« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.30

パリに咲いた古伊万里の華

Teiennimariblog


日本磁器ヨーロッパ輸出350周年記念。
碓井コレクションをまとめて紹介する初めての展覧会だそうです。
庭園美術館で12月23日まで開催されています。

まずは、HPの解説を...。

江戸時代、鎖国下の日本からも世界に向けて豊かな日本文化が発信されていました。その代表的な例が有田を中心に輸出用に焼かれた磁器です。今年10月15日は、日本磁器が初めてヨーロッパに向けて公式に輸出されてから350年目に当たります。本展はこれを記念し、ヨーロッパに渡った古伊万里を蒐集した碓井コレクションの中から、選りすぐりの名品を紹介します。中国磁器の模倣に始まった有田磁器は、日本独自の美意識と技術の発展により、本場中国を凌駕するまでに成熟していきます。磁器制作の技術が無かった時代のヨーロッパにとって、白く美しい東洋の磁器はあこがれの的でした。また、磁器は入手の困難さから、権威の象徴として王侯貴族の宮殿を豊かに飾る装飾品としても用いられていました。その後のヨーロッパ製陶史にも大きな影響を与えた古伊万里からは、東西文化の交流と融合の過程を感じていただけることでしょう。輸出用に焼かれ、日本国内では見ることのできない貴重な作品の数々も見どころです。

観に行って損はないとは思うのですが、絢爛豪華、、矢張り輸出用に作られた作品。
染付、柿右衛門様式の作品も展示されていますが、少数派。
石造りの立派な、広い邸宅には、このような作品でないと似合わないのかも知れません。
どうも私の生活感覚とは違いました。
当たり前ですよね。
何か、気持ちが入り込めなかった。
これも、焼き物の大きな流れの一部かなと.....歴史的な意味を考えさせられた展覧会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.27

速水御舟-日本画への挑戦-展

Gyosyuuen

いよいよ、新山種美術館が開館しました。
開館展に相応しい展覧会ですよね。
11月29日まで開催されています。
途中、展示変えありです。
御舟が天才であることは、何方も否定しないのではないでしょうか。
チラシに使われている炎舞
この作品を観るだけでも行く価値があると思いませんか。
まさに、極みですよね。
十代から晩年までの作品が、時系列的に展示されています。
目玉は、未完婦女群像の下絵(修復)と手紙、日記等の展示なのかも知れません。
人物画は御舟にとってトラウマなのでしょうか。
日本画革新の人、御舟の画法(構図、彩色)を丹念に見て回ると興味が尽きませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.24

皇室の名宝展1期 永徳、若冲から大観松園まで

Kousitumeihoublog


東京国立博物館に行ってきました。
一期二期に分けての展示です。
第1期は、11月3日までの開催です。

今日は、12時過ぎに入館したのですが、若冲の動植綵絵の前、抱一の花鳥十二か月図前は、三重四重の列でした。

三の丸尚蔵館で拝見した作品も多々あるのですが、これだけの作品を一同に観ることができるなんて...壮観の一語です。

皇室の所蔵品は、さすがに凄い。
素人の私にとっては、神業としか思えない作品ばかり。

混んでいるのは残念ですが、この展覧会、見逃すと後悔するかも知れませんよ。

私は、明日も行きます。
この空間は、良いですね。
混んでいないとさらに良いのですが、仕方ないですいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.18

映画 ELEGY (DVD)

20081209002fl00002viewrsz150x


製作年 2008年
製作国 アメリカ
原題 ELEGY
時間 112分
公式サイト elegy-movie.jp/
公開日 2009-01-24~2009-04-03
監督 イザベル・コイシェ

監督 イザベル・コイシェ
製作総指揮 エリック・リード
原作 フィリップ・ロス
脚本 ニコラス・メイヤー

キャスト
ペネロペ・クルス
(コンスエラ・カスティーリョ)
ベン・キングズレー
(デヴィッド・ケペシュ)
パトリシア・クラークソン
(キャロライン)
デニス・ホッパー
(ジョージ・オハーン)
ピーター・サースガード
(ドクター・ケニー・ケペシュ)
デボラ・ハリー
(エイミー・オハーン)
ソニヤ・ベネット

