« 疎(東京ワンダーサイト渋谷)密(Bunkamuraザ・ミュ-ジアム) | トップページ | 加山又造 アトリエの記憶Ⅱ »

2007.01.06

ビル・ビオラ: はつゆめ

Biru1blog

副題に
「迫力、感動。幻想に包まれる空間へ
ヴィデオ・アート第一人者、「ゆめ」の全貌」
とあります。

そのとおり、期待に違わぬ、すばらしい作品群を観ることが出来ました。
また一人、目を離せない作家の出現です。

昨年早い時期から、前売り券を購入していて、とても楽しみにしていた展覧会です。
元旦から、とても良い刺激を受けました。

展覧会場に入ってすぐ、紅蓮の炎に包まれる人間、スクリーンの裏に回ると頭上に水滴が滴り、やがて洪水のような水流に包まれます、炎が消え、水が引くと人間の姿はありません。<クロッシング>
炎の美しいこと、光にきらきら輝く水も美しい。
音響効果も見事にマッチングしています。
はじめから圧倒されます。

全部で16作品の展示ですが、どれをとても、すばらしい、感動します。
約3時間かけて観て回りました。出来れば、その場に座って、もっとじっくり観たかった。
その場にいないとこの感動は伝わりそうもありませんので、感想はこれ以上記しません。
(あくまでも、私の感想ですので、つまらないと感じる方もおられるとは思いますが)
とにかくお勧めの展覧会ですが、8日で終了です。


以下、HPから解説文を引用させていただきます。(画像は、チラシからきり抜きました)

自分でも意識していなかった心の声を聞く。からだの奥底に眠っていた記憶が呼びさまされる。ここではそんな瞬間があなたに訪れます。
ヴィデオ・アートの第一人者ビル・ヴィオラ(1951年ニューヨーク生まれ)の作品がいよいよ森美術館の全空間を埋め尽くします。本展はヴィオラの世界的な活躍を知る人たち、また初めてヴィオラ芸術に出会う人びとにとっても、その活動の全貌と真髄を体感できる、アジア初の大規模な個展です。
暗闇の中、高さ4mもの両面スクリーンに炎に包まれる男と水に打たれる男が同時に現われ、ミステリアスに消えていく《クロッシング》(1996年)。巨大な空間に浮かぶ5つの映像が、星のように輝く水泡の中を漂う「天使」たちを神秘的に映し出す《ミレニアムの5天使》(2001年)。爆発的な感情が身体を駆け巡り、自己破壊に耐え再生する男女をスローモーションで描いた《静かな山》(2001年)。幻想的な「ゆめ」の世界は圧倒的な迫力で私たちの目や耳やからだを釘づけにし、ドラマティックな映像体験を与えてくれるでしょう。
荘厳で神秘的、そして時にショッキングな作品を通して、ヴィオラは命、誕生、死、再生、感情といった人間の根源に関わるテーマを常に追い求めます。それは、単なるテクノロジー・アートではなく観る人の数だけ余韻を残し、その捉え方をゆだねるアートなのです。
70年代のヴィデオ・アート創生期からヴィデオ制作を始め、80年代からはプロジェクターや大型スクリーンを駆使、近年ではプラズマや液晶モニターでの「動く絵画」とでも呼ぶべき作品を発表。「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」ではテクノロジーの進歩とともに歩みを続けたヴィオラの過去25年の制作の中から90年代以降を中心に16点を紹介します。

