« 映画 クイーン  | トップページ | 映画 素足の1500マイル  »

2008.06.27

没後50年 ルオー大回顧展

Roo
雨の日曜日、行くのは止そうかな?と思ったのですが....
他の展覧会も回ったのですが、皆さん元気ですね。
鑑賞されている方、結構いらっしゃいました。

出光美術館で、8月17日まで開催されています。

ルオー作品を世界最大規模で所有する、出光美術館から200点の展示です。

ルオーといえば、あのマティエールですね。
この作家の作品ほど、印刷物で鑑賞する意味を考えてしまう作家はいないかも知れません。
といいつつも、図録を購入。

図録は六つのパートに分けています。
その中から....
Ⅰ初期の水彩画と油彩画
Rookirisutojyunanb_2
辱めを受けるキリスト

Ⅱ中期・後期の油彩画

Rooonnanokaob
女の顔

Rootiisanab
小さな女曲馬師

Rootasogareb
たそがれ あるいは イル・ド・フランス


Rooparisaib
キリスト(とパリサイ人たち)

Rookirisutob
キリスト
今回の展覧会での私のベスト。
欲しい!!!!
この絵画の青とマティエール、良いですね。

Rooutumuitab
受難(うつむいた)

Ⅲ連作油彩画(受難)
Roojyunan1b
受難1(受難)
Roofukaimanazasib
受難23”思い、深いまなざし” 


Ⅳ銅版画集(ミセーレ)
Roojibunnokaob
ミセーレ8  自分の顔をつくらぬらぬ者があろうか?

Roojyoryuu0001b
ミセーレ16 上流社会のご婦人は、天国で予約席に着けると信じている。

Ⅴ版画集・挿絵本

Ⅵ七宝・陶器・書籍

ブリジストン美術館の「郊外のキリスト」も忘れられない。
Kougai_ruoob


遠藤周作の書斎にもルオーのキリストが掛かっていたような記憶がある。
(展覧会で観た記憶がある)

いろいろと思い出し、考えた展覧会。


|

« 映画 クイーン  | トップページ | 映画 素足の1500マイル  »

コメント

AgateJadeさん、コメントを頂きありがとうございます。

>本日、じりじりと暑い中、ルオー展に行ってまいりました。

私が行った日は、雨が激しく、なんでこんな日にと自分を責めながらでした。

ルオーの作品ばかりは、じかに観ないとだめですよね。

あのマティエールと色彩のバランスは独特ですものね。

よろしければ、これからも度々、お立ち寄りくっださい。
よろしくお願いいたします。


投稿: AgateJadeさんへ | 2008.07.16 21:31

Yahooで検索してヒットしましたので拝見しました。

本日、じりじりと暑い中、ルオー展に行ってまいりました。
展示換え後の初日のせいか、平日なのに割合人が多かったのではないかと思います。
(前回のNHK日曜美術館で取り上げられたせいかもしれませんが)
青のキリスト像、私もとても印象に残りました。
分厚いマティエールを感じさせない、穏やかで明るい表情と、青以外色数の少ない配色は、他の絵と一線を画してますね。
受難やミゼレーレに描かれたストイックなキリスト像が続いたので、最後に登場したこの絵にちょっと救われたような気がしました。
画像をアップしていただきありがとうございます。
絵葉書が無かったので、残念に思っておりました。
もう一度、今度はもっとゆっくりこの展覧会を見に行こうと思っています。

投稿: AgateJade | 2008.07.15 22:07

うしろの正面さん、コメントを頂きありがとうございます。

>雨の日とルオー、とても良い組み合わせと思います。

東京駅、有楽町駅周辺をうろついてきたのですが、この時期の雨は、鬱陶しい。
美術館にたどりついて、ホット一息です。

>そして実は私は額縁に見入ってしまいます。

その通りですね。
縁額によっても雰囲気が変わってきますよね。

無理でしょうが、半日時間を作って、好きな本でも持参して、ルオーの絵画を見て、休憩場所で、一休みして、ちょっと本を読んで、展覧会場に戻って....
どうでしょう.....

投稿: うしろの正面さんへ | 2008.06.29 07:36

雨の日とルオー、とても良い組み合わせと思います。

ルオーの展覧会は見どころいっぱいで常に大満足ですね。
主題、マチエール、色、そして実は私は額縁に見入ってしまいます。
ついつい額縁に目が行って、絵のほうが後回しになったりして。

パンフレットもまた、良いじゃないですか。
このまま、壁に貼っておいたらルオーの絵とパンフのデザインの良さを味わえそうです。
薄いブルーのキリストは諦めて、これで我慢して下さい。(笑)

8月半ばまでやっているのですね。これなら行けそうです。
絶対行こうっと。

投稿: うしろの正面 | 2008.06.28 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 没後50年 ルオー大回顧展:

« 映画 クイーン  | トップページ | 映画 素足の1500マイル  »