続きを読む "映画 ELEGY (DVD)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.17

新山種美術館に行ってきました。

Cimg0749
昨年から、気にしていました。
何しろ、私が通っていた小学校、中学校のすぐそば、姉の出身高校の裏手に移転ということですから.....。
渋谷から歩きました。
目をつぶていても迷うことなく、位の地域。
氷川神社の境内を抜けて、(かつて我が家の氏神様でした)確か、年会費を支払っていたと思うのですが...。
Cimg0742
お祭りの時、この舞台での催しものが懐かしい。

直ぐそばには、塙保己一資料館が。
昔と全く変わらない...。
今でもよく通る道なのですが、なつかしい。
Cimg0743
私の出身中学を通過、姉の出身高を左折して、いよいよ目的地の山種美術館。
Cimg0747

私の大好きな、速水御舟展がオープニングの展覧会。
丁度良い、?人出。
十分楽しめる展覧会です。
平塚美術館で開催された御舟展にはボリュームでは、かなわないかも、でも山種ならではの展示品も見られました。
炎舞は相変わらず見あきないですよね。
美術館の感想、展覧会の内容については、後ほど....。
これが怪しい....あてにしないでください。
そして次の目的地まで歩きました。
小学校の時、好きだった女の子の家の前を通ると、今でも...チョット...。
生まれた、病院。
我が家の菩提寺を抜けて、白金へ。
庭園美術館に到着。
山種美術館から徒歩40分。
Cimg0752

古伊万里を....。
これが、期待値が高過ぎたせいか、いまひとつでした。
すべて良しとはいかなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.13

映画  BOY A (DVD)

20080908011fl00011viewrsz150x

製作年 : 2007年
製作国 : イギリス
配給 : シネカノン
上映時間 : 107分

キャスト・スタッフ
監督 : ジョン・クローリー
出演 : アンドリュー・ガーフィールド 、 ピーター・ミュラン 、 ケイティ・リオンズ 、 ショーン・エヴァンス 、 シヴォーン・フィネラン

続きを読む "映画  BOY A (DVD)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

横浜ジャズプロムナード2009(2日目)

Zyazupuro2009blg

12時から21時までコンサートを聴くというのも体力が要りますね。
最近、感じます。
齢ですかね。

続きを読む "横浜ジャズプロムナード2009(2日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.10

横浜ジャズプロムナード2009

Okopro1
今年も参戦です。
10月10日、11日の開催です。
今日、私は街頭ライブで楽しみました。
これも楽しい。
明日は、ホールでの演奏に集中です。

続きを読む "横浜ジャズプロムナード2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微笑みの降る星 長倉洋海写真展~僕が出会った子どもたち~ 

Nagakurablg

たった一週間の開催は残念ですね。
10月12日まで日本橋三越新館7階ギャラリーで開催されています。

続きを読む "微笑みの降る星 長倉洋海写真展~僕が出会った子どもたち~ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.06

映画 ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト DVD

1214200879756262_s


監督:マーティン・スコセッシ
製作総指揮:ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロニー・ウッド
出演:ザ・ローリング・ストーンズ、クリスティーナ・アギレラ、バディ・ガイ、ジャック・ホワイト
(2008年、米)

ニュー・ヨークのビーコン・シアターで行なったライブをスコセッシが監督した映画。
このライブはクリントン元米大統領の後援するチャリティー・コンサートという形式をとっている。
この日のための監督側、バンド側の準備の様子がまず流れる。
そして、ジュピン・ジャック・フラッシュからコンサートが始まる。
ラストは、サティスファクション。

ゲストアーティストとの共演も楽しい。
若かりし頃のエピソードが少々入る程度。
目一杯コンサートを楽しませてくれるカメラワークがとても良い。
それにしても、ミックジャガーは若い。
見せるステージは健在だ。
十分楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.04

海091004

Imgp2780


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生誕100年 小野忠重展―昭和の自画像―

Onoblog

今年も10月になりました。
年賀ハガキが売り出される季節になってしまいました。
早いですね。
この展覧会、私にとって、今年の印象に残った展覧会のトップ10に入ると思います。
町田市立国際版画美術館で11月23日まで開催されています。

続きを読む "生誕100年 小野忠重展―昭和の自画像― "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.03

芭蕉 <奥の細道>からの贈りもの 

Basyouidemitu

このところ、出光の企画展はとても良いですね。
今回も時間が足りないと思うほど楽しめました。
出光美術館で10月18日まで開催されています。

続きを読む "芭蕉 <奥の細道>からの贈りもの "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »