« お前は一体何を考えているんだ!! | トップページ | 王朝の恋  描かれた伊勢物語 »

2008.02.03

小杉小二郎展

Kosugiblog

というわけで、と言っても、前回の投稿記事をお読みでない方には、どういうわけなんだ、ですよね。
東京オペラシティーに行く前に、東郷青児美術館に行ってきました。
この企画展は、2月17日まで開催されています。

損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞された、小杉放菴の孫にあたる小杉小二郎の展覧会です。


氏の言葉

いつからか畦道に置かれた石仏のように
立ち止まる人の心に滲み入り
心を和やかにしてくれる....
そんな絵を一枚でも描けたら、と思う
うますぎる絵は描きたくない
描けもしない


十分伝わりました。
壜の静物の寒色系の色彩バランス。
花の静物の暖色系の色彩バランス。
どこかで観たようなという感じはあるのですが....好きな空間です。

この絵画も、印刷物では伝わらない微妙な趣がある。

コラージュ、聖書物語のコーナーはいま一つ。

以下の画像は、チラシからの切り抜きです。
チラシの一面が受賞作の<月・追憶>です。

Kosugi1iwaihana
<祝い花>

Kosugi1madobe
<窓辺の静物>

Kosugi1baiorin
<雪の窓辺のバヨリン弾き>


|

« お前は一体何を考えているんだ!! | トップページ | 王朝の恋  描かれた伊勢物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小杉小二郎展:

« お前は一体何を考えているんだ!! | トップページ | 王朝の恋  描かれた伊勢物語 »