« 九月の海(レジ袋) | トップページ | 九月の海(夕日) »

2008.10.06

高山辰夫遺作展 人間の風景

Takayamablog


昨年お亡くなりになった、高山辰夫の遺作展です。

練馬区立美術館で11月3日まで開催されています。
前期の最終日に行ってきました。
後期は、ガラッと展示作品が変わります。
どうしよう。

卒業制作の絵画から、所謂、高山様式の絵画まで、時系列で鑑賞できます。
Takayama2sakyuu
≪砂丘≫

チラシには「精神的密度の高い人物画」という表現がありますが、観る人によってさまざまですよね。
時に、私は違和感を感じてしまうのですが。
しかし、高山辰夫の個性はやはり観る価値はありますね。

初期の作品≪食べる≫は、良いですね。
この作品、好きになりました。
Takayama2taberu
≪食べる≫


牡丹も良かった。
Takayama2botan
≪牡丹≫

美術館のキャパシティの関係で、前後期に分けたのでしょうが、一度に見られると、さらに充実感が得られたと思うのですが。

|

« 九月の海(レジ袋) | トップページ | 九月の海(夕日) »

コメント

kazekaoruさんコメントを頂きありがとうございます。
作品《食べる》は高山辰夫の個性的な作風の原点のような気がします。

投稿: kazekaoruさんへ | 2011.12.22 09:15

「食べる」良いですね。
空腹時の子供の様子が伺えます。

投稿: kazekaoru | 2011.12.21 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山辰夫遺作展 人間の風景:

« 九月の海(レジ袋) | トップページ | 九月の海(夕日) »