« 生誕120周年 小森忍 日本陶芸の幕開明け | トップページ | イタリア美術とナポレオン展 »

2009.09.22

安野光雅展 描く言葉・読む絵画

Annno

町田市民文学館ことばらんどで9月27日まで開催されたいます。
以下に、HPの解説を丸ごと引用させて頂きます。 展覧会は、あなたが来ないと完成しない。
「一人ひとりの大好きな安野さんを、文学館で見つけて下さい!」
と書いてある通りです。
行ってみないとわかりませんよ、私はとても幸せな気分になれました。
氏の人柄と作品が見事にマッチングしています。

絵本作家か風景画家か、はたまた詩人、数学者。  変幻自在な空想画伯、安野光雅ここにあり。  原画や本からふんだんに、言葉と絵とがあふれ出る。

 今をときめくこの人が、かつて町田に住んでいた、それから世界に羽ばたいた、その偶然のうれしさよ。

 絵は見るもの? いや、絵こそ読むもの。そして言葉は、思い描かれ、心の奥で交じり合う。

 展覧会は、あなたが来ないと完成しない。
 一人ひとりの大好きな安野さんを、文学館で見つけて下さい!


|

« 生誕120周年 小森忍 日本陶芸の幕開明け | トップページ | イタリア美術とナポレオン展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安野光雅展 描く言葉・読む絵画:

« 生誕120周年 小森忍 日本陶芸の幕開明け | トップページ | イタリア美術とナポレオン展 »