« 芭蕉の歌 | トップページ | ダイアモンド富士を追って080405 »

2008.04.05

3月のまとめ

今月は、映画(DVD)をよく見た。(たいしたことないかー)
まだやる事が山ほどたまっている。
徐々にこなしていくつもり。
酒の飲みすぎが問題か?

ということで、行ってきた美術館のまとめ。

北斎 富士を描く展
(日本橋三越美術館)

大満足。観にいけて良かった。

西行の仮名展
(出光美術館)

西行の人生に思いをはせた。
古典は良い。

川瀬巴水展
(江戸東京博物館)

とても懐かしく美しい作品がいっぱい。
観にいって良かった。

シュルレアリスムと写真 痙攣する美展
(東京都写真美術館)

写真の歴史は見飽きた。
過去の写真の履歴書の趣。

後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画名作展~ロココからコローとバルビゾン派の画家たち~展
(大丸ミュージアム)

私の絵画観始めの原点。
バルビゾン派の絵画にうっとり。


「アートは心のためにある」UBSアートコレクションより展
(森美術館)

バスキアの絵画に出会えたのがとても嬉しかった。


浮世絵名品展 -没後150周年記念 広重とその時代-
(町田市立国際版画美術館)

企画展には毎回参加、好きな美術館。
特定の美術館を観続けることで、美術館が更に楽しくなる良い例。

アーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち
(国立新美術館)

私には分からない。


町田市立博物館所蔵
― 光と彫刻の芸術― ガラス
(大蔵集古館)

このような器に囲まれて生活してみたい。
ありえないかー。
そんな気持ちになった企画展。

近代日本画と洋画にみる
対象の美
(泉屋博古館)

よく行かれる方は、すでに見た作品が数点あるはず。
何時も、そこそこ楽しめる美術館。

コレクションの新地平 20世紀美術の息吹(ブリヂストン美術館)
ザオ・ウォーキーの作品がまとめて観られた。
良い展覧会。


|

« 芭蕉の歌 | トップページ | ダイアモンド富士を追って080405 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月のまとめ:

« 芭蕉の歌 | トップページ | ダイアモンド富士を追って080405 »