« ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやんの大冒険」 | トップページ | 春を見つけに »

2009.04.10

みちのくの浄土平泉

Hiraizumi

楽しみにしていた展覧会に行って来ました。
世田谷美術館で4月19日まで開催されています。

父を惨刑に処され、妻子を失い最後は弟との争い。
清衡がこの世の浄土・平泉の建設を思い立ったのは必然だったのでしょう。

弥勒の降臨をを待つ金鶏山を中央に、二代目基衡は薬師さんの毛越寺を、三代目秀衡は阿弥陀さんの無量光院。
都を遥か離れた奥州の地に浄土を....惹かれますね。

以下の画像は数年前に日帰りで行ってきた時に撮った写真です。
Moutuu
毛越寺庭園
Tyuusonn
中尊寺

1、天台寺
2、成島毘沙門堂
3、立花毘沙門堂  
4、藤里毘沙門堂  
5、黒石寺
6、勝常寺
等から出展された仏像は、あるいは特別に興味を抱いている方は別として、あまり....かもしれません。
しかし、東北のお寺と夫々の仏像を重ねてイメージしてください。
霊木を仏の姿に。
作者の籠めた祈り、命が伝わってきませんか.....

以下は図録から
Hiraizumitennblog
聖観音菩薩立像(岩手・天台寺)
鉈彫りの仏像、あまり見ることが出来ませんよね。

Hiraizumibisyablog
毘沙門天立像及び両脇持像(藤里毘沙門堂)

Hiraizumijikakublog
伝慈覚大師坐像(岩手・黒石寺)
この地は、慈覚大師の影響が甚大だったのですね。

Hiraizumiissaiblog
紺紙金銀字一切経
このような美しいお経が、見事な形で残っています。

Hiraizumiissai2blog
紺紙金銀字一切経

Hiraizumimanndarablog
金字宝塔曼荼羅図

Hiraizumimanndara2blog
金字宝塔曼荼羅図

Hiraizumikonnjikiblog
金色堂 西北壇 (金色堂)
今回は、秀衡を祀った、こちらのみの展示。
この画像は、図録からです。現地で撮影したものと思います。

弁慶、義経終焉の地でもありますね。
もう一度時間をかけて、旅してみたい。

|

« ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやんの大冒険」 | トップページ | 春を見つけに »

コメント

elmaさん、コメントを頂き有難うございます。
この展覧会、ある意味地味かもしれませんが、
私はとても良い企画展だと思いました。
奥州藤原氏の思いを想像しながらの鑑賞でした。
私は、東京でしか生活をしたことがないのですが、不思議ですね、故郷の戻ったような気持ちにしてくれます、平泉は。
「毛越寺庭園」は、素晴らしいですよ。
もう一度ゆっくり旅してみたい、そんなところです。

投稿: elmaさんへ | 2009.04.12 04:36

おはようございます、makoさん!

>数年前に日帰りで行ってきた時に撮った写真です。
makoさんの撮られた写真を見ると、「毛越寺庭園」に行ってみたくなりますね。とても、静かできれい!な感じがします。永遠の眠りにつくとしたら・・・こんな所がいいような気がします・・・。

今回の「平泉展」では、「紺紙金銀字一切経」、「金字宝塔曼荼羅図」がすてきだなと思いました。

投稿: elma | 2009.04.11 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの浄土平泉:

« ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやんの大冒険」 | トップページ | 春を見つけに »