« 江ノ島060401夕刻、人々 | トップページ | 「希望の光」ベルント・ローゼ写真展 »

2006.04.07

ひとこと060407

経過報告は、次回も続きます。

3日夜亡くなった、絵門ゆう子さん「がんとゆっくり日記」の最後に書かれていた文章です。(3月30日朝日新聞、朝刊)
何か総括のような日記です。何かを感じていたのでしょうか?

毎回必ず読んでいました。
何時までも、ご活躍され続けると思っていたのに、残念です。

|

« 江ノ島060401夕刻、人々 | トップページ | 「希望の光」ベルント・ローゼ写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとこと060407:

« 江ノ島060401夕刻、人々 | トップページ | 「希望の光」ベルント・ローゼ写真展 »