« 映画 アビエイター | トップページ | 仙崖・センガイ・SENGAI ―禅画にあそぶ― »

2007.09.08

映画 ドリームガールズ

Img1_1171349007

原題 DREAMGIRLS
製作年度  2006年
上映時間  130分
監督  ビル・コンドン
出演  ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ 、ジェニファー・ハドソン 、アニカ・ノニ・ローズ 、ダニー・グローヴァー

1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、ある夜、オーディションで喝采を浴びる。
そしてカーティスという男が、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバックコーラスに抜擢する。

カーティスはプロデューサーとして、三人娘をドリームガールズとしてデビューさせる。
そして、ドリームガールズは次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たす。

更にメジャーチャート制覇に向けた、画策が始まる。
DJの買収、白人世界との軋轢、裏社会との接触。

ドリームガールズ内の確執からのエフィーの追放。

恋と確執、別れ。
ザ・ドリームスと名称を変更して、白人にも受け入れられるスタイルへの路線変更。
拡大するファミリー内での路線対立。

ジミー・アーリーのドラッグによる死。

そして、そして、エフィーの復活からラストシーンへ......。

R&Bの魅力を堪能。すばらしい迫力。
いつもより、音量を上げて......。

ジミー・アーリー役のエディ・マーフィの好演が光る。
ジェニファー・ハドソンの熱唱は感動もの。

音楽映画は良い.....。


フィルモア・ラストコンサート
ウッドストック
キャバレー
シカゴ
オペラ座の怪人

以上、お勧め映画



|

« 映画 アビエイター | トップページ | 仙崖・センガイ・SENGAI ―禅画にあそぶ― »

コメント

elmaさん、コメントを頂きありがとうございます。

ストーリーは単純でよくある話ですよね。

私は、オーディションの場面から、この映画は良いかもしれないという予感がしてうれしくなりました。

最初は退屈で、最後で納得という映画も結構ありますよね。

私の感想は、R&Bの魅力につきます。
素晴らしい、歌声とその感情表現のみごとさがこの映画の全てのような気がしました。

投稿: elmaさんへ | 2007.09.11 12:43

おはようございます、makoさん!
やっと、『ドリームガールズ』を見終えました。

ストーリー的には、ショービジネス界でのし上がっていくには、あの手この手を使わなければならないんだな・・・と考えさせられました。どこの世界でも似たようなものを感じます。音楽シーン的には、いい歌がたくさんありましたね。

>ジェニファー・ハドソンの熱唱は感動もの。

ほんとうに、そう思います。ディーナに扮したビヨンセの歌も・・・。
「Patience」「Listen!」「One Night Only」など、何回でも聞きたいと思いました。たまには、ダンス・ミュージックもいいですね。

makoさんは、どんな曲が良かったと思いますか?

いつも「いい映画」をありがとうございます。

投稿: elma(自分磨き) | 2007.09.10 05:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ドリームガールズ:

« 映画 アビエイター | トップページ | 仙崖・センガイ・SENGAI ―禅画にあそぶ― »