« 竹の庭(鎌倉報国寺)  | トップページ | 映画 ギルバート・グレイプ(DVD) »

2009.06.21

美術館一人ぽっち

このところ、幸か不幸か、行ってきた美術館がスキスキ。

先週の土曜日が多摩美術大学美術館の「宮崎進 -漂白 Wandering- 展」
今日が、ロダンとユトリロの専門美術館の「西山美術館」

宮崎進の表現したい対象は理解できるつもりですが、私一人で、4展示室ある会場を移動するたびに、タイムラグがあって、監視員の女性が席に着席するというのは、何とも落ち着かない。
それが4回繰り返されたわけですから、私の気持ち分かっていただけますよね。
小さな画廊なら覚悟はできていますから問題ないのですが、......。

今日の西山美術館、こちらは受付で無料音声解説機を貸してくれて、監視員もいない。
気楽にゆっくり一人でいい作品を鑑賞できました。
午後2時に始まったユトリロの作品解説には最初私を含めて3人、途中からアベックが一組、さらに外国人を含めた三人が加わって合計8人ユトリロの復習に十分、いい解説でした。
この美術館ある意味お勧めです。
これから、何度か通うかも知れません。
白の時代のいい作品があります。
両展覧会の感想、投稿するかも知れません。
最近なまけ癖がついて....投稿しないかもしれません。

両美術館とも、わりと好きです、遠いのが難点。

|

« 竹の庭(鎌倉報国寺)  | トップページ | 映画 ギルバート・グレイプ(DVD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館一人ぽっち:

« 竹の庭(鎌倉報国寺)  | トップページ | 映画 ギルバート・グレイプ(DVD) »