沢東、スターリン、ゲバラ、アインシュタイン、ヒトラー、ポロック、ヨーゼフ・ボイス、三島由紀夫、ウォホール、デュシャン、マッカーサー、昭和天皇、ガンジー、オズワルド、藤田嗣治、手塚治虫、ピカソ、セルゲイ・エーゼンシュタイン、イブ・クライン、ダリ。まだいましたかね....。
森村泰昌がなりきっています。
私の、記憶とシンクロします。
これだけでも楽しいですよね。

そして、ヒトラーと、チャップリンの独裁者をアレンジした作品。
この映像は、面白い、しみじみ、面白い、しみじみの繰り返し、これは良いですよ。

海の幸・戦場の頂上の旗(映像作品)も氏らしい作品に感心。

横浜でも上映していた、MISHIMAは展示本会場外?で放映していました。
これはチケット無しでも見られます。
何時もやっているのかは分かりませんが。


世代によって、全く抱く印象が違うかもしれません、この企画展。

Moriyasu1misima


Moriyasu1umisati


Moriyasu1ozuwa


Moriyasu1ain


Moriyasu1pikaso


Moriyasu1eizen


以下、HP解説のの引用です。

80年代から一貫して、名画の登場人物や映画女優などに自らが「なる」変身型セルフポートレイトの写真作品を手がけてきた美術家・森村泰昌。本展では、森村が「20世紀の男たち」に扮する新作シリーズ<なにものかへのレクイエム>を完全版でご紹介します。
20世紀は男たちが建設し、争い、破壊してきた歴史であるにもかかわらず、21世紀の現代では急速に「男性的なるもの」の価値が忘れ去られようとしています。森村泰昌はかつて<女優>シリーズで、映画という「フィクション」のなかで輝きを放つ20世紀の女たちの世界を表現しました。<なにものかへのレクイエム>シリーズでは、森村は「男性的なるもの」の輝きを求めて、政治や戦争、革命という「現実」の世界、20世紀を記録したシリアスな報道写真の世界に取組んでいます。<美術史の娘><女優>シリーズと過去に発表した作品のなかで、女性に「変身」するイメージが強かった森村泰昌。「男たち」になることは、自らの身体を 媒介にして性を自由に超越し、「私」の可能性を追求するセルフポートレイトの新たな挑戦でもあります。
『現在私たちは21世紀を生きています。しかしこの21世紀は、かつて人々が想像していたような夢の世紀ではないようです。にもかかわらず、人類はこの21世紀をまっしぐらに突っ走っているかに思えます。前の世紀である20世紀をブルドーザーで更地にして、20世紀的記憶を忘れ、その上にどんどん21世紀が出来上 がってきつつあるように思います。私はここでいったん歩みを止めて、「これでいいのかしら」と20世紀を振り返りたいと思いました。過去を否定し未来を作るのではなく、現在は過去をどう受け継ぎ、それを未来にどう 受け渡すかという「つながり」として歴史をとらえたい。そしてこの関心事を私は「レクイエム=鎮魂」と呼んでみたいと思いました。』(森村泰昌)
鎮魂歌(レクイエム)。それは、森村泰昌というひとりの美術家が自らの身体という器に歴史の記憶を移し替えるセルフポートレイトの表現によって、過ぎ去った人物や時代、思想への敬意をこめて、失われていく男たちの姿を21世紀に伝えようとする行為なのです。20世紀とはどういう時代だったのか? 歴史の記憶に挑む森村泰昌の新たなセルフポートレイト表現の集大成をお楽しみください。

本展は東京都写真美術館の2フロア(2階・3階)を使い、4章構成で展示いたします。
出品総点数:新作15点を含む全43点(写真作品35点・映像作品8点)

|

« 浮世絵 美人画の19世紀 | トップページ | 岩合光昭写真展 IWAGO'S WORLD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森村泰昌 なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術:

» 森村泰昌展 [映画的・絵画的・音楽的]
 恵比寿の東京都写真美術館では、ゴールデンウィーク明けまで「森村泰昌 なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術」展が開催されています。  森村泰昌氏は、フェルメールやゴッホなどが描いた名画に登場する人物に扮したセルフポートレイトで著名ですが、「なにものかへのレクイエム」というシリーズで、20世紀の歴史的に有名な人物に扮したセルフポートレイトを発表してきています。  今回の展覧会では、写真美術館の2階と3階の展示室を使って、同シリーズのこれまでの作品のみならず、最新作も展示されています。  特に... [続きを読む]

受信: 2010.04.11 08:31

« 浮世絵 美人画の19世紀 | トップページ | 岩合光昭写真展 IWAGO'S WORLD »