« 駿府博物館蔵 日本画名品展 | トップページ | 映画 潜水服は蝶の夢を見る »

2008.10.30

加山又造 アトリエの記憶Ⅲ

Kayama0001

多摩地区美術館巡り、その3です。
多摩美術大学美術館に行ってきました。

このシリーズは、皆勤賞です。

強烈なインパクトは無い(美術館には失礼)かも...ということで、お勧めはしませんが....。

逆に、加山又造の(創造的な仕事をする方の)本質が逆に見えてきそうです。
結局、努力の人なのです。
このシリーズで、氏の膨大な素描を観てきました。

この基礎があってこその大作なのですよね。
更に最上の画材を使ってですからね。
プロの仕事は.....ですよね。

今回の展示は、氏の多彩ぶりが見られます。
陶磁器、着物への絵付け、リトグラフ。
BMBへのカーボディーペイント。
ジュエリーデザイン。
ちょっと頑張りすぎという気もしますが。

たった一人で鑑賞出来る、このような美術館も良いですよ。

次回は相笠昌義展です。
多分行きます。

Aigasa


|

« 駿府博物館蔵 日本画名品展 | トップページ | 映画 潜水服は蝶の夢を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加山又造 アトリエの記憶Ⅲ:

« 駿府博物館蔵 日本画名品展 | トップページ | 映画 潜水服は蝶の夢を見る »