« イコン-聖像画の世界 | トップページ | 清方ノスタルジア »

2009.12.07

渋谷で浮世絵百華展、村山槐多展

日曜日の午後、渋谷エリアのたばこと塩の博物館、松濤美術館に行ってきました。

よかったですよ。
たばこと塩の博物館で開催中の浮世絵百華展、平木コレクションのすべてと題されています。
Ukiyoehyakablog

発色の良さ、完璧な摺りは一見の価値ありです。
展示作品、殆どの解説プレートには重要美術品の表示がありました。
前期は13日までです。
見逃すと損するかもしれませんよ。
私が最も好きな、清長の作品も4点。
これだけでも満足。
広重の作品も最高。
歌麿も、その他の作品も秀品ばかりです。
ボリュームは控えめですが、十分楽しめました。

松濤美術館のガランスの悦楽村山槐多展
22歳と5ヶ月で亡くなった夭折の画家です。
Kaitablo

大正時代、デカダンスの芸術家村山槐多の荒々しい作品群が、時代の天才の高揚感と苦悩を彷彿とさせます。
この空間は、なぜか懐かしい。
この展覧会は、1月24日まで開催されています。

三井記念美術館の高橋コレクション展は、混雑していましたよね。
たばこと塩の博物館は余り混みあっていませんでした、この点もお勧め。
といっても、今後は、分かりませんが....

まあ、また酔っ払いなのでこの辺で.....

この展覧会については再投稿ありかも知れません。


|

« イコン-聖像画の世界 | トップページ | 清方ノスタルジア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷で浮世絵百華展、村山槐多展:

« イコン-聖像画の世界 | トップページ | 清方ノスタルジア »