« アレクサンドル・ワシリエフ コレクション 革命とファッション亡命ロシア、美の血脈 | トップページ | 美連25周年 初めて実現 夢の競演 日本の美術館名品展 »

2009.04.29

第九回伝統からの創造 21世紀展

Toubi21blog

日曜日は、午前中走りこみをやって疲れ気味。
午後から、ぶらっと出かけました。
この展覧会は、ほぼ毎回行っていますが、あまり変化が見られないようで...。
4月27日まで開催されていました。
5月にも開催されます。

先ず、新宿に行ってのですが、西口の”さくらや”が”ユニクロ”に変身。
開店日だったのでしょうか、入場制限、行列が出来ていました。
ユニクロ、こんなテンポで増殖して大丈夫なのでしょうか?門外漢ながら心配してしまいます。
大きなお世話でしょうけど。
損保ジャパンの岸田劉生展も良いかなと思ったのですが、時間がなかった。
JR線で新橋へ、東京美術倶楽部到着は、2時過ぎ。
30~40分展示作品の鑑賞。
矢張り、皆さん描くことの上手さには納得です。
良い意味でも、悪い意味でも、びっくり仰天はありません。
殆どが小品ということもあるかもしれませんが....。
中身についてはHPの出展作品一覧をご覧下さい。
まだ、時間の余裕がありそうなので、銀座へ。
資生堂ギャラリーに寄ってきました。
椿会展2009を観てきました。
塩田千春、丸山直文、伊庭靖子、袴田京太郎、4氏のグループ展です。
昨年、今年と個々人の展覧会を夫々の作家が展開してきました。
この展覧会、銀座に行ったら覗いてみるのも良いかもしれません。

そして、4丁目へ、残念ながら和光ホールはお休み。
斜め前の日産へ、スカイラインのニューモデルを見に。
内装が良い、重厚間あり。
外観...昔のスカイラインが懐かしい。

更に私、物好きですね、銀座のユニクロも覗いてみた。
こちらも人でいっぱい、山形に宅急便という方もおられた。

ついでと思って、有楽町に移動、ソニービルへ。
ソニーはどうしたのでしょうか?
館内は、がらがら。(この日に限ってなのでしょうか)
ニューウォークマンを確認。
高級アンプ搭載、音質重視が売り。
確かに、クリアな音質と、低音の力はあるようだ。
如何にもiphoneを意識したタッチパネル、価格設定。
デザインが今ひとつの印象、重厚感なし、軽すぎる。

というわけで、ぐったり疲れて帰路へ。

ここまで読んでくれた方、すみません。
タイトルと違う内容になってしまいました。

|

« アレクサンドル・ワシリエフ コレクション 革命とファッション亡命ロシア、美の血脈 | トップページ | 美連25周年 初めて実現 夢の競演 日本の美術館名品展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第九回伝統からの創造 21世紀展:

« アレクサンドル・ワシリエフ コレクション 革命とファッション亡命ロシア、美の血脈 | トップページ | 美連25周年 初めて実現 夢の競演 日本の美術館名品展 »