« 東京都写真美術館コレクション展1 | トップページ | クールベ美術館展 »

2005.05.02

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

1blog


「熱狂の日」音楽祭2005ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきました。テーマはベートーベンと仲間たちです。会場は有楽町の東京国際フォーラムです。
誰にでも開かれたクラシック音楽の祭典とパンフレットに書いてあるとおり、低料金で一流演奏家のコンサートに参加できます。三日間で150公演、1000人のアーティストが参加しました。

私も二日間でプロ演奏家のコンサート三回、アマチュアのコンサートに4回参加してきました。

来年も開催するのでしょうか........


4月29日
 チケットが買えなければ、美術館のはしごをするつもりで、出かけました。案の定、チィケット売り場は長蛇の列。会場を見て回った後、仕方なく、同じ敷地内にある、相田みつお美術館に入りました。こちらも混んでいました。会場を出た後に再度、チィケットと売り場に、すると更に長い列に......
あきらめて、同敷地内にあるチケットぴあに行ってみたら、なんと十人も並んでいませんでした。早速、チケットを購入。

曲目 ベートーベン
    「アテネの廃墟」Op.113序曲
    交響曲第4番変ロ長調Op.60
指揮 下野竜也
演奏 フランス国立ロワール管弦楽団

下野竜也の小気味良い指揮ぶりとメリハリの利いた演奏に満足。ティンパニーが印象的。演奏後は、拍手が鳴り止まず。
    
5月1日
下野竜也の指揮ぶりが気に入って、前の日に、ぴあでチケットを購入しておいたので余裕で参加。

コンサート1
曲目 ベートーベン
    「プロメテウスの創造物」Op.43序曲
    ピアノ協奏曲第4番変ト長調Op.58
指揮 矢崎彦太郎
独奏 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
演奏 トウキョウ・モーツアルトプレーヤーズ

演奏のはじめは、あまり乗ってこない感じでしたが、徐々に盛り上がり、演奏後は拍手が鳴り止まず。アンコールにこたえて、追加演奏、最後は、自ら、ピアノの蓋を閉めて終演。


コンサート2
曲目 ベートーベン
    「エグモント」Op.84序曲
    ピアノ協奏曲第3番変ハ短調Op.37
指揮 下野竜也
独奏 仲道郁代(ピアノ)
演奏 ポワトウ・シャラント管弦楽団

見事な技巧と管弦楽との調和のとれた演奏はよかったのですが、5000席のホールは無理、音がならない感じ、おまけに入場できないはずの乳飲み子は泣き出すし、演奏後すぐに席を立つ人が結構いて一体感なし、しらけムードで会場を後にしました。

私みたいな、クラシックのど素人には演奏の良し悪しは、よく分からないので、仲間内ののりで演奏を楽しんでいるアマチュア楽団のコンサートが結構楽しかった。
  
blog

blog


|

« 東京都写真美術館コレクション展1 | トップページ | クールベ美術館展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン:

» 熱狂の日・その後 [TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-]
ちょっと前に綴った「ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日音楽祭」のその後を。 [続きを読む]

受信: 2005.05.21 23:15

« 東京都写真美術館コレクション展1 | トップページ | クールベ美術館展 »