« 相笠昌義展 日常生活-1957年~2008年 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート 愛と創造の奇跡--その2(読書)-- »

2008.11.19

巨匠ピカソ 魂のポートレート 愛と創造の奇跡

Pikasblog

混雑を予想して、所要で休暇をとった日の午後に出かけました。

平日にもかかわらず、けっこうな人出でした。

二つの美術館で約5時間格闘してきました。

この展覧会は、12月14日まで、サントリー美術館と国立新美術館で開催されています。

先に、「ピカソはほんまに天才か」という開高健の文章を紹介しました。
ピカソの作品をどのように捉えるか人それぞれですよね。

さて、”青の時代”の作品です。
矢張り、分かりやすいし、シンパシーを感じますね。
若い頃のピカソ、自分の類まれなる才能を、どのように表現して行くのか、懊悩の日々かもしれません。
友人カジャジェマスの自殺が一連の作品に反映しています。

以下、代表作を図録から.....

Pikaao1blog
カザジェマスの死 1901年

Pikajigazou1blog
自画像 1901年

Pikaotokoblog
男の肖像 1902~1903年

Pikasosublog
ラ・セレスティーナ 1904年

|

« 相笠昌義展 日常生活-1957年~2008年 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート 愛と創造の奇跡--その2(読書)-- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠ピカソ 魂のポートレート 愛と創造の奇跡:

« 相笠昌義展 日常生活-1957年~2008年 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート 愛と創造の奇跡--その2(読書)-- »