« 新春の江ノ島夕景 | トップページ | 酒井抱一の鶴図と川端龍子の南飛図 »

2006.01.05

国立西洋美術館の美女たち

常設展もテーマを決めてみると面白いと思いました。
フラッシュを使わなければ写真撮影はOKです。すべてを網羅してはいません。好みはどの絵画でしょうか?

_060102_038blog

マリー=アンリエット=ベルトレ・ド・プルヌフ夫人の肖像
シャン=マルク・ナティエ


_060102_039blog
マリー=ガブリエル・カベ
自画像

_060102_041blog
ターバンの女
キース・ヴァン・ドンゲン


_060102_042blog
ジャン・ルノワール夫人(カトリーヌ・エスラン)
アンドレ・ドラン

_060102_046blog
坐る女
藤田嗣治

_060102_048blog
若い女
ジャック=エミール・ブランシュ

_060102_050blog
愛の杯
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ


_060102_052blog
母と子(フェード夫人と子供たち)
エミール=オーギュスト・カリョリス=デュラン

_060102_054blog
もの思うジプシー女
ギュスターブ・クールベ

_060102_055blog
マグダラのマリア
フィリップ・ドシャンパーニュ
_060102_057blog
ルクレティア
グイド・レーニ


_060102_066blog
アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)
ピエール=オーギュスト・ルノワール


_060102_069blog
帽子の女
ピエール=オーギュスト・ルノワール


|

« 新春の江ノ島夕景 | トップページ | 酒井抱一の鶴図と川端龍子の南飛図 »

コメント

これは面白いですね。
自分で企画展をやるということですね。
この中だったらターバンの女が好きです。

しかし、写真の撮影がOKだなんて初めて知りました。
あそこは建物が・・・・コルビジェだったかな、
誰か外国の建築家が設計したんですよね。
内部の写真、撮りたいなあと思っていたのでいいことを聞きました。

実は・・・一番好きなのは、順路の最後のほうにある髪がもじゃもじゃの女の人です。
いつも思わずニヤリ、としてしまいます。

投稿: | 2006.01.06 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館の美女たち:

« 新春の江ノ島夕景 | トップページ | 酒井抱一の鶴図と川端龍子の南飛図 »