« 映画 素足の1500マイル  | トップページ | 映画 蝶の舌 »

2008.06.28

大正の鬼才 河野通勢展

Kounotirasi


このような企画の展覧会をやってくれるから、この美術館は大好きです。
渋谷区立松涛美術館で7月21日(祝)まで開催されています。

これは驚きですね。
河野通勢の作品はどれも生きている、死んでいない(変な言い方ですか?)
武者小路実篤の「河野通勢に就いて」という原稿が展示されていたので、読んできました。
仰る通り、氏の作品について本格的に研究される方がいても不思議ではありません。
本当に、何でも描いてしまう....
特定のカテゴリーに収まりきれない画家なのかもしれません。
若い頃は、コロー、ミレーにシンパシーを感じていたようです。
長野時代の絵画はとても良い。
Kounosusohana
裾花川の川柳

河野はハリストス派の敬虔な信者だったそうです。
Kounokirisuto
十字架上のキリスト

Kounokirisutotannjyou
キリスト誕生礼拝の図

岸田劉生と相思相愛、草土社の同人となった。
Kounorinngo
林檎

Kounoyohane
聖ヨハネ

Kounosyojyo_2
外国少女

Kounotirasi2kojiki
三人の乞食
私のベスト

Kounotirasi2mituko
好子像

Kounotirasi2sitiken
竹林の七妍

|

« 映画 素足の1500マイル  | トップページ | 映画 蝶の舌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大正の鬼才 河野通勢展:

« 映画 素足の1500マイル  | トップページ | 映画 蝶の舌 »