« 渋谷で浮世絵百華展、村山槐多展 | トップページ | ターナーから印象派へ展 »

2009.12.13

清方ノスタルジア

Kiyokatablog

金曜夜の宴会の酒が残っていた土曜日、こんな気持ちで清方も良いかなと....
相変わらず頓珍漢な考えで、午後出かけました。

乃木坂駅で降りて、新国立美術館の中をを通過してサントリー美術館に向かいました。
来年の1月11日まで開催されています。

清方は、勝川春章、鳥文斉栄之、鳥居清長作品を若いころから好きで学んだ様だ。
僭越ながら、私の好みと繋がった。
私が、清方の美人画が大好きなわけだ....。

鎌倉の鏑木清方記念美術館、その他の展覧会で観てきた作品が含まれているものの、これだけの作品をまとめてみることができたのは幸せだった。

「清くあれ 潔くあれ うるわしくあれ」
とチラシに書いてあります。

この表現、目の描き方で見事に、描き分けていませんか、表現されていませんか。
私は、目の描き方を丹念に観てきました。

パソコンの動作が、不調なのでこれまでにします。
言い訳ばかりですね。

余分な話....
土曜の夜の六本木は、大変な混雑。
何処が、不況なのですかね?

そうそう、THEハプスブルグ展には、入場制限が.....
30分待ち、平日に言ってきて正解でした。

Kiyokata1keityou
慶長風俗

Kiyokata1yougyo
妖魚

Kiyokatananakusa
春の那々久佐

Kiyokatahatuharu
初時雨

Kiyokatahanablog
花かざり


|

« 渋谷で浮世絵百華展、村山槐多展 | トップページ | ターナーから印象派へ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清方ノスタルジア:

« 渋谷で浮世絵百華展、村山槐多展 | トップページ | ターナーから印象派へ展 »