Biru21

Biru22

Biru23

Biru24


Biru25


Biru26


Biru27


Biru28


出品作品
はつゆめ|1981年|ヴィデオテープ、カラー、ステレオ | 56分
※ヴィオラ・チューズディでの特別上映のみ
ストッピング・マインド|1991年|ヴィデオ・サウンド・インスタレーション
天と地|1992年|ヴィデオ・インスタレーション
グリーティング/あいさつ|1995年|ヴィデオ・サウンド・インスタレーション
ベール|1995年|ヴィデオ・サウンド・インスタレーション
クロッシング|1996年|ヴィデオ・サウンド・インスタレーション
アニマ|2000年|ヴィデオ、液晶モニター3面、壁に設置
ドロローサ|2000年|ヴィデオ、自立式の液晶モニター2面連結
驚く者の五重奏|2000年|ヴィデオ、暗室の壁に設置されたスクリーンに背面投影
キャサリンの部屋|2001年|ヴィデオ、液晶モニター5面、壁に設置
ミレニアムの5天使|2001年|ヴィデオ・サウンド・インスタレーション
四人の手|2001年|白黒ヴィデオ、液晶モニター4面、棚に設置
静かな山|2001年|ヴィデオ、プラズマモニター2面、並列に壁に設置
サレンダー/沈潜|2001年|ヴィデオ、プラズマモニター2面、縦長に壁に設置
オブザーヴァンス/見つめる|2002年|ハイヴィジョン・ヴィデオ、プラズマモニター、壁に設置
ラフト/漂流|2004年|ハイヴィジョン・ヴィデオ、壁面投影、5.1chサラウンド・サウンド

|

« 疎(東京ワンダーサイト渋谷)密(Bunkamuraザ・ミュ-ジアム) | トップページ | 加山又造 アトリエの記憶Ⅱ »

コメント

elmaさん、コメントを頂きありがとうございます。

最近、安直な作品をよく見かけますが、ビル・ビオラの作品には、研ぎ澄まされた感性と、表現するための執念のようなものを感じました。

「このような作品、作家を知らないなんて不幸だ」と思う展覧会に出会うと、何かうきうきとした気分になります。
この展覧会にも、そのような感想を持ちました。

貴blogの掲載記事拝見しました。
喜んで頂けた様子、私もうれしくなりました。

投稿: elmaさんへ | 2007.01.08 06:03

こんばんは!

私も行って来ました。とてもすばらしい映像でした。こんな映像を見たのは初めてです。

ご紹介がなかったら、行かなかったかもしれません。約4時間を過ごさせていただきました。なにかとてもショッキングな体験でした。(とても良い意味でです)

私も観たという記録としての簡単なメモをブログに記しました。もし、よろしければ、ご覧いただければ嬉しいです。

ありがとうございました。
(生きていることのありがたさを感じました)

投稿: elma | 2007.01.07 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26694/13315798

この記事へのトラックバック一覧です: ビル・ビオラ: はつゆめ:

» Bill Viola ビル・ヴィオラ 「はつゆめ」 現代アート [表参道 high&low]
昨年より気になっていたんですが、Bill Viola(ビル・ヴィオラ)の本格的な個展「はつゆめ」は最終日に嫁さんと行ってきました。 年々展覧会の回数が減少している森美術館の先行きが心配になりますが、ビデオアーチストの個展をやるところは心憎いですね。  アメリカの現代アートを広範囲に紹介し始めた90年代の初めから日本で彼の作品を観てきましたが、ビデオの技術(最初はVHSテープを流していたので美術館で全編見るのに時間がかかりました)の進歩と共に、Bill Viola作品の映像のキレ、表現方法や肉感... [続きを読む]

受信: 2007.01.09 21:51

» ビル・ヴィオラ はつゆめ [木曜組曲]
「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」 もうすでに終わってしまったけど、先週の8日(展示最終日)に 森美術館まで見に行ってきました。 ビデオ・アートだけの展示を観にいくのは初めてだったけど、 なかなか新鮮でした。 全体的に映像をスローモーションにして見せるものが多く、 なかには1分の撮影映像を、80分に引き伸ばして見せるという作品もあり。 いったい1コマどれくらいひきのばしてるんだろ。。私には計算できませんが>< じーっと目を凝らして見ないと、そのわずかな動きの変化も読み取... [続きを読む]

受信: 2007.01.14 22:54

« 疎(東京ワンダーサイト渋谷)密(Bunkamuraザ・ミュ-ジアム) | トップページ | 加山又造 アトリエの記憶Ⅱ »