« 阿修羅立像 | トップページ | 春を見つけに-その3- »

2009.04.13

ルオーの祈り 絵画と版画

Rusomatiblog

ルオーの展覧会は、よく開かれますね。
人気があるのでしょうね。
町田市立国際版画美術館で6月14日まで開催されています。
遠方から駆けつける....ほどのインパクトはないと思います。
でも私にとっては貴重な空間でした。

この美術館の性格上、版画作品の展示が殆どです。(この美術館の収蔵品が主)
最初は、物足りなさを感じたのですが、混雑のない空間で、ゆっくりルオーの作品をと対峙するのもいいかなと....
この展覧会では、『流れ星のサーカス』『受難』『悪のj華』等の代表的な版画作品と、版画と深い関わりのある1940年代までの油彩画約20点、あわせて約130点を展示しています。

私は『ミセーレ』がよかった。
ミセーレ(哀れみたまえ)
神よわれを哀れみたまえ、あなたの大いなる慈しみによって

以下は、チラシから...

Rusomati0001misere1
≪死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順なれば≫(『ミセーレより』)版画

Rusomati0001mise2
≪母に忌み嫌われる戦争≫(『ミセーレより』)版画

Rusomatipie
≪横向きのピエロ≫油彩
私たちは誰もが多かれ少なかれ道化師なのです。私たちはみな<金ぴかの衣装>をつけているのです。
チラシに使われた作品ですね。

Rusomati0001jtu
≪この人を見よ≫(『受難』より)版画

Rusomati0001sa
≪ピエロ≫(『流れ星のサーカス』より)版画

|

« 阿修羅立像 | トップページ | 春を見つけに-その3- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルオーの祈り 絵画と版画:

« 阿修羅立像 | トップページ | 春を見つけに-その3- »