« 現代美術にみる自己と他者 | トップページ | 映画 イブラヒムおじさんとコーランの花たち »

2008.02.12

~複眼リアリスト~ 諏訪敦絵画作品展

Suwa

どうも気になる絵描きさんです。
建国記念日の午後に行ってきました。

佐藤美術館で、24日まで開催されています。

小学生の頃、津田英語塾に通っていました。
いまだに私の英語力はこのころから進歩していません。
久しぶりなのですが、千駄ヶ谷駅周辺も様変わりです。
私が、通っていたころの塾は、木造で中庭がありました。

佐藤美術館は、千駄ヶ谷のメインエリア?の反対側にあります。

氏の作品は、なにかとても新鮮です。

氏のこれからの活動が楽しみです。

大変だろうなとも思います。

リアルに描く。
何を表現すrる。
複眼の意味するところは。

いろいろ考えさせられました。

描く対象の選択。
対象の内面を、総体を、いかに咀嚼し、さりげなく表現するか?
わかったようなことを記してしまいました。
少々飲み過ぎ。

以下の画像は氏の公式サイトから今回展示されていた作品をコピーさせて頂きました。


Douse


Father01

Nirvana_2


2006aimai_2


Genshi


|

« 現代美術にみる自己と他者 | トップページ | 映画 イブラヒムおじさんとコーランの花たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~複眼リアリスト~ 諏訪敦絵画作品展:

« 現代美術にみる自己と他者 | トップページ | 映画 イブラヒムおじさんとコーランの花たち »