« 束芋-断面の世代- | トップページ | 小野竹喬展 »

2010.03.07

『岩合光昭写真展~ねこ~』

Nekoblog

楽しみにしていた展覧会に行ってきました。
大変な人気で、混み合っていましたが、みなさん笑顔、こんな展覧会も良いですよね。
3月15日迄日本橋三越7階ギャラリーで開催。

先ずは、HPの解説文から引用。

「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」と語る写真家・岩合光昭。“市井(しせい)の”猫たちの表情豊かな姿を写し出すその写真は、幅広い年代層から絶大な人気を集め、人々の心をとらえてやみません。『岩合光昭写真展~ねこ~』は、岩合光昭が30年以上に及ぶ写真家人生の中で、撮り続けてきた猫たちを一堂に集めた展覧会です。旅先で出会った猫たちと、あたかも会話を交わしながら撮影したような作品は、自由で、愛らしく、誇り高い猫たちが見事に活写され、見るものに得もいわれぬ温かい気持ちを与えてくれます。愛くるしくもたくましい猫たちのベストショットとともに、若き日の岩合さんと一緒に暮らした猫「海(かい)ちゃん」、さらに猫島として知られる田代島を撮影した最新作「ハートのしっぽ」各シリーズから精選した写真作品約250点で構成いたします。

展覧会の構成は以下の通りです。
chapter1
生きることは動くこと
chapter2
暮らしの中で
chapter3
海ちゃん
chapter4
田代島のねこたち

みんな可愛い猫ちゃんばかりですが、氏の家にいた、海(かい)ちゃんの愛しい姿には、一目ぼれ。
海ちゃんの人生が、人間の人生とダブります。
氏のコメントも含めて、感動モノです。

私の、知人の柴犬は陸(りく)ちゃん、海の近くに住んでいて、陸にいるからです。
あれ、あの人の飼っているねこちゃんの名前なんだっけ?
話がどんどん広がっていきますよね。

我が家に過去にいた、ミミ、チェロ、小次郎も海ちゃんには負けそう、今いるジロー(ワンちゃん)も厳しいかも......。

ということで、このあたりに御用のある方、覗いてみるとその日は穏やかな気持ちで過ごすことができると思いますよ。

この投稿記事を書いている時も、ジローが私をじっと見つめています。
ジローには、この投稿見せられませんよね、僻んだり、すねちゃったら困りますからね....。


以下、図録から
Neko1blog_2


Neko2blog_2

Neko3blog_3


Neko4blog


Neko5blog

「ジローくんも負けてない」誰か言ってくれませんかね...。
0405


|

« 束芋-断面の世代- | トップページ | 小野竹喬展 »

コメント

美輪さん、コメントを頂き有難うございます。

>岩合さんはアフリカや海の生き物のイメージ

こちら方面は渋谷で、13日から始まります。

>ジローはいくつになりましたか?
8歳になりました。

この写真は、2歳ころのものです。
今は、もう少し老け顔?です。

投稿: 美輪さんへ | 2010.03.08 20:59

岩合さんはアフリカや海の生き物のイメージでしたが、猫ちゃんなんて身近な動物の写真も取られていたんですね~。ジロー久しぶりに観ましたが猫に負けず全然可愛いです。元々パピヨンは好きな犬種だし。ジローはいくつになりましたか?

投稿: 美輪 | 2010.03.07 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『岩合光昭写真展~ねこ~』:

« 束芋-断面の世代- | トップページ | 小野竹喬展